ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  育犬アニマルライツ)  ≫  ドメスティック・アビュースでは?

ドメスティック・アビュースでは?

2019年01月12日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

また残念な天気に逆戻りだが、昨日散歩したときの貯金があるように感じている。

マルちゃん(大型犬MIX♂10歳)はビーチ散歩を楽しんだし、はっちゃん(秋田MIX♂6歳)もロングコースを歩いた。

冬場は貯金で乗り切ろう。

ところで、犬のしつけサイトを見ていると、こういう表現を目にすることがある。

「犬は本能に従って行動するだけ」。

強制訓練系のところに多いようだ。

といっても、いまはそういうところも、「犬にやさしい」とか、「強制してない」とかいうので注意が必要だ。

「上下関係」とか「リーダー」とかいうところ、ぐらいのくくりにしておこう。

「本能に従って行動する」というのは、わかったようでわからない表現だ。

わたしの専門分野のヨーロッパ思想の本(主として哲学)を読んでいると、動物は本能のままに行動し、人間は理性で行動を律するというような言説をよく目にする。

だが、それは何百年も前の話だ。

現代では、人間と人間以外の動物をはっきり分けることはますます困難になり、「本能のままに」などということは、動物についても言われなくなった。

人間も人間以外の動物も、外的世界との不断の相互作用によって、自分自身を再生産し続けており、その中で行動を発達させているのである。

なにか生得的なものを意味する「本能」なるものによって、一方的に突き動かされているわけではない。

ではなぜ、「犬は本能に従って行動するだけ」などということが言われるのだろうか。

それはおそらく、「人間は偉いからリーダーで、犬は人間よりも下だから、人間様に従え」ということの、別の表現なのである。

こういうのを種差別主義という。

差別は構造的暴力のひとつだが、構造的暴力はしばしば直接的暴力をともなう。

実際、「犬は本能に従って行動するだけ」と言う人は、首輪をつかんで云々とか、ひっくり返して云々とか、直接的暴力を行使するように主張しているのである。

殴ったり蹴ったりする人もいるが、首輪をつかむだけだから暴力は使っていないと思っている人もいる。

人間に置き換えると、胸ぐらをつかんだり、地面に組みふしたりするというのは、暴力ではないというようなものだ。

こういう直接的暴力もつらいが、自分の言い分はいつも無視され、相手の命令ばかり聞かされるというのもつらい。

先日、アメリカのドラマを見ていたら、いわゆるDV(家庭内暴力)のことを「ドメスティック・アビュース」(直訳すると家庭内虐待)と言っているところがあった。

上記はこれに当たるし、接近禁止命令の対象だ。

どちらも人間では人権無視とか権利の侵害だが、犬の場合は「信頼関係」と言ってしまうのだから恐ろしい。

わたしはどうしてもアイヌや沖縄、そしてアジア諸国に対する植民地支配のことを思い出してしまう。

人権も自治権も踏みにじっておいて、「おかげで豊かになった」「文明化した」などと言う。

差別と支配、暴力はつながっており、そこにはそれを肯定する巧みな言いかえがある。

そんな言葉に騙されないようにしたいものだ。

暴力はもちろん、暴言も叱責も命令も入らないよねと思った方は、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2.info/ntpt
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.