眞鍼堂|奈良県橿原市の鍼灸専門治療院 大和八木駅から徒歩7分

一本鍼が鍼灸の力を最大に発揮。奈良県橿原市で本格的な東洋医学を実践する鍼灸院。肩こり・腰痛はもちろん、うつ・パニック・めまい・アトピー・喘息・不妊症・PMS・更年期障害・発達障害など、全科に対応。

無農薬日記①

image

サニーレタス。

レタスよりも手間がかからない。…ような気がする。

種をまいたら、一度だけ草の掃除。

あとは、どんどん大きくなるので、

ひたすら採り、ひたすら食べる。

食べきれません。

弁当のおかずにいいね。

眞鍼堂



BlogPaint



image



タマネギ。大きくなったでしょ?

もうすぐ収穫です。

ヒモでくくって、日の当らない軒下に吊って保存。

去年の玉ねぎは、この保存が完璧でした。

ほとんど腐らず、四月まで持ちました。

ほぼ一年間、保存したタマネギ。

少しずつ水分が飛んだためか、

カレー、甘かったですよ。

ことしも うまくいけばいいけど。



BlogPaint




image


トマトの第一果がつきました。

トマトはこれが大切。

初めの節の花が着果しないと、

葉っぱばかりが大きく立派になって、

実が小さいのしかつかなくなります。

初めの節に実が着くと、

葉は大きくならず、実が大きくなります。

…と、うまくいけばいいけど。



BlogPaint


image

なすび。

無農薬有機農法では育てにくい夏野菜です。

まず、土が肥えていないといけない。

うちの畑は、糠をふんだんに入れています。

それから害虫。

六月・七月は虫が好き放題に食べて、人間の食べる分は無い。

収穫はお盆くらいからかな。秋ナス。

あと、大切なのは日当たり。

光がたくさんあたる所でないと、実がなりません。

それから水やり。

太陽の光はほしいのに、水も欲しいだと?(--〆)

でも、美味しいですよね。みずみずしさがなんとも。

手間はかかるけど、毎年作ります。



BlogPaint


image

サトイモ。

中秋のお月さまにお供えするやつですね。

つちはよく肥えているので、

たくさんイモが採れることでしょう。

いまは草だらけにしています。

もう少し大きくなったら、

草を掃除して、土寄せしてあげよう。

水は切らしたらアウト。

八月の暑い季節は、気をつけねば。



BlogPaint


image

 プリンスメロン。

ことし、初挑戦。

その理由は…。

キュウリを三株植えていたんですが、

三株は多すぎ。

梅雨が収穫の最盛期なんですが、

この時期だと一日50本も収穫。(-_-メ)

でも、初夏と盛夏にはたくさん食べたいので、

植えないわけにもいかず、

ゆえに、二株に減らして、メロンを植えました。

葉っぱ、虫食いだらけ…。

ま、いけるでしょ。



BlogPaint


image

ジャガイモです。

三月に種イモを植え付けました。

ゴールデンウィークに土寄せをして、

花が咲き始めましたね。

太陽の光をふんだんに受けて、

たくさん栄養分をつくって、

大きいイモをつけてね(^.^)



BlogPaint


image

さて何でしょう。

初夏の香り。

青シソです。

漢方でもよくつかわれます。

気のめぐりをよくするのに使います。

結果としてカゼを散らす作用もあります。

シソは、よい香りがするでしょ。

芳香はめぐらす作用があります。

たしかに、

食べると爽やかな感じがしますよね。



BlogPaint





image



これ、なんでしょう。

ビワです。

もちろん、収穫はまだ。たぶん六月くらいでしょう。

10年くらい前になるかな、友達がくれました。

苗じゃなく、実を。

実家でもらってきたそうです。

実はかなり小ぶり。

でも、食べてみると、酸味も甘みも強く、買ったのよりも美味しい!

で、種をとっておいて、

春を待ってまきました。

成長して、木はかなり大きくなり、

去年初めて実をつけました。

ただ、ついた実は一つだけ。

子供に内緒で食べてみると、ウン、この味!

