ブログネタ
ゴルフ に参加中!
grip言わずともご存じだと思いますが、ゴルフではクラブのグリップの握り方は重要です。ゴルフ歴が何年か経てば違和感もなくなりますが、最初の頃は結構悩みませんでしたか?

私なんかは今でもグリップの握り方を考える時がありますが(^^)初心に帰ることは大切なことですよね。

そもそもゴルフのグリップの握り方はひとつではありません。主流はインターロッキングとオーバーラッピングとよばれるもの。(へぇーそーなんだぁ。)

私のやり方はインターロッキングかな?

インターロッキングとオーバーラッピング共に、左手から握り始めるのですが、小指と薬指、そして中指でしっかりと握ってください。人差し指と親指は軽く握る程度にしておきます。この時親指はグリップに沿うように。その左手に右手を覆うように載せるのですが、この時に左手の人差し指と右手の小指を絡めるように持つとインターロッキングとなり、左手の人差し指に右手の小指を載せるように握るとオーバーラッピングとなります。

大事なのは右手と左手の一体感。クラブと両手が同じ物質のように感じる握り方を選択するとよいようです。上に載せた右手の親指をクラブに対して真っ直ぐ伸ばしてください。慣れないと親指をクラブのグリップに巻き付けがちですが、これはゴルフにおいては間違った握り方なので注意しましょう。

左利きの方は全く逆の動作を行えば正しく握ることができますね。

5ラウンド以内に80-90台にならなかったら全額返金「7Daysプログラム」