あちらではこないだ最終回がすんじゃったのですが・・・
〜 17話 〜

阿曼達、苦手だったんですけど、小小彬の父親が現れてからはちょっと可哀想になってきました・・・。
どんな理由があるのか知らないけれど、「俺が会いに行ったのは俺の子どもだ。阿曼達じゃない」とか言っちゃって。やだなぁ。
記者会見で「子どもがいます」って言ったもんだから会いにきた??
阿曼達は彼に子どもを取られないよう、カナダに移民することにした、と言い出しましたね。切ないなぁ。
子どもを取られるかも、ってものすごいプレッシャーですもんね。
ま、だいたい男にはそのへんが分からないもんなんですけど。


ホテルで火災報知器が間違って鳴っちゃったせいで、小茜が鋼牙妹だってことが和杰にばれちゃいました。「小さい頃、俺は馬小茜をいじめたからな、報復しようとしてるのかも」とか「一体どの馬小茜が本当の馬小茜なんだ?俺には分からない・・・」と和杰。
困惑?怒り?自信喪失・・・
可哀想な和杰。
おまけに、和杰と別れたその足で小茜が成恩を訪ねたもんだからすっかり機嫌を損ねちゃった。


それに、その後成恩と小茜がハグしてるところをパパラッチに写真撮られちゃうなんて!


事情を説明しに訪ねてきた小茜に和杰はプールでバッグをとった時の真相を告げました。本当は和杰じゃなくて別の男の子がいたずらしようとしていたのを和杰が取り返したのだということ。「でもよかった。今日は本人を目の前に真相を話すことができたからな」
それから怒りをぶちまけてしまいました。「おれと成恩、二人の男の間を行ったり来たり。面白かったか?もうこれからは会いたくない。おれの一生に小茜も鋼牙妹もどちらも金輪際存在しないんだ」だって。
小茜の弁明も聞かない勢いで、小茜かわいそ。


和杰の子ども時代ででている男の子、たしかにちょっと憎たらしいかんんじだけれど、かわいいですよね!


〜 18話 〜


成恩は状況をかえるために商売敵とも手を組むつもりのようですが、資金に困っているのではと勘ぐったホテル側に追い出されるはめに。小茜は人がいいからまたまた「うちに来れば?」なんて言っちゃって。だいだいこの性格がいろんなトラブルを引き起こしてきたというのにね。

和杰はまだ社会奉仕の時間を残しているんですが活動場所を天使幼稚園から他の場所にかえてもらうよう申請してしまいました。「和杰が怒るのも無理ないわ・・・」つぶやく小茜の表情がせつないです。


そしてとうとう!阿曼達が和杰に、以前小茜に和杰と別れてくれと頼んだこと、告白しましたね。「私のせいであなたたちが一緒にいられないとしたら・・・本当にごめんなさい」だって。やっぱり命中のバレリーナとかぶりますねぇ。でも、和杰はこれで小茜の行動の理由が分かった・・・のかな。


成恩は小茜と瑪麗の家に移ってきていいかんじなのですが、やっぱり小茜は成恩を受け入れられない・・・うーん。成恩にしとけばいいじゃん!!
(これ、いつも女主角に私が言う言葉ですね。拓也にしとけばいいじゃん、Dylanにしとけばいいじゃん、て)


やっぱり父親思いな成恩のために、父親のところへ直談判に行く小茜ですが案の定あっさり追い返されましたね。


うわ!!!!
小茜が留守の時に和杰が訪ねてきた!
和杰と成恩の、いつ殴り合いの喧嘩になるか、っていうかけあいや一触即発ムード、好きですねぇ。
やっぱり二人とも男前♪もうこの二人、このシーン楽しんでやってるよねぇ。


成恩親子を仲直りさせたいと諦めない小茜を見て、和杰は手伝いたいと言い出します。そこで和杰邸で大貿と瑪麗も加わって作戦会議なのですが、こんなんでうまくいくのかしらん。


ストーリーとは関係ないんですけど、このドラマ、apple製品が多く映りますね。余浩の携帯は違った気がするけど。
主人公が持ってるPCはみんなMacBook。携帯はiPhone。
すごいなぁ。大プッシュだなぁ。
台湾でのIphone4発売は9月以降になるって聞いたのですが、PR?