ドッグウォーカー博士のスローライフTOP ≫  育犬遊び)  ≫  遊びも人間が管理する?

遊びも人間が管理する?

2019年10月08日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

はっちゃん(秋田MIX♂7歳)がいまいち散歩に乗らないと思ったら、にわか雨が降るなど不安定な天気になった。

わたしも朝眠くて起きにくかったので、そういう日は雨が降ることが多い。

猛烈な台風が発生したのでずっと進路を追っているが、最初の予想よりもずいぶん東に行きそうだ。

前回の台風のダメージからまだ完全に回復していない所もあるので心配だ。

沖縄はあまり影響なさそうだが、12日に母が妹の結婚式にハワイに出発することになっている。

妹の友達や夫の両親もその前後の羽田か成田発のフライトなので、みんな無事に行けるだろうか。

被害が出ないことを願っている。

マルちゃん(大型犬MIX♂11歳)は、ここ何日かの晴れ続きで散歩が楽しくて仕方がない。

そういうときは、マルちゃんの順番になるとドアから門までの間でプレイバウし、左右にぴょんぴょん飛び跳ねる。

そのまま敷地内を遠くに走っていくこともできるのだが、そうせずにわたしの周りの半径5メートルぐらいの間を行き来する。

わたしも合わせてプレイバウして飛び跳ねるととても喜ぶ。

興奮する犬の場合はやらないほうがいいが、そうでなければ数回飛び跳ねる程度なら問題ない。

マルちゃんはわたしが門のところに着くと、さっとそばに寄ってきてハーネスに頭を通す。

その時点ですっかり落ち着いているのだ。

わざと興奮させて落ち着かせるトレーニングがあるが、人為的にそうさせるのはかなり無理がある。

そんなことをしなくても、人があえて煽ったりしなければ、犬は自分で興奮をコントロールできる。

うちでは人間主導でボール投げをしたり、持ってこい遊びをしたりはしない。

犬たちは自分で枝やボールなどを放り投げたり、穴を掘ったり、トカゲを追いかけたりなどして遊んでいる。

しつけのためには人間が遊びを管理する必要があるなどと言われるが、犬同士はそんなことはしない。

マルちゃんとはっちゃんはいまは一緒に遊ぶことはないが、はっちゃんが若いころはよく遊んでいた。

どちらかがプレイバウして、気分がのっていたらから追いかけっこが始まる。

だが、ほんの1分もせずに別れて各自草を食べながら休憩していた。

マルちゃんが遊びたそうにしているときに、わたしが誘うと飛び跳ね合いっこしてくれることもあるが、「今はやらないよ」とお断りされることもある。

犬でも猫でも人間でも、幼いときはよく遊ぶが年を取ってきたらまったり過ごすことが多くなる。

人間の管理の元にどんどん遊ばせようというのを聞くことがあるが、犬たちに任せておいて人間は出しゃばらない方がいい。

むしろ犬が考えた遊びに混ぜてもらったり、邪魔にならないところで観察させてもらったりしよう。

なんでも人間が主導して人間が管理するという発想は、種差別に他ならないとわたしは考えている。

対等平等な仲間なのだから、そのように接したい。

遊びについても同様だ。

そもそも管理された遊びなどつまらないだろう。

ひとり遊びができるような環境(おもちゃなどを含む)を整えることが人間の務めだと思う。

よく一人遊びをしてるよという方も、そうでもないなぁという方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:さくら(2019年10月08日 17:11) 
キッチンでゴハンを作っている時に、オモチャを咥えてやって来ることがあります。少し手を止めてキッチン廊下にしゃがんで相手をするのですが、わりと興奮しやすいのでどう遊んでいいか悩んでしまいます。普段からオモチャで一人遊びはすぐやめてしまうので、オモチャを持ってきた時に、いいの持ってるね〜など言ってみてるだけだと無言で立ち尽くし違うオモチャを取りに行ったりします。
投稿者:あすぼん(2019年10月08日 17:22) 
こんにちわ!

