いきなりお尻の匂いを嗅がないで

2019年11月07日
リンク大歓迎!連絡はこちらから↓
メールを送信する
PONOPONO犬育てを広めるため、最初ににほんブログ村のクリックをお願いします!
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

+++++++++++++++++++++++++++

曇っていたがまだ雨は降らなそうだったので(犬たちによると)、朝散歩に出かけた。

だがふたりとも、ヤギさんポイントを過ぎたあたりで引き返した。

散歩日和ではなかったので、いまいち乗らなかったのだろう。

昨日のヤギさんは背の高い草につながれていて、挨拶したそうにしていたのだが、はっちゃん(秋田MIX♂7歳)はいつもどおり知らんぷりした。

マルちゃん(大型犬MIX♂11歳)は、いつもどおり遠くから地面の匂いを嗅いでカーミングシグナルを出していたが、今日は挨拶しそうな雰囲気だったのでスマホを準備をした。

すると案の定、近くまで行って鼻ツン挨拶した。

その様子がばっちり撮影できたのでご紹介したい。

IMG_20191107_090012


バッグをごそごそしているうちにずいぶん接近していた。

これぐらいの距離になると、まっすぐ近づかずにカーブを描き始める。

まっすぐ行くと相手を緊張させるからだ。

IMG_20191107_090017


匂い嗅ぎをはさみながら少しずつゆっくりと接近する。

ヤギさんのほうは興味津々で近づいてくる。

来ないでほしいときは足をタンと踏み鳴らして「あっちいけ」と言うが、このときはリラックスしている。

この子は友達が欲しくて仕方がないようで、やさしい声で鳴きながら早く来いという。

IMG_20191107_090018


マルちゃんは体と頭をかなり横に向けて、強めのカーミングシグナルを出している。

ここまで接近しての挨拶は初めてなので、慎重にしているのだ。

ヤギさんのほうも少し頭を下げている(カーミングシグナル)。

IMG_20191107_090024


ついに鼻ツンの挨拶。

ふたりとも上手だ。

IMG_20191107_090035


そのあとマルちゃんはすぐに距離を取って、緊張をやわらげた。

だが立ち去らずに少し地面の匂いを嗅いだりしていたら、ヤギさんにお尻を匂われた。

犬同士はお尻の匂いを嗅ぎ合うが、ヤギが犬の匂いを嗅ぐのは初めて見た。

マルちゃん、さっと飛びのいて距離を取り、「まだそれは早いよ」と言う。

お尻の匂いを嗅ぐのはもう少し親しくなってからだ。

フレンドリーな犬は初対面でも嗅いだり嗅がれたりするが、慎重派だったりパーソナルスペースが広かったりする場合は、いきなりされると嫌がる。

もっと親しくなると大丈夫になることもあるが、嗅がれるのは絶対いやという犬もいる。

マルちゃんは前者ではっちゃんは後者だ。

犬同士に挨拶を教えるなどと言って、首輪などをつかんで固定してその間に相手犬に匂いを嗅がせているのを見たことがあるが、固定された方は自分の意志を無視された上に逃げられない状態にされているので、強いストレスがかかるしよくない関連付けをしてしまうリスクもある。

常に犬の気持ちを尊重したいものだ。

自分の犬も相手もともに挨拶ができるほど落ち着いており、ふたりとも遠くからカーミングシグナルを出し合っていたら、挨拶してOKということだ。

だが、どちらかが興奮していたり、カーミングシグナルを出していなかったりしたら、近寄らずになるべく距離を取りながら立ち去ろう。

はっちゃんのように落ち着いた状態で知らん顔している場合は、引き返さくても距離を取ったまますれ違うことができる。

だが、ソワソワしている場合は、相手の人間にこれ以上近づかないようにお願いし、その間に引き返そう。

するとお互いにガウガウならずに済む。

人間はつい、鼻ツン挨拶をしてほしいとか、匂いを嗅ぎ合ってほしいなどと余計なことを考えるが、それよりも犬が穏やかな気持ちでリラックスして散歩することのほうが大切だ。

