2010年06月08日

CD不況、HMV渋谷が8月22日閉店

20100608a

渋谷系の音楽をけん引してきたHMV渋谷が8月22日に閉店する。
HMVは英国発祥のCDショップとして
1990年にONE-OH-NINEの場所に
日本第1号店として進出しました。

アメリカ系のタワーレコードと並び
外資系CDショップは豊富な品ぞろえと規模の大きい店が人気となり
90年代の爆発的なミリオンヒットに支えられ規模を拡大していきました。

HMV渋谷はその後、現在のセンター街に移転。
音楽CDはネット配信の普及により音楽を聴くスタイル変わった事と
ミリオンヒット作に出てきてない事と消費不況が重なり
CD不況は想像以上に厳しい。
CDが売れないためCD店の閉鎖が相次いでいる。
HMVは銀座店や新宿タイムズスクエアなどの閉鎖や
タワーレコードや新星堂、山野楽器などのCD屋も
相次いでリストラを進めている。

国内最大級のHMV渋谷でさえも
フロアの縮小など内情が厳しい事が伺える。
日本のHMV本体自体もTSUTAYAを運営する
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が買収のする方向もあり
渋谷のTSUTAYAと競合してしまうという事もあり
閉店の一つになったのだろう。

20100608b

渋谷のCD大型店はタワーレコードとTSUTAYAだけになってしまった。
HMVだけでなく渋谷にはかつてはWAVE、山野楽器、コタニがあった。
CDショップというお店は街から無くなってしまうかもしれない。
それだけにHMV渋谷閉店の衝撃は大きいし、
CD屋は今苦境に立たされている。


※追記
HMVの閉店は渋谷だけでなく、銀座インズ、スマーク伊勢崎、
イオン上里、イオンモール草津、京都河原町VIVRE、
川西モザイクボックス、キャナルシティが8月末までに閉店する。

人気ブログランキングへ←ご覧になりましたらお手数ですがクリックをお願いします

  • mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字