30李誠を死なせてしまったことで、落ち込む莘月。

まぁ、そうよね。

ところでこのドラマ、全部で34話みたいですね。
もう半分観ちゃったってことか。
私としては珍しくほぼリアルタイム(ちょっぴり遅れているけれど)で観るドラマ。やっぱりこうやって追いかけて観る感じがけっこう楽しくて好きですね。
本当のリアルタイム、直播で観る気は相変わらずないのですけども。だって、ドラマ廃人まっしぐら決定、死亡フラグ(´;ω;`)
直播で観て、やっぱり分からなかった部分が気になるとか言ってまたつべで観る…絶対そうなるし。
あ、今とそんなに違うのかって聞かれたら困るけど。

「私が李誠を戦場に連れていくと言わなかったら、彼はまだ生きていたのよ」
「君がいなくても、なんとかして戦場に来ていたさ」

06そして、羯族のスパイであるカラスを射落とすために自分の鳩を使うことに同意した莘月。




05カラスを射落とすことはできたものの、鳩も死んでしまいました。
「全部あなたのせいよ!私を一緒に連れてきたりしたから…」


ていうか、女性だったバレバレ。
こんなのってありなのか。

29そんな時狼兄と再会。
(ぜんぜん狼じゃないけど、そこはツッコむところじゃないってことで)



56「地の利は我らにある。
絶対に奴らを蹴散らしてくれる!」

はおちん、かっこいー!

02




50どちらも強気ですね。



その戦いにはなんとか勝ったようですが……



55何日も戻ってこない卫无忌を心配して駆けつけた莘月はやはり自分のことが好きなのだと喜んだ卫无忌。

ついに言いましたね。

嫁给我


九爺はいい男だ。カッコイイしなんだってできる。だが俺だってそんなに負けてない。俺はぜったいに、小月に優しくする。ぜったいに、だ。
なんて……俺も酔ったな。こんなこと、シラフじゃ絶対に言えないからな。


23え、えー!?





53ついに!莘月は卫无忌の気持ちにこたえることに!
わーい\(^o^)/



30そして、莘月が卫无忌を連れてきた場所に先に来ていたのは……
胡伟立でした。



21はおちん、本当に来日するのかしら。
しばらくすると去っていきましたね。




22そこは養父の墓でした。





42そして…

食事をしていた莘月、卫无忌の前に現れた胡伟立と冒云珠。
喧嘩の証人を頼まれてしまったからさあ大変!


それにしてもはおちんカッコいい(^^)