穏やかに挨拶できる場合はすればいいが、興奮したり嫌がったりする場合は回避しよう。

それを続けていると、自分でスルーできるようになるし、そのうちにおとなしい相手には近づいて挨拶するようになることもある。

それは犬が決めることなので、人間は困難に陥らないためのサポート役に徹しよう。

鼻ツン挨拶する相手がいるよという方も、せっせと回避中な方も、にほんブログ村のクリックで応援をよろしくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

++++++++++++++++++++++++++++++++

↓無料プレゼントや、PONOPONOが今オススメしているサービスです↓

●無料メールレター

いまご登録いただいた方は、以下をプレゼント中です。
・Webセミナー 「犬の表情を読み取ろう」
・PONOPONO犬育て100のポイント

http://pono2.info/ml

●PONOPONO基礎講座

PONOPONOの基礎・基本的考え方をまとめたテキストとDVDです。
犬という最良の友との幸せな暮らしをお手伝いします。
多くの方の改善結果や幸せそうな犬の画像をご覧ください。

http://pono2.info/ntpt

インスタグラム「今日のはっちゃん」(ときどきマルちゃん)はこちら→https://www.instagram.com/satoekawakami/
動物福祉の向上のために、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

コメント
投稿者:ナオ(2019年11月07日 17:14) 
マルちゃんとヤギさんの挨拶、ほっこりしました。
お尻の匂いを嗅がれるのはミントも嫌がります。
いきなり前触れもなく嗅がれたときは、飛び上がるほどびっくりして拒否しました。
私が間に入る余裕すらなかったです。
ミントはあまり他の犬に興味を持たないので、「ボクは気にしないから、キミもボクを気にしないで」というスタンスです。

今朝はいつものお気に入りの川沿いが、草刈りが終わってとても歩きやすくなっていて、ゆっくり堪能して歩いていました。 
いつまでもこんなぽかぽか陽気であって欲しいです。
投稿者:あすぼん(2019年11月07日 18:06) 
こんばんわ。

すっかり寒くなりました。
沖縄はまだ涼しい?感じでしょうか?


まるちゃんはとても紳士ですね!
ヤギさん、まるちゃんとお話ししたそうですね!

飼い主同士は犬と犬をくっつけて挨拶させたがりますよね。
一通り終わると、ありがとうーなんて。犬同士はどう思ってるかわからないのに、、

ボンは基本的に向こうからガツガツくる子達や遠くから近づいてくる子達にも見向きもせずにひたすらカーミングシグナルを出しています。
ずっと地面の匂いを嗅いでいます。
向こうはお尻を匂いにきたらしますが、ボンは反応しません。

でも、自分と同じ体格の子たちには決まって鼻つん挨拶を少しだけしてあとは地面をまた必死に匂い、その子たちが立ち去ると体をぶるぶるっとします。

よく頑張ったね、と励ましてあげます。

私も気づいたら道を変えたり回避できますが、どうしても鉢合わせになったらボンは必死にカーミングシグナルをだします。

ボンは、犬にも人にも干渉されず自分のやりたいことをやって過ごす、自由な子だと改めて思うし、尊重したいと思います。

あと、最近になり私がきづいたのですが毎回散歩の時間帯が同じ30分できっちり家につきます。長い散歩は50分です。
犬の体内時計の精密さに驚きます。
オーケストラの指揮者も大体一曲の時間を正確に演奏できますが、犬もかなり素晴らしいなと思いました。

ぐらさん、犬同士の挨拶で鼻つん挨拶も立派な挨拶なのでしょうか?
人間同士でいう会釈くらいの感じですか?
投稿者:グラ(2019年11月07日 18:58) 
>ナオさん

いきなりお尻は嫌がりますよね。
急に接近されると驚きますし、自分の犬が他犬にそういうことをしないよう、人間が気を付けるべきだと思います。
草刈りが終わった後のぽかぽか散歩、最高ですね。
投稿者:グラ(2019年11月07日 19:03) 
>あすぼんさん

こちらはまだ日中は暑いです。
ボンちゃん、シグナル上手ですね。
散歩の時間はだいたい一定してきますね。
うちもそんな感じです。
鼻ツンは握手ぐらいじゃないかと思います。
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
Copyright (C) ドッグウォーカー博士のスローライフ. All Rights Reserved.