June 17, 2008

ポッキリ36日目

会社帰りにいよいよギブスを外しに病院へ。
さほど待たずに処置室へ通されベットの上に足をのばしていると、電動カッターを持った先生登場。
わー。いきなりカッター出てきたー!
先生から「ちょっと熱いかもしれないけど、このカッターは皮膚は切らないから心配しないでね」との説明があり、事前に知っていたことでもありましたが、あのギュイーン!という派手な音を聞いてしまうとさすがに心配なってきてしまいます。

しかしまったく痛くも熱くもなく、すんなりと終わってしまいました。ギブスを外して中のサポーターをハサミで切り、ようやくオイラの左足と25日ぶりの対面。
うぉーい!会いたかったぜ! !
ギブスをしていても見える範囲の足の腫れはだいぶひいたものの、足首はまだ腫れたままで、内出血も相変わらず。
かかとにあった内出血はきれいになくなっているけど、内側と外側共に側面はまだまだ。

何よりも、1ヶ月以上お風呂に入らなかった蓄積が!
これは想像以上・・・!
バケツに張ったお湯で看護師さんが洗ってくれたのが(ホント申し訳ない)、すんごい気持ちよかった(>_<)
そのまま足をつかずに両松葉で移動しながらレントゲンを撮り、患部を温めながらリハビリ開始。
足をのばしたまま指先を前後に動かすように言われるけども、これがなかなかできない。
手前はまだしも、反ろうとすると甲の辺りが引きつる感じ。
見た目では10°ぐらい曲がったかどうか…微妙な感じ。
思っていたよりも固くなってるなー、と実感してしまう。

最後に診察。
先生 「骨はまだ完全に形成されてはいないけど、徐々によくなってきてるよ」
うーん、素人目にはあまり変わってないようにしか見えないぞー?
私   「骨ってずれてないですか?」
先生  「ちょっとずれてるよー(あっさり)でも前よりずれが小さくなってきているから、問題ないでしょ」
私   「・・・(ホントかな〜?)」
まあこの時点でガタガタ言っても仕方ないので、質問は終了しギブスを再度装着。
さっき外したばかりのものをテーピングで固定していきます。
またしばしの別れか…左足よ。
お風呂に入る時と入浴後にストレッチをする時は外していいとの許可が出ました。
あと、杖なしで歩いちゃっていいよ、とのこと。
もう歩いちゃってますけどね。
だって、ガンガン歩けって言ったじゃんか〜、と心の中でこっそり毒付く。

帰宅して、いよいよお風呂!
36日目にしてようやくです。
ご開帳〜









ちなみに、この割れ目からパッカリギプスを外します〜。
この日のために垢すりと軽石を用意してあったので使ってみるも、想像を絶するヨゴレ具合。
こすってもこすっても、どんどんブツが出てくる〜。
なかなか終わりが見えなくて、ずっと洗ってたら、のほせてしまう始末。
本当はお風呂の中でちゃんとストレッチしたいところだったけれど、そこそこに終了。

内出血はあんまし痛くない













あとは内出血したところに軟膏を擦り込んでいきます。
折った外側よりも、内側のが内出血がひどいのは何故かしら。
捻った時、捻挫でもしてたのか。

くるぶしないなあ


足の甲から足首にかけてはまだパンパンなご様子。
指は腫れなくなりましたが。

夢の国行きたい…!










会社の人からディズニーシーのお土産を頂く。
早く自分の足で行きたいもんだ。
リロのパスポートケース全然使ってないし。



nanami43 at 20:11│Comments(0)TrackBack(0)雑記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字