2006年06月03日

6月9日(金)モンゴル伝統音楽ホーメイと平安時代の芸能の世界

徳久小 桜井小










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モンゴル伝統音楽ホーメイ と 平安時代の芸能の世界
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


出演 徳久ウィリアム
   桜井真樹子

6月9日(金)
午後7時半開演

会場 常福寺本堂
   七尾市相生町90

入場料 1500円

七尾音泉感動協会後援 



★徳久ウィリアムPROFILE
ブラジル出身。母が日系ブラジル人。声の拡張と新たな可能性を目指すボイスパ
フォーマー。元「倍音S」、元「ノイズ合唱団」主宰。
ホーメイ(一度に二つの音を出す、特殊な歌唱法)やモンゴルのオルティンドー、独自の「ノイズ声」を操る。現在、ノイズ合唱団をはじめ、多様な声の表現を武器に、様々なジャンルを横断中。mixi、Greeに「ウィリアム」で生息中。

★桜井真樹子PROFILE
<目指しているもの>
古の、そして女性たちのものであったがゆえに、消え去ってしまった楽曲や歌舞の復元を目指している。
古代、予言として「童謡(わざうた)」を唱えた少女の巫女や、飛鳥時代に日本で最初の仏教徒であった女性の尼僧、平安時代に新しい音楽のスタイル「今様」を生み出した白拍子などの女性音楽家たちの研究と実践を重ねる。
ここには、前世紀に意識され、大きなムーヴメントとなったジェンダーの問題や世界各地の先住民、日本の部族民の思想、人々の自然や神に対する信仰心など、数多くの重要な要素を見い出すことができる。
これらを、現代人にも理解しやすいところで探り、紹介をしている。

プロフィール
作曲家・ヴォーカリスト(天台声明)、パフォーマー(白拍子)。
天台宗大原流声明を中山玄晋に師事。龍笛を芝祐靖氏に師事。
1988年東京音楽大学専攻科作曲修了と同時にイスラエルに行き、ユダヤ教の音楽を研究。
1990年青森の南部津軽のイタコの音楽を研究。
1994年ACC(アジア文化交流基金)の奨学金を得て渡米、ナバホ・ホピ族の音楽を研究。
2000年ヘレン・ウォーリッツァー財団の奨学金を得て、再渡米、タオス・プエ
ブロ族の小学生と作曲・ダンスのコラボレーションを行う。
1993年より、声明のソロ・コンサート「声明に地平線」シリーズを、1997年より、作曲家による女性声明家のための委嘱作品「童謡(わざうた)」、古代の少女の巫女が予言を謡うプロジェクトを始める。
平安時代の女性歌謡と舞踊の復曲と創作活動を行い数々の作品を生み出す。1998年より高橋裕とのユニットを開始。

徳久ウィリアム
ホームページ
http://william.air-nifty.com/

桜井真樹子ホームページ
http://zipangu.com/sakurai/





〈きよしの独り言〉
イベントラッシュだ。。。
入場料をいただいてのイベントより、ロウソク灯りの中のんびりとまったりするぽえ寺がいいなぁと思ったりもするんだけどいいお話がくるとのってしまうきよしなのです。

聞法という言葉があります。
仏法を聞くということです。
とにかく耳を傾けること。
出会った人の声に、表現に、存在の響きに耳を傾けカラダをその中にひたすこと。
私たちは、人の言葉・表現・生き様に出会うことを通して仏法に出会います。
相手が特別何かに優秀な人だからというわけではありません。相手が、どんな境遇、能力、立場の人であろうと、私たちは、この人生で出会う人たちを通して、私たちにかけられた仏様の願いに出会い、自分自身の姿を知らされ、どのように生きるか問われ、そして生きる意味をいただきつづけるのです。
ぼくにとってぽえ寺はそんな聞法の場所です。








nanaokiyoshi at 17:45│Comments(0)TrackBack(0) ぽえ寺オープンマイク開催告知! 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