ブログネタ
ゴルフ に参加中!
addゴルフをする時に最も重要になるのがアドレスですよね。ゴルフにおけるアドレスは、ボールを打つ人がクラブを持ち構えている状態で、打つ動作に入る直前の状態。このアドレスが正確にできるようになればボールは狙い通りに飛んでくれます。逆にこの時点でバランスが崩れていると力のある人でも思い通りに飛ばず、良いスコアを残すことはできなくなってしまいます。

なので、基本にかえって時々アドレスを見直してみるのもスコアアップの早道です。

アドレスはどんな場面でどの方向にどの程度ボールを飛ばすのかによっても変わってきますが、基本的には肩幅に足を広げ構えます。この幅が広過ぎても狭過ぎても飛距離は出ません。


次に前傾姿勢をとります。この時背中が丸くならないように気を付けたいところです。パットなどは猫背にする時もありますが、基本は背筋を伸ばしたまま前に少し倒すのが基本の構えです。その状態で少し膝を曲げればアドレスの際の身体の基本形は完成です。

身体が地面と平行に保たれているかも確認しておきましょう。人の身体は左右のバランスが同じではありませんから、鏡で見たりビデオに撮って確認してみると意外と曲がっています。それを少しずつ修正していきたいところです。

本当にゴルフが上達したいなら、付け焼刃のような練習ではなく、この方法を身に着けた方がよさそうですね。


片山晋呉プロがおすすめするゴルフシンプル理論完全マスタープログラム