ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  育犬動物の気持ち)  ≫  「それぐらい平気」と決別しよう

「それぐらい平気」と決別しよう

2019年02月11日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++  

朝から雨だったので部屋でのんびり過ごしていたら、外に車が止まる音がした。

同時に犬の声が聞こえてうちの犬たちが警戒吠えを始めたので見に行ったら、レンタカーナンバーのバン2台から猟銃を持った人と猟犬がわらわらと出てきた。

大急ぎでそばに行くと、猟銃を持った初老男性がヘラヘラしながら「ここで猟をしてはまずいですか」などと聞く。

散弾銃でも飛距離が200メートル以上はあるのに、うちから数十メートルのところで猟をするなど言語道断だ。

すぐに立ち去るよう抗議した。

この前は猟犬を放ってしばらくしてからだったので回収に時間ががかったため、今回は直ちに出て行ってすぐに止めた。

野生動物を人間都合で狩ること自体がそもそも問題だが、民家がある集落で狩りをする感覚にもあきれる。

うちはなになに宗などと言っている仏教徒の方は、殺生が地獄行きの罪であることをぜひとも思い出していただきたい。

ところで、犬が嫌がったり怖がったりしているのを、「そんなの大丈夫」などといって取り合わない人がときどきいる。

たとえば、布団の上げ下ろしを嫌がったり、興奮して吠えたりするという話をよく聞く。

人間にとってはそんなのは当然やるべきことで、犬の都合など構って入られないのかもしれないが、嫌がっているから犬がいないときにやるよう頼んでもなお平気でやってしまう人がいる。

こういう事態は家族の中でもよく起こる。

PONOPONO犬育てを始めた人が他の家族に頼んでもなかなか実践してもらえないことの中に、こういった「犬が嫌がること、怖がることをやらない」というのがある。

人間にとっては、あるいは自分にとっては大丈夫でも、他の人や他の動物にとってはひどく苦痛なことはいくらでもある。

人間のマジョリティが大丈夫なものはOKで、マジョリティに受け入れられないものはNGというような傾向があるが、マイノリティの感覚にも配慮することが必要だ。

メンバーの数が限られている家族の中であれば、こうした配慮をするのは決して難しいことではない。

それぞれが嫌なこと苦痛なことを避けるように、各自気をつければいいだけだ。

強いもの、声が大きいもの、権力を持っているものの言うとおりにするのではなく、それぞれのメンバーが快適に暮らせるようにすることが大切だ。

そのためには、「それぐらい平気」という感覚ときっぱり決別する必要がある。

人間家族と暮らしている方は、ぜひとも話し合ってみていただきたい。

つい平気と思ってしまってたなぁという人も、いつもみんなで気をつけてるよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO実践者のコミュニティ「PONOPONO OHANA CLUB」

私は、ここを中心に活動しています。毎日仲間が増え続けています!
ぜひページを見てみてください。
今なら、14,700円のPONOPONO入門講座を無料で見ることができます。

http://pono2.info/oc

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしを、先延ばしにすることはありません。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像に驚かれることと思います。

http://pono2.info/ntpt
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:あすぼん(2019年02月11日 17:34) 
こんばんわ。

確かにこれくらい平気だからというのはまたまた人間の都合で、平気なわけがないんです。って言いたいですよね。

私は普段からボンには人工音を聞かせないようにしています。テレビもラジオもそうです。掃除機などももってのほかです。テレビは見るなら見ていいが、最小の音に留めるかイヤホンで聴くかどっちかにしてほしいです。ブルーライトよ液晶もみせたくないくらいです。

情報なんてなくても生きていけますからね。

布団もばたばたさせないし、ぼんの前ではゆっくり動く意識をしてます。それはボンにとっても一緒に家族として生活している世帯のペットたちにとっての礼儀だと思います。

狩りの人、、陽気ですね。人間は、生き物の命をいただかないと生きていけない生き物なのです。今一度、改めて命のありがたさを噛み締めながら生活してほしいです。そして、地獄に落ちると思います。

最近もラブラドールが虐待されながら散歩させられてるニュースがありましたね。飼い主のサイコパス加減にはひどい憤りを感じます。同じ目にあわせたいです。

今日はぐらさんの過去ピックを読み直してました。速度がまたボンについていってしまってたというのと、私が不規則な足並みだから犬ぞりになると息苦しそうでした。でも、今日また意識しているとボンもゆっくり歩くようになり、引っ張ってるときも、呼吸がくるしくなさそうでした。
投稿者:ナオ(2019年02月11日 17:42) 
民家があるのに狩りだなんて非常識な人ですね。
犯罪も同然です。 
私も以前テレビでジビエ料理店の子供が、仕留められたイノシシの前でピースサインをしている姿を見てぞっとしました。
命をこんなに軽く思える教育を受けて、どんな大人になるのやら。
本当に罪深いです。

うちはミントに配慮して嫌がることはせず、望むことはさせていただく方針で、何の不都合もありません。
掃除機は散歩中に、ゴミは早朝に、ミントが知らないうちにやります。
配慮してそれがうまくいく方が、無理に進めるより人間にもストレスがかからないと実感しています。
投稿者:グラ(2019年02月11日 20:19) 
>あすぼんさん

リードワークをときどき見直すといいと思います。
いつのまにか付いていってしまうというのがよくあるので。
動画は折に触れてみてみてください。
投稿者:グラ(2019年02月11日 20:23) 
>ナオさん

最近、ジビエブームというか、無理やり流行らされている感があって怖いです。
恵方巻と似た感じがあります。
お互いに思いやって暮らすのが一番快適だと思います。
投稿者:あんこ(2019年02月15日 11:56)  5
はじめてコメントします。

犬育てのブログとのことですが、時々わが子(人間)の育て方が書いてあるのかなとびっくりすることがあります(笑)

我が子は軽度の発達障害があり、幼いころから感覚過敏があり、それはもう大変な毎日でした。
私には感覚過敏がないでの、わかってあげられず…。
あの頃、このブログに出会っていれば…なんておかしいですかね。

でも、わが子のおかげか、犬育てはかなり余裕をもってできてると思います!
犬も人も同じだな…と本当に思います。

これからも楽しみにしています!
投稿者:グラ(2019年02月15日 21:28) 
>あんこさん

コメントどうもありがとうございます!
感覚過敏は自分にとってはそれが普通なので気付かないことが多いです。
なんかつらい、なんかおかしいけど誰もわかってくれない、というのが一番つらいところだと思います。
自分の気持ちや感覚を言語化する訓練を子どもの頃からしていたら、ずっと楽になっただろうと思います。
そのためには子どもの言うことに耳を傾けて、否定せずに受け入れて一緒に解決策を考えることが大事だと思います。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.