台風、すごい勢力みたいですね。大阪は奇跡の大阪と言わらているようで、絶対に台風は通らないそうです笑 去年は例外でしたが。。
大阪のおばちゃんがやっかいで台風までが逸れるそうです笑

ボンも今朝はあんまり行きたくなさそうでした。お昼に少し雨が降りました。やはり犬は賢いです。
最近、ぐんと涼しくなりボンの散歩時間も1時間くらいにのびました。彼に合わせています。

まるちゃんプレイバウをする一面をもってるのですね!ギャップですね!
わたしがボンにしたら絶対にまだまだ興奮するのでしません笑

しつけ教室では犬の遊びを始めのも辞めさせるのもしつけとありますよね。
それは本当に犬からしたら楽しいのか、、いいえ絶対に楽しくないですよ。人間のエゴです。

そこまで管理されたら判断できなくなるしなにも楽しくなくなりますよね。。

ぼんはボールやら木の枝などには興味がないようですが、芝生や砂場でミミズの匂いをつけたりするのが楽しいみたいです。とてもかわいいです。

他犬からの遊びのお誘いはまったく気乗りしないようで挨拶をすると、もういいよ。ありがとう。という感じで自分の持ち場へ戻っていきます!

うちの子はボールが大好きでと胸を張って言ってる飼い主さんが居ますが、その時遊んでいる子達の表情はいつもストレススマイルです。
投稿者:グラ(2019年10月08日 18:04) 
>さくらさん

おもちゃをくわえてきても、必ずしも遊んでほしいというのではないこともあります。
状況からするとかまってほしいという可能性もありそうです。
食事の支度を中断して、隣に座って5分でも10分でもおしゃべりしたり、ゆっくり撫でてあげたりなどするといいと思います。
あとは生活環境について詳しくお聞きしないとわかりません。
投稿者:グラ(2019年10月08日 18:08) 
>あすぼんさん

今回の台風は関西にも影響しそうですがどうでしょうね。
気を付けてください。
ボンちゃん、ミミズ好きですか。
よく知らない犬からの誘いをスルーしたい気持ちわかります。
さらっと挨拶して別れるのが大人の対応ですね。
投稿者:バディー(2019年10月08日 22:14) 
そちらは、また台風ですか、心配ですね。
飛行機が飛ばないと、妹さんの結婚式に間に合わなくなってしまいますね。
みなさん無事にハワイに着けることを願います。
昨夜少し不審に思った事がありました。
マー君を寝る前のトイレ散歩に出かけた時に、何か口に咥えて、検分してはいたんですが、食べてしまいました。
暗くてよくわからなかったんですが、かけらを拾って見ると、硬い煎餅のようなもので、まわりがベトベトした物でコーティングしてありました。
子供がお菓子を落としたのかな?と思っていたのですが、帰って家に着いて少ししたら、嘔吐を2回ほどして、夜中も一回嘔吐しました。
思い当たる節がその煎餅みたいな物しかありません。
近所で犬猫の糞の放置が問題になっていて、毒エサだったんではないかと疑っています。
私の勘違いだったらいいのですが....
心配ですが、今はマー君朝ごはんもきっちり食べて、丸くなって眠っています。
しばらく様子を見てみます。
投稿者:グラ(2019年10月08日 22:34) 
>バディーさん

東京では台風の中、認知症の父が一人で妹の猫の面倒を見ながら留守番するので、それも心配です。
マー君が食べたもの、まわりがべとべとしていたというころが気になります。
でももし仮に毒餌だったとしても、すっかり吐いてしまって食欲が回復したのなら大丈夫ではないでしょうか。
近所に毒餌撒く人がいたとしたら安心できませんね。
夜は目視で回避することができないので念のため気を付けてください。
投稿者:バディー(2019年10月10日 00:03) 
そうでしたか。(涙) 心配ですよね。
私の母も脳梗塞をして、記憶障害を持っています。
今は、父がまだ母の面倒を見れるので、助かりますが、この先どうなるか不安です。
マー君 すっかり吐いて、便も普通だったので、大丈夫そうです。
最近、近所の朝だけセルフ散歩の犬が、飼い主が仕事から返ってきたら、口と鼻から出血していて、突然亡くなっていたという話を聞いて、ショックだったので、毒餌を疑ってしまいました。
今から思えば、硬かったので、あれは骨だった気がします。
骨に何かコーティングしてあったように思います。
どちらにせよ、注意が必要ですね。
いつもの散歩道の事前パトロールもしようと思います。
投稿者:グラ(2019年10月10日 09:48) 
>バディーさん

高齢親の介護については不安ですね。
当事者がヘルパーを拒否するケースが非常に多いというところがまた心配です(うちも拒否)。
マー君、何事もなくてよかったです。
近所でそういう犬の突然死があると怖いです。
少しの間だけでも事前パトロールしたほうがよさそうですね。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.