志摩を釣る?

2016年12月

どうも!めばり〜です。
年末ですね〜!毎年バタバタで大変な時期ですが、仕事の方もようやく今日で納めることが出来ました。
ということで、釣りも今日で納めよう!
やはり最後はメバルで締めます!
玉砕覚悟での型狙い!
まずは実績のあるサーフのポイントへ!
到着すると予想以上に潮が下げてます。
仕事がもう少し早く終われれば・・・(汗)
サーフ端の磯場は水深がなく、釣りをするのは厳しい。仕方なくまだルアーを通せる場所から釣りスタート!
一時間ノーバイト(涙)
思い切って隣町のポイントへ!
ここはメバル狙いでは初めて入るポイント。ちょっとした小磯絡みのポイントです。撃つ場所は限られた小場所ポイントですが、以前から気になっていた場所です! 
開始1投目からヒット!やっぱりおった!
しかもええサイズや!
ゴリ巻きで寄せようとしましたが、潜られた〜〜(汗)
こんな時は無理せず、動き出すのを待ちましょう!ラインを張らず緩めずの状態で魚が油断するのを待ちます!
ほどなくして、動く気配を感じました!
スイープにロッドを立てて引っ張り出します。
出た!よーし!
無事にキャッチ!
体高もある良型です!
結局この一本で終了でしたが、満足のいく今年最後の釣行でした!

TR85ホウリ  +  プロトジグヘッド太軸0.9g  +  バチワーム  
今年はブリーデンフィールドモニターとして、貴重な経験をたくさんさせて頂きました。
ただの釣り好きのおっさんが、ブリーデン商品の素晴らしさを沢山の方に知って頂く為に、スマホ、PCに悪戦苦闘した年でもありました(笑)
しかし、ただ釣りをしているだけでは味わえない貴重な物でした。
大変だったけど、すごく楽しかったです!
モニター活動の一環として始めたインスタ、FBで知り合った沢山の皆様、今年は本当にありがとうございました。
そして、ブリーデンスタッフの皆様、ご迷惑をお掛けすることも多々あったとは思いますが、ありがとうございました。
では、2017年も引き続きよろしくお願いします!


こんにちは〜!めばり〜です!
さて!早速ですが、今回はブリーデンワーム「BACHI」について少し。
このワームが発売された当初、友人との会話の中で、「バチパターンに効きそうやなー!」なんて会話があったのを思い出します。
見た目からして、ゴカイなどの多毛類を模したフォルム!そして名称は「バチ」
そう思って当然かも知れません。まさに『マッチ・ザ・ベイト』という印象でした。
実際バチパターンにも有効ですしね!
しかしこのワーム、そんな限られた条件だけに特化したワームではありません。
私の場合、メバル、アジを相手にシーズンを通して使用しています!
見た目ももちろんなのですが、それ以外にもいくつかの特性を持ったワームなんですよ!
その中でも、私が素晴らしいと思う部分は、「浮力が大きいこと!」と「水の抵抗を受けやすいこと!」
浮力のある素材と引き抵抗を感じやすい形状!
この特性は私の釣りのスタイルに上手くハマっていると思っています。
簡単に言えば、スローな誘いを演出させやすいってことですかね!
軽いウエイトを使用しても引き抵抗が大きい為に操作感が失われない!
逆に言えば、いつもより軽いウエイトを使用しやすい!
ウエイトを重くしても、スローな演出を維持しやすい!
うーん、書き物が苦手な私では上手く説明できないんですが・・・よりスローにより遠く的な・・・
ウエイト選択の幅も広がるってことですね!
このバチの特性については、ブリーデンスタッフの森健太郎さんがブログで簡単に分かりやすく説明されてます。
ホームページでバチのフォルムと一緒に、そちらのブログも今一度チェックしてみて下さい!
さてさて、そんなバチワーム、少し敬遠されてる方などはいませんか?
見た目の先入観だけにとらわれてはいけません!
もちろん、状況などによって差はありますが、シーズンを通して活躍してくれるワームです!
是非、いつものローテーションに加えてみて下さい!
きっと大きな武器のひとつになります!










