こんにちは。めばり〜です。
だんだんと秋も深まってきましたね。
季節の変わり目、体調管理には気をつけましょうね。
さて、セミの声が聞こえだす頃から始まったライトハタゲームですが、そろそろ魚からの反応も薄い日が多くなってきました。
まだしばらくは狙えるとは思うのですが、そろそろ次の釣りへシフトしようかと、考え中の今日この頃です。
てことで、少し早いですが、今シーズンのハタゲームを少し振り返ってみたいと思います。
毎年、今年は釣れるかな?とワクワクしながらシーズンが始まるわけですが、その年によってメインになるハタの種類が違うのが面白い!
これは、気温、水温、海流などなど、ちょっとの違いが大きく影響しているのでしょうね。
今シーズンは完全にオオモンハタの年!
付き場となる海域の広範囲がオオモンハタに占領されているような印象でした。そこに時々アオハタ。その他はたまにポツポツと釣れる感じ。
高水温を好む種、そして低水温でも活動的な種、ハタ科の中でも種によって特徴が違いますが、複数の種を1度に楽しめるのもこの時期のハタゲームの楽しさの1つですね。
今シーズンもオオモンハタをメインとして数種類のハタの姿を確認できました。
オオモンハタ、アオハタ、キジハタ、マハタ、クエ。みんな小さい個体ばかりですが、存分に楽しむことができました。
ライトタックルメインでの釣りなので、このサイズでも、かなりスリルがあって面白いです。
良い年は本当に沢山釣れますが、小型メインなので、基本オールリリース。この釣りを永く楽しむ為にも枯渇してしまうようなことのないように、サイズなどを考慮しての釣行をみなさんも徹底していただきたいなと思います。よろしくお願いします。
そして、メタルマルやビースウェイをメインとしたハタゲームでは、色んなゲストの登場でも楽しませてくれました。
他にも色々釣れました。まさに魚種限定解除ルアー!
今シーズンはビースウェイも意識的に多用したのですが、巻きの釣りが有効なオオモンハタの魚影が濃かったことも重なり、有効な場面が多く、また1つ新しい発見と武器が増えました。
こんな感じで、今年も夏を満喫することができました。
次はそろそろアジかな⁉︎
もう少しだけハタの様子を伺いつつ、まづめアジングの準備、調査に入っていこうと思います。
ではでは。