わはははは!!



もう笑うしかない第5話。



広島ブログ


だって、つき合ってるかどうか確かめる!なんてついたてのあっちとこっちに座らせてクイズ。笑っちゃいますよね。「相手の誕生日はいつ?」だとか「いつもデートは何してる?」とか。


テレビの見過ぎだって、おばちゃん!


でもその後みんなでバーベキューして盛り上がっちゃったり、これもあり得ないと思うけど、シャワー室で鉢合わせしたのを見て本当につき合ってるんだって納得しちゃったり、ストーリーはめちゃくちゃだと思うんだけど、なんだかそれが心地良いのはどうしてなんでしょうねぇ。
台湾のドラマって、必ず家族が出てきますもんね。日本でも一緒かなぁ。いや、もっとべったり総出演、ですね。


結局、和杰と小茜はつき合っていると判定(!)されて台北に戻れることになって、ひとまずはめでたしめでたし、と。でもこういうのひょうたんから駒っていうのかな、二人ともぐっと気持ちが近づいたようで次が楽しみ!


温昇豪は相変わらずオレサマ我が道を爆走中。やっぱり「那一年的幸福時光」の彼がよかったです。続き、見なくっちゃなぁ。温昇豪、発音がとても特徴的なのですけど、気のせい?敗犬女王の時はそうも思わなかったけどな。今回の役作りなんでしょうか。


4464048644_5c59eb9d47

この男の人、「下一站、幸福」で方哥を演じていた俳優さんですよね。正直、最初に見た時はびっくりしたんだけど、がらっと違っていてさすがでした。だって、「下一站〜」では本当に怖くて気持ち悪かったんだもーん。
あ、「下一站、幸福」、BS日テレ「敗犬女王」の後番組になったんですね。こないだDATVで放送してて、BS登場まで早かった!さすが!!
なんと「痞子英雄」が今度はDATVで放送始まっていて、この調子ならこっちもBSまできてくれるかな〜と期待してます。