こんにちは〜。めばり〜です。 
メバルシーズンに突入し、みなさんの地域のメバルはどんな調子ですか?
各地域でナイスなメバルが釣れているようなのですが、私のホームではメバルが留守がちです・・・
先日、自身のメバルシーズン到来を告げる一本を獲れたのですが、その後の数回の良型狙い釣行は連続三振(汗)
仕事、その他の予定と期待できる潮回り、時間帯がうまくリンクせず、強行出動するも撃沈。
この辺は仕方ないですね。仕事あっての趣味ですから(朝まづめアジングは出動前の時間帯で、潮汐もあまり気にすることがないので、睡眠時間を犠牲にすれば毎日でも行けるんですが)(笑)。
しかし、とりあえずメバルの顔が見たい!小さくても良いから釣りたい!
ってことで、ほんの小1時間の癒しメバル釣行です!
漁港周りなど小場所数カ所をランガン!
1投目からヒット!
プロトジグヘッド1.2g+ネジネジで!
今回はプラグは封印して、なかなかメバル相手に使い込めてなかったプロトジグヘッドで攻めてみました。
低重心化の恩恵でしょうか?個人的に、ボトムコンタクトが分かりやすく、根掛かりも少ないような印象を受けます。
おチビ相手にもいい感じです!
ちなみに手が黒く汚れているのは、この時期の整備士あるあるです(汗)
ちゃんと洗ってます。でも落ちない(涙)ひび割れ、アカ切れ、最悪です。
そんなことはどうでもいいですね。
で、今回このリグに組み合わせるロッドとラインは、グラマーロックフィッシュTR74エレクトロとフロロライン0.8号!
まさに王道!メバリングのスタンダードです!
エレクトロは言わずと知れた名竿!
そしてど定番ライン!
最近ではPEライン主体のアングラーが増えていますし、エステルなどのラインも人気があります。特にエステルはアジングではかなり浸透していますね。
しかし、私のスタンダードは昔から変わることなくフロロです!
適度な伸びと充分な感度!
そして、ポイントによってはリーダーを結束しますが、基本直結で釣りが成立すること!
個人的に直結で使えるのは大きな利点です!根掛かり覚悟で攻める状況では、魚のサイズ関係なく迷わずフロロを選択します!
0.6〜0.8号なら、不意の良型にも充分対応可能です。
私は色んなラインを使ってみたい派なので、各メーカーの各種ラインを使ってきましたが、最近は数種類のPEとフロロで落ち着いています。
さて、今回はこんな定番メバリング釣行でしたが、大型との攻防も燃えますが、おチビ相手のメバリングもやっぱり楽しいものです。萌えます(笑)

では今回はこんな感じで。









こんにちは!めばり〜です。
今日はいつもの朝まづめアジングの釣果報告です。
さて、前々回の釣行からでしょうか?アジの当たりに少し変化がみられるように感じてます。
とにかく当たりが分かりづらい!バイトが浅い!
重みを感じて初めて当たりと分かるというか、特有のモソッとしたアタリ、違和感を感じとれない(汗)
そんな日がしばらく続いているような感じです。
日によって状況や魚の機嫌は変わりますから、こんな日がずっと続くことはないとは思いますが。
対策をせねば!
では、私の対策方は?
ほんの少しの仕様変更です。ほんとに少し!
風対策や飛距離を考えると極端なウエイト変更はできません。
そこで私がよくやるのはリーダー長、径の変更!
もう1つはジグヘッドフックサイズと形状変更です。
今回はリーダーを短く、細く!
これだけ!
劇的に変わるとは言えませんが、反応できなかったアタリに、なんとか反応できるようになる!といった感じの変化でしょうか。
しかし、渋い状況ではちょっとしたリグ変更が釣果に大きく影響すると感じています。
が!そんな小細工など全く通用しなかった2日前と今日の朝まづめでした(笑)
しかしラッキーが続いた釣行になりました!
まずは2日前、アジの気配すら無し(汗)
ところが、突然根掛かりかと勘違いするような重み!そしてラインが一気に出されました!アジじゃない!グイングイン引っ張ってる!イカ!!
ゆっくり足元まで寄せると、やっぱりアオリイカ!しかも結構大きい。
こんな日に限ってちゃっかりタモ持参してました(笑)(リーダーをいつもより細くしてたので、サイズによっては抜き上げができないと思って)。キロ近いアオリゲット!よく外れず引っかかってくれました。ラッキー!
狙うとなかなか釣れないんですけど…

