ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  散歩問題行動)  ≫  回避の提案のときの3つのポイント

回避の提案のときの3つのポイント

2019年09月18日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

今朝、ヤギさんが道に出て草を食べていた。

すぐそばを通ったのだが、警戒せずに知らん顔していた。

はっちゃん(秋田MIX♂7歳)もマルちゃん(大型犬MIX♂11歳)も、それぞれ落ち着いてスルーしていた。

みんなのスルースキルが素晴らしい。

はっちゃんはあいかわらずほんの少し緊張していたが、「なにも見えてませんよ」みたいな様子で歩いていてほほえましかった。

散歩のあと、少しずつ風が強まってきた。

熱帯低気圧が台風にかわりそうなので、明日はいろいろ準備しておこう。

さて、犬が興奮しそうなときやロックオンしそうなとき、「こっちに行こうね」と提案して去るのがベストだ。

だが、それがなかなかうまくいかないというご相談を定期的にいただく。

ポイントは2つ。

1.すでに大興奮しているときはうまくいかないので、早めに提案すること。

2.犬と目が合ったときに行きたい方向を目線で合図すること。

3.自分自身が焦らずに落ち着いて行動すること。

これらが大事だ。

興奮しそうだな、危険が迫ってるなと思った時点で早めに提案しよう。

落ち着いているときなら、声をかけたり立ち止まったりすれば犬がこっちを見てくるので、目が合った瞬間に行きたい方向を見る。

それと同時に歩き出すとつられてついてきてくれやすい。

もし間に合わなかったらプランBに変更で、その場で立ち止まったままリード固定でやり過ごす。

その際に、自分が犬と対象の間に割って入るポジションに立とう。

相手が人間だったら、来ないでくれるようにお願いする。

自分があたふたすると犬は動かなくなってしまうので、深呼吸して気持ちを静めよう。

犬に提案を拒否されたら「どうしよう、困った!」と焦るかもしれないが、プランBがあると思って落ち着こう。

ロックオンしたりパニックになったりしたら、その間は話しが通じなくなるので(人間でもそうだ)できることは少ない。

被害を最小化するようにしよう。

そのうちに人間側も提案のタイミングがうまくなっていくし、犬もだんだん自分で回避できるようになっていく。

マルちゃんは最初のころは見つけ次第突進していたが、いまは自分で回避できるようになった。

そういえば今日は、小さなカメさんも軽いリード固定でやり過ごすことができた。

そうなるには何年もかかるので、焦らずへこまずに淡々と続けよう。

やってみようと思った方も、回避がうまくなったよという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:バディー(2019年09月19日 01:36) 
こちらでは、野生化した鶏をよく見かけます。
マー君も最初は、ちょっと追いかけたりしていましたが、リード固定、回避していたら、今では無視するか、一緒になって地面に落ちてる食べ物を探したりしてます。(笑)
しかし、先日、マー君は家族で歩いている鶏の父鳥と思われる雄鳥 に襲われそうになりました。
雄鳥は、きっと家族を襲われると思ったに違いありません。
マー君と私は逃げましたが、その雄鳥に10メートルくらい追いかけられました。(汗)
それからマー君は鶏を遠目で見て確認し、すれ違う時は、横目でチラチラ、警戒しながらも無視を装い通り過ぎます。
鶏は、たまにヒヨコと一緒に歩いてたりします。
ヒヨコが母鳥と歩いている姿は、とってもかわいく、幸せな気分にさせてくれます。
投稿者:グラ(2019年09月19日 08:00) 
>バディーさん

野生化した鶏がいるんですか!
マー君、ちゃんと学習していますね。
小さい子ども連れの動物は要注意です。
追いかけられるのはちょっと怖いですね。
こちらはクジャクファミリーがいるので気を付けています。
お母さんと一緒のヒヨコ、ほっこりしますね〜。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.