ネット上で有名なコピペに「メキシコの漁師とMBA旅行者」というものがあります。昔から非常に好きな話だったのですが、モノが余って人が多様な人生を求める黎明期であろう現代においては、ウィットさ以上の大きな意味を持つのかもしれない。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。

すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、
漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」


すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。


「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。
いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。
お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。
やがて大漁船団ができるまでね。
そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。
その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。
きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、
日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、
子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、
歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

そもそも、この話の面白さは、お金というのはあくまで「手段としての価値」ですよ、というメッセージです。お金というのは凄い発明で、色々な意味があるわけだけど、いずれにせよ何かを実現するための手段という役割しかない。すなわち、価値というのは物やサービスにしかないのだけど、それらの価値というのは移動させたり交換したりすることが難しいので、お金という流動性のあるものに形をかえることで、その価値が時空を超える事ができるようにしている。

そして、メキシコの漁師は既にやりたいことをお金を媒介せずに実現しているのです。ならば、今更お金を媒介させる意味などどこにあるだろうという疑問を投げかける。MBA旅行者はいわゆる「手段が目的になっている」という状態なのです。つまり、お金を手段とせずとも達成できる目的であれば、お金は必要ないということなのです。

勿論、生きる以上、物やサービスを得る必要があるので、お金はこれからも重要であり続けるハズ。だけど、人生の目的が物やサービスでないのであれば、その人にとってお金はそれ程の意味を持たなくなるとも思うのです。

日本は今まで異常とも言えるほど物やサービスを手にしてきました。でも、「昔から人は本質的に多様でした」に書いた通り、人はそんなに「みんな一緒」のハズはなく、物やサービスが欲しかった人ばかりじゃないと思うのですよ。

例えば、今僅かばかりの休みに海外に旅行する人がいたとして、ちょっとリッチなホテルに泊まって高いモノを買う人が居たとします。でも、この人が本当に求めているのは高級な旅では無いかもしれない。本当は安くてもノンビリ旅をしたいのだけど、時間はなく、幸いお金はあるから、時間で楽しめない捌け口として、お金で楽しもうとしているかもしれない。

「時間を楽しむ」ということの代替品として「物・サービス」に走っているのだとしたら、人が本質的に満たされないのは自明の理というもの。

だったら、最初から「お金を媒介しない生き方」を選択するというのは非常に意味を持つことになるのでしょう。ただし、それをするための大きな壁が三つあるかもしれません。

  1. 人生でやりたいことが何か?
  2. 人生で必要な物・サービスにかかるお金がいくらか?
  3. そのお金をいつ、どうやって得るか?

全てに共通して言えることが、「未来は不確かなもの」という点。やりたいことが変わったらどうしよう、思いがけずに必要な物・サービスが出てくるかもしれない、そのお金が得られなかったらどうしよう。そういう不安が、本来必要な以上にお金を重要なものにさせるのでしょう。

将来の保険によって自分の人生が蝕まれてるならば、これほど皮肉なことはないけど、この問題への解はなかなかでないのかもしれない。

ではでは