そして今日は?
ポイントへ着くと予想以上の爆風!地元のおっちゃんの中には途中で諦めて帰る人も(汗)
風があって当たり前のポイントとはいえ、これは厳しい。
ウエイトがどうとかそんなレベルじゃないです!握ってるロッドが風で持っていかれそうになります。
しかし、せっかく来たのだからと、何をやってるのかさっぱり分からない状態でキャストを続けていると、まさかのヒット!しかも良型。プロトジグヘッドが喉奥にガッツリ刺さってました。
上顎フッキングが良しとされることの多いアジングですが、私の理想は喉奥フッキング。吸い込んだ瞬間にタイミング良くフッキングした証拠だと思ってます。
それに、大きなアジの上顎って以外と硬いと思うんです。しっかり貫通してくれればほぼバレないと思いますが…
持論は、『喉奥フッキングが理想!!』

今日は予想に反して、良いアジの姿が見れたので早々に撤収!
納得のいく釣りではありませんが、ラッキーが続いた釣行でした(笑)
ほんとに運が良かった!釣りには運も大事です(笑)
特に私の釣りでは、運がかなりの割合を占めてる(笑)
では今回はこんな感じで!







どうも!めばり〜です。
一段と寒くなってきましたね。
いつもの朝練も布団から出るのに時間がかかる時期です(汗)
さて、今回はそんないつもの朝練ポイントでの、常連アジンガーさんとの情報交換で気になったことについてです。
私がこのポイントへ通い出してどれぐらい経ってるでしょうか?釣行回数を増やし、本気で狙い出したのはここ3年ほどなのですが、以前から現場でよく一緒になる常連アジンガーさんが3人ほどいらっしゃいます。
1人は仕事の関係で最近はお会いしていませんが、あとの2人は今でも私と同じように、頻繁に現場へ足を運んでおられます。
その方達と知り合った当初、使用しているワームの話題になりました。
よくある光景ですね!
「ロッドは何使ってる?」「ラインは?」なんて感じです(笑)
個人的にはあまりそうゆうのは気にもなりませんし、こちらから聞くなんてことはまずないのですが、聞かれれば答えますよね(笑)
1人の方とのそんな会話の中で、「ワームはガルプやろ?」と言われ、私は「いえ違います。」すると、その方は「えっ⁉︎違うの!」ガルプを使ってないことに驚きというような様子でした。
そしてあと2人の方もガルプをメインで使用していることが判明!
その中の1人は、ワームでアジやムツを狙う地元の年配のおっちゃんです。
その方に至っては、カラーも限定して助言を頂きました(汗)
カラーの限定は極端すぎるにしても、常連さん3人全員がガルプを使用しているということになります。
元々面識のない人達、そして誰かの助言でガルプを選択している訳でもありませでした。
『ガルプナンバーワン説』!
たまたまみなさんがガルプフリークなのか?偶然?必然?
ガルプと言えば定番アイテムの1つでもありますし、私も使用したことはあります。よく釣れますよね!
このポイントでも、この件が気になり1匹釣れる度にガルプと他のワームを付け替えてみたりもしました。しかし大きな違いを感じることはできませんでした。
そして、常連さん達のスタイルを知ることとなった私は、逆に使いたくない衝動に駆られました。
私、ひねくれ者なんです(笑)
それ以降、ここでガルプを使うことはほぼなくなりましたが、他の常連さんとの釣果と比べても、劇的な違いはないように感じます。むしろ私の方が結果は残せているようにも思います(釣行回数が多いだけですが)。
タックルの違い、誘いの違いなどがあるので、あまり比較にはなりませんが...
その後、自分スタイルでコンスタントに結果が残せていることもあり、このことはあまり気にすることもなくなったのですが、少し前、何かの雑誌でレオンさんの記事を拝見しました。「ガルプにしか反応しない場面がある」というような内容の記事だったと思います。
そして思い出したのが今回の常連さん達とのやりとりです。
このポイントにもそんな場面があるのでしょうか?
アジの嗅覚を刺激しなければバイトを得ることができない⁉︎そんなタイミングが…常連さん達はそんな場面を経験し、ガルプメインになったとか?…
仲良くなった今なら気軽に聞けば良いだけの話なのですが(汗)
少なくとも、ここ3年の間にはそのような場面には出くわして無いと思います。
しかし、釣りにはそんな不思議なことが実際起こるんでしょうね!
ということで、そんなことがまた気になりだした今日この頃でございます(笑)

ガルプは勿論ですが、市販されている数多くのワームは、どれも実績充分な素晴らしい物が多いです。
その中で、信頼できる自分に合ったメインとなる物を探し出せれば、間違いなく大きな武器になると思います!

では今回はこんな感じで!

現在の私のメインはこれ!















このページのトップヘ