32 太陽与陽明合病者、必自下利、葛根湯主之、
33 太陽与陽明合病、不下利、但嘔者、葛根加半夏湯主之、
36 太陽与陽明合病、喘而胸満者、不可下、宜麻黄湯主之、
【私見】
まず、太陽陽明合病とは何か、ということを明確にしてから、それぞれの薬の説明に行きたいと思います。

太陽病に罹患した瞬間、陽明病を併発した病態であるということが前提です。似た概念に「二陽併病」があります。のちのち詳しく説明しますが、これは延焼です。

つまり、太陽陽明合病は、2軒の家が同時に火事になったもので、家と家との境界部分から出火したものです。二陽併病は1軒の家が火事になり、それが隣の家に燃え広がったもので、時間差はあるが同時に燃えているものです。

さて、条文を読むと、情報が少なすぎます。特に、33条は、嘔しか症状がありません。嘔なら、太陽病の特徴 … 乾嘔 (12条…桂枝湯証) ・嘔逆 (3条…傷寒) … でもありますので、陽明病を伺わせるものが書かれていないことになります。また、自下痢・喘・胸満も陽明証とはいいがたいものです。

つまり、条文では陽明証の列挙を省略しているのです。どんな陽明証が出てくるか分からないからでしょう。

陽明病とはどんなものでしょう。
187「陽明之為病、胃家実也、」とあるように、まず胃家実です。
215「陽明病、不吐、不下、心煩者、可与調胃承気湯、」とあるように、心煩が特徴です。
217「陽明病、潮熱、大便微鞕者、可与大承気湯、」とあるように、潮熱・大便硬が特徴です。それから白虎湯証の「大熱・大汗・大渇」です。

まず、太陽病…脈浮・頭項強痛・悪寒がある。
その上に陽明病…心煩・潮熱・大便硬・大熱・大汗・大渇・脈洪、などのどれかがある。
これら太陽病と陽明病が、同時に起こったときに矛盾しない陽明証とは、どんな症状かというと…、

悪寒がある可能性があるので、口渇は確定要素にはなりません。
自下痢がある可能性があるので、大便硬は確定要素にはなりません。
葛根湯や麻黄湯の適応症なので、自汗はありえません。

よって、心煩・潮熱・高熱が消去法で残ります。

つまり、
太陽病の脈浮・頭項強痛・悪寒があり、
陽明病の心煩・潮熱・高熱、などのどれか、
これらが同時に発症するものが、太陽陽明合病といえると思います。

その時、以下の条件で薬が決定します。
自下痢+不嘔 →葛根湯。
不下痢+嘔  →葛根加半夏湯。
喘+胸満   →麻黄湯。

そういう理解で行きたいと思います。