2018年07月09日

不思議なことに

不思議なこと

なんで
試合だからとか
大会だから
公式戦だからって
普段練習していることをしないで
試合ををさせるんだろう?

なんで
じゃあ
何のための普段の練習なの?
普段やっていることは
どこで試すの?
どこで発揮するの?

なんで
試合の合間の練習では
ボールを収める練習しているくせに
試合になると
蹴らせるの?

なんで
育成ですからって
熱く語るくせに
試合の中身は
目先の勝ちしか考えずに
やってんの?


ホント不思議です

全ては大人のエゴなのかぁ

僕も負けたくないし
勝ちたいし
勝たせてあげたい

でも
本当に大切なことは
なんなのか?

そこを真剣に考えていかないと

もっとひどいところは

ドリブルするなって
ベンチから声がかかっていて
意味がわからない

最近
いろんな方とお話させてもらうけど
皆さん
良いことたくさん言うんですよ

でも
大抵
言ってる事と
ピッチで頑張っている子達とのギャップに
いつもガッカリさせられる

決して
スタイルとか内容とか
否定しているわけでもなく

例えば判断って大切ですよねぇって
言っときながら
試合が始まると
判断させる間も無く
ベンチから
全て指示しまくりとか

え、
さっきの話は何だったの?

勝つだけが全てじゃないなんて言っといて
始まると
勝つことしか考えてない
勝てばご機嫌
負ければ
大説教

みたいな

不思議なことたくさんありますね

昨日も似たようなことがありました

なんだか
大げさだけど
人間不信になりそう

もちろん自分にも言えることなので
僕もしっかり
その辺はやっていきたいと思います

そんなこんなで
昨日も敵作っちゃいました

ダメだなぁ
僕って

僕ももっと大人になって
いや
神のような広い心を持って
これからやっていかないといけないなぁ

いつになったら
そんな寛大な心を持てるんだろう
50才過ぎればそうなるのか

ヤバイ
あと5年しかない

早く
大人になりたい





nanasei63 at 22:35|PermalinkComments(0)

2018年04月30日

やっぱり変わってる

僕はやっぱり変わってる

試合に何してでも勝てばいいなんて思えない

サッカーは戦うところじゃない

必死になっているから仕方がないなんて思えない

ファールで止めて拍手をする人の意味がわからない

昨日改めてそう感じた
だから
僕は他のチームの人とは違う
変わってるんです

デュエルって言えば
かっこいいけど

いやいや
ファールでしょ?

そんなことしてまでも
勝ちにいかなきゃいけないのなら
僕には無理です
こんなんだったら
サッカー指導者辞めますよ

こんな言い方すると
うちの子は
ファールしないって思われるかもしれないけど
いやいや
うちも沢山あります
でも
絶対違うのは
ファールした子に対して
オッケーオッケーなんて
絶対言わない


審判がとらないから
何も言わないなんてしない

そもそも
子供は
全く悪くないんですよ

大人の責任

子供がやってしまってことも
全て大人が責任とるんですよ

公式戦だから
勝てば県大会だから
そんな思いしてでも
勝ちたいなら
勝ちは、あげるから
普通にやってくれよって思います

だから
僕は変わってるんです

そんな思いしてでも勝ちたい
いや、勝たせてあげたいなんて
思えないんですよ
だから僕は
ホントダメな指導者です

戦えない
軟弱な子を育ててしまうダメな指導者です

昨日
いろんなことを考えさせられました

まだ
まとまってないけど

僕がもう少し
大人になって
いろんなことを
受け止められる
広い心を持たなきゃいけないなぁと

あとは
やっぱり
勝ちより

価値

大切にして行きたいと

その価値を高めるためには
勝ちを求めるのも大切

子供たちには
勝ちにこだわってもらい
僕らは
その中で
価値を見出していける
指導者になりたい

最後にもう一つだけ

みんないいこと言い過ぎ
この年代は
なんて
語る人はたくさんいるけど
やってることと
言ってること
違う人が多すぎ

だったら
うちは勝つことしか考えてません
とか
中身より結果が、全てって
言えばいいのに

恥ずかしさ
さらけ出してるだけなこと
気づかないのかなぁ

いいこと言う人たくさんいるけど
そこが噛み合ってる人や
チームって
いないなぁ

僕もそうなのかなぁ

気をつけよう





nanasei63 at 22:46|PermalinkComments(0)

2018年03月08日

リニューアル

お久しぶりです

僕の個人的なブログの題名変えました

だから何?とは
言わないでください

ブログも
心も
頭も
リニューアルして
これからも頑張りたいと思います

やっぱり日々
思うことや
感じることを
書くことによって
たまにめんどくさいことも起きるけど
伝えなきゃいけないことを
逃げずに伝えて行こうと思いました

ところで
題名の

Boys be independent 
Be improvising


正直僕もよくわかりませんが
二期生のお父さんが
僕の考えをチーム方針として
つけてくれました

直訳すると

自立すること
そして
即興(アドリブ)を大切に

みたいな感じだとのこと

たしかに
僕が大切にしていることなんです

これを作ったのが
約8年前くらい

あれから自分も
子供たちのおかげで
たくさん成長させてもらい
また
いろんな指導者の方からも
刺激をもらい
少しずつではありますが
行きたい道がはっきりしてきた気がします

まぁ
これからは
いろんなことを
ここに書きたいと思いますので
皆さんよろしくお願いいたします



nanasei63 at 21:03|PermalinkComments(0)

2017年06月05日

差って

ただいま
4種リーグの真っ最中

9試合終えて
とりあえず
全勝しています

ただ
勝っているだけではなく
中身も悪くない

10点取ってる試合もあるし
1点差や2点差の試合もあるけど
どの試合も
崩し方や狙いなど
やろうとしている事しっかり出来ている
まぁ
精度はまだまだですが

公式戦だから
中身はどうであれ
勝てばいい

なんて
そんなのダッサいでしょ

5点差でまけても
1点差まけても
また勝ったとしても

中身をしっかりと見てあげないと
大人はね

試合によっては
1点差だったから
良かったとか
相手を苦しめたとか
もう少しで勝てたとか
点差だけで言っちゃう人いるけど

点差と同じだけの差なのか
点差以上の差があることに気づく事が
大切だと思います

もちろん
逆もあります
中身が良くても
負けちゃうこともあるし

もっと大きな年代になれば
中身ではなく
結果を求められる時期がくる

だからこそ
今小学生年代に必要なことを
大人がやっていかないといけない

じゃあ
負けてもいいの?
いや
勝ちにいかