ブログネタ
ゴルフ に参加中!
swingゴルフのスイングは腕や腰の動きに重点が置かれがちですが、同じくらいに大事な要素に体重移動があります。文字通り、動きに応じて体重を移動させることなのですが、この体重移動がスムーズに、そして正しい割合・方法で行われていなければ飛距離が出ません。

ゴルフのスイング時の体重は、アドレスの際には両足共に同じくらいか、やや右足に多めに載せます。テークバックからバックスイングに入るに従って徐々に右足に体重移動を行い、そしてダウンスイングすると共に右足にかけていた体重を徐々に左足に戻し、インパクト後、ほぼ全ての体重を左足に載せる、これが基本的な体重移動です。

しかしゴルフをする時にはこの体重移動を意識し過ぎないようにしてください。飛距離を出したい人はどうしても頭の中が体重の移動に関していっぱいになってしまいますが、これだけを意識してスイングを行うと身体の軸がぶれ、狙った方向に打てないなどのミスショットが多発する原因になってしまうのです。

ゴルフのスイングについては正しいフォームで、回転を上手く使えているかを一番に考えて練習を行うようにしましょう。むしろそれが正しく行えていれば、体重移動も問題なくできているはずです。

ゴルフの飛距離大会に出場するのが目的であれば体重の移動に関する技術も重点的に身に付けた方がいいのかもしれませんが、コースを回って少しでもスコアを縮めたいと考えるのであれば、体重の移動の仕方の習得は完全にフォームが固まってからでも遅くはありません。

5ラウンド以内に80-90台にならなかったら全額返金「7Daysプログラム」