今年はたくさん実りそう。

子供の分も採れそうです。



BlogPaint


image

自然薯。

三年ほど前に、近所のおばちゃんが、

「ウチ、お父さんがもう作らへん言うてるから、あんたとこ作り。」

とのことで、種イモをくださいました。

そんなこと言われても…。

多少困りましたが、とりあえず畑に埋めておくことに。

初夏になると芽が出て、ツルが伸びてきたので、支柱にからませてあげました。

秋になって、掘ってみると、意外と大きくなっているのにびっくり。

ただし。

掘るのが大変。

テレビで自然薯掘りをみたことがありましたが、

まさに、それ。

近所のおばちゃん(イモをくれた人ではない)が

「何してんの」と寄ってきたので、一番まともに掘れたのをあげました。

残りのぽきぽき折れた残骸を持ち帰ってすりおろしてみると、

わっ、粘る! この粘り、自然薯で間違いない。しかもなかなかの美味。

このイモは使える。成長もはやいし。

ご近所のお世話になっている人にあげるのにちょうどいい。

と、いうようなことで、次の年も作ることに。

こんどは、掘る手間を省くため、

塩化ビニールのトタン屋根をカットして、土の中に埋め、

それを掘りだせばイモが収穫できるよう工夫して、植え付けました。

すると、植え付けは時間がかかるけど、

収穫はすごく楽。

収量も多く、人にあげて家でも食べて。

でも食べきれないので、直売所に持っていくことに。

値段をいくらにしたらいいかわからないので、店長さんに聞くと、

「これは値打ちがありますよ! 1500円つけたら?」

言われたとおりにすると、その日に売れました。

こんなに価値があるとは…。



BlogPaint


image


トマトの苗です。

まだ、霜が降りるので、畑には植え付けできません。

霜にやられると枯れてしまいます。

こうやって、昼間は外に、夜は屋内に入れてやります。

花が早く咲いた方が、収穫も早くから楽しめ、トータルの収穫量も増えます。

早く準備した方がとくというわけです。

夜にしまうのを忘れないように。

四月いっぱい、これが日課です。



BlogPaint


image

ニンジンです。

種が上手く発芽しすぎて、ニンジンができすぎました。

ですので、直売所で売ることにします。

無農薬有機栽培の超オーガニックなんですが店頭では、

普通の野菜と同じ値段で並ぶことになります。

無農薬で売ろうとすると費用も手間もかかるんです。

買った人は、かなりお得ですね。



BlogPaint


image

去年の9月にまいた玉ねぎ。

11月に植え替えて年を越し

現在葉っぱの丈は10cmほど

半年近くたってもほとんど大きくなっていませんが

玉ねぎっていうのは、こういうもんです。

もうすぐ暖かくなると

今まで大きくなれなかった分を取り戻すかのように、

どんどん葉っぱをのばします。

土の表面が白いのは、ヌカです。

11月の植え替え時に土の表面にふりかけておいたものです。

表面が皮みたいに固まって土を覆うので、

雑草が生えるのを抑えてくれます。

だからすごく便利。

時間がたてば肥料にもなります。



BlogPaint


わらび好きが高じてしまい、

去年から畑で栽培しています。

去年の春にわらびの根をいくらか畑に植え付けました。

夏にはかなり繁茂し、どのくらい根が増えたか楽しみです。

掘ってみるとこんな感じ。

image



じつはこれ、ほんの一平方メートルほどしか掘ってないんです。

思った以上の量に増えていてびっくり。

わらびを植えたいところは、ネギの苗を育てている場所なので、

ネギは本当は春に植え替えるんですが、

わらびのためにネギをひいて植え替えることにしました。

image

この作業中に納屋からいろいろ道具を出したためか…

image

こんな子がうろうろしてました。

寒くて動けないのか、

シャッターチャンス満載でした。

ネギをひいていると

image

こんな子も。

ナズナの花もだいぶ咲いてきましたね。



BlogPaint


image


image

無農薬でつくった白菜です。

肥料も化学肥料は使っていません。

そうやって、二十年以上作り続けた土の畑です。

我が家の野菜は本当に甘いらしいです。

人からそう言われ、その時は

「え?」と思いましたが、なるほど よく味わってみると

確かにそんな気が…

子供達にも確認をとってみると、

「え?、うちの野菜美味しいで」

と、当然のように言われました。

給食よりも美味しいというのは、野菜の甘みなのか それとも料理の腕なのか…

まぁ、そんな事はともかく今日は畑の白菜のケアをちょこっといたしました。

霜が何度も降りると、葉っぱがやけてしまい食べる所が少なくなるので

紐でくくっておきました。

近所の農家の方も皆そうされています。



BlogPaint



↑このページのトップヘ