2007年03月

2007年03月31日

チャリティ上映決定!「六ヶ所村ラプソディ」

(以下アースデイ石川(http://streetarts.sub.jp/edkblog/)より転載。一部改変)

☆アースデイ石川プレ企画『六ヶ所村ラプソディー』が能登半島地震のチャリティー上映会となりました☆

鎌中監督から、ビッグなプレゼントをいただきました。
映画上映の売り上げはすべて能登半島地震への義援金として寄付されます。涙!

 今回の能登半島地震の被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。どうしたら被害を受けた皆様のお力になれるか考えました。今回映画「六ヶ所村ラプソディー」の上映を能登・石川で企画して下さった方々がいらっしゃったので、この映画の収益金を全て被災者の方々の役に立ててもらうことにしました。映画の貸し出し料を無料にして、映画を観ること即ち支援となる仕組みです。能登はわたしのふるさとでもありますから。
 今回志賀原発が停止していたのは不幸中の幸いでした。今回の地震は志賀原発の耐震強度を上回ったものだったのです。原発震災となれば、その被害は今回の数万倍になったでしょう。映画には土地に根ざして地道に生きる人々が登場します。その希望を捨てない、そのたくましさに触れていただくことで、どうか復旧へのお力添えになれば、と願っております。
              「六ヶ所村ラプソディー」 監督  鎌仲 ひとみ


■七尾上映会AT常福寺(七尾市相生町90 0767-53-1392)
  4月16日(月)から21日(土)全日上映
19:00開場 19:30上映開始
前売り600円、当日800円  中学生以下無料

常福寺の本堂は地震の被害を受け、現在大工さんが一部修理しています。本堂が使用できない場合は奥座敷での上映となります。もぎり役や玄関から会場までの誘導役などしてくださる方を募集します!きよしまでメール(nanaokiyoshi@yahoo.co.jp)してください。

<前売り券取り扱い場所>
常福寺(0767-53-1392)、各会場、コミュニティトレードal (野々市町)、シネモンド(金沢市香林坊109内)、
メロメロポッチ(金沢市近江町市場内)
<総合問合せ>
アースデイ石川2007実行委員会(メロメロポッチ内)
TEL・FAX 076-234-5556
熊野 090-1394-7576
小原 076-240-0413

そのほかの上映会場と日程は以下になります。
☆当初予定されていた輪島上映会は、震災の影響により
上映中となりました。
〜上映日・開始時間が違いますのでご注意ください。〜
■称名寺 小松市西町96 0761-22-0344
16日(月)のみの上映
18:30開場 19:00上映開始
■麦工房 加賀市橋立町ふ56−4  0761-72-3916
16日(月)から21日(土)全日上映
18:30開場 19:30上映開始
■常讃寺 石川郡野々市町字三納145−2 076-248-7203
16日(月)から21日(土)全日上映
19:00開場 19:30上映開始
■ネイチャー・ラボ 金沢市山川町申1  076-245-1007
16日(月)から20日(金)上映 21日のみ上映なし
18:30開場 19:00上映開始


六ヶ所村ラプソディー http://www.rokkasho-rhapsody.com/


nanaokiyoshi at 16:55|PermalinkComments(1)TrackBack(1) ぽえ寺オープンマイク開催告知! 

2007年03月23日

4/16(月)〜4/21(土)「六ヶ所村ラプソディー」上映会 アースデイ石川

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
アースデイ石川プレイベント 6日間連続上映します!!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
4月16日(月)〜4月21日(土)
「六ヶ所村ラプソディー」上映会 鎌仲ひとみ監督作品
会場 七尾市相生町90 常福寺(ぽえ寺)
境内の駐車場は8台分くらい。市役所裏の市営駐車場をご利用ください。
前売600円 当日800円 中学生以下無料
時間 午後七時半〜
問合せ 
金沢:アースデイ石川実行委員会(メロメロポッチ内) 076-234-5556(
七尾:七尾きよし@ぽえ寺 nanaokiyoshi@yahoo.co.jp

上映の後はお茶のみながらロウソク明かりでのんびりしましょう。


県内六ヶ所のお寺などを会場に連続上映会!
中能登地区では、ぽえ寺でやります!
・ほかの会場
野々市 常讃寺 6日間上映

☆六ヶ所の会場の名前がはっきりしたら後日お知らせします!☆

■六ヶ所村ラプソディー(サイトよりストーリー引用)
2004年、六ヶ所村に原発で使った燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場が完成した。
この工場の風下には豊かな農業地帯が広がっている。菊川さんは12年前からチューリップ祭りを開催し、再処理計画に反対し、くらしに根ざした運動を実践している。
隣接した村々で農業を営む人々、特に有機や無農薬で安心、安全な作物を作ってきた農家もまたこの計画を止めたいと活動している。
一方、六ヶ所村の漁村、泊では職を失った漁師の雇用問題が深刻だ。村はすでに再処理を受け入れ、経済的にも雇用の面でも必要だという考えが行き渡っている。
2005年、イギリスの再処理工場で事故が起きた。取材で見えてきたのは事故の影響よりも、44年間日常的に放出されてきた放射性物質の行方だった。
圧倒的な力と経済力に、普通の人々はどうやって立ち向かっていけばいいのだろうか。その取り組みを、人々の営みをそしてそれぞれの選択を見つめてゆく。

■詳しくはこちらをごらんください。
六ヶ所村ラプソディー オフィシャルサイト
http://www.rokkasho-rhapsody.com/index2

■ストップ六ヶ所(坂本龍一も呼びかけてるよ)
http://stop-rokkasho.org/

昨年金沢シネモンドで観ました。能登からでは、短い上映期間の中、都合をつけて行くのは大変でした。最高の映画です!今回6日間にわたる上映会!6日間あれば、1日は都合つきます!
この映画を観てあなたが感じるままのことを大切にして欲しい。一緒に観ようね!






nanaokiyoshi at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ぽえ寺オープンマイク開催告知!