2012年09月14日

むじ汁@万富

おきなわ食材レシピねっと『おきレシ』の「おきなわ食材の店」を見ていたら、
郷土料理カテゴリに載っている「むじ汁専門店 万富」というお店が気になりまして。

 「むじ」というのは無印良品の略称ではなく「芋茎(ズイキ)」のことで、
 ズイキとはターンム(田イモ)の茎の部分なのですね。
 ズイキの皮を剥く時に手が痒くなると聞いたことがあって、
 自分ではむじ汁を作ったことがないのですよ、私。
 高校生の時、友人宅に遊びに行ってご馳走してもらった覚えがあるだけ。

このお店がある栄町市場と言えば
ニコ・スペーツェを教えてくれた同僚が得意(!)なエリア、
そして同僚は沖縄料理が大好き。
声をかけたら、もう一人の同僚と3人で行ってみようということに。


120914-11栄町市場の中にお店はありました。
手前のノボリが裏になっているけど
「むじ汁」の文字が見えます。
赤を基調にした外観、
沖縄というより中華っぽい?
それとも、これが沖縄のイメージ?


120914-15店内の壁に張られたメニュー。
むじ汁定食のほか、てぃびち定食、
肝(チム)しんじ汁定食、
牛汁定食があります。
カレーライスもあるようです。
むじ汁が紹介された雑誌も
一緒に張られています。




120914-12120914-14

私たちは3人ともむじ汁定食(700円)をお願いしました。
大きめの汁椀にむじ汁、ご飯はヒジキや大豆の炊き込み。
添えられたおかずたちは、左から
セロリの浅漬け?、大根とカマボコのサッと煮?、ニンジンとコンニャクの和え物?
 内容が確かではないので最後に「?(クエスチョンマーク)」を付けておきます。
すべて、やわらかい味というか薄味でした。
むじ汁が薄味だから、もうちょっとパンチが効いててもいいかな。



120914-13そして、むじ汁のアップ。
あらら、ピントがあっていませんね。
ごめんなさい(汗)。
ズイキと田イモ、豆腐の味噌汁ですかね。
3人して「懐かしい味!」との感想。
思っていたより粘り気がなく
サラリとした食感で、
やさしい家庭料理という印象です。
久しぶりの沖縄料理に満足!

お店の方にズイキについて尋ねてみたら、
「台風以降、ズイキがなかなか入ってこなくて。
 いつもは冷凍のストックがあるけど、それもなし。
 今日の分は、昨日少し入ってきたものです」
とのことでした。
どうやら、私たちはラッキーだったようです♪

同僚情報によると、jimmy's 大山店でズイキを見かけたとのこと。
そういえばターンムの有名産地は、宜野湾や金武(きん)ですよね。
DEE okinawa/大山の田芋(ターンム)畑
どらく/ターンム畑を訪ねて 沖縄県・金武町


120914-16120914-17









店内に掲げられているプレート。
「那覇市健康づくり協力店」
「地産地消 おきなわ食材の店」
那覇市と沖縄県から認証された
由緒正しいお店なのですね!


むじ汁もおいしかったけど、一番印象に残っているのは
お店の方のほっぺがつやつやで、シワもほとんどないことでした。
むじ汁のお陰なのでありましょうか?


[ おまけ ]
ブログ「沖縄・食・農・南」/ターンム料理いろいろ
 ↑万富さんのむじ汁についても、詳しい解説が載っています。
  つやつやほっぺのオーナーさんのお顔も見れます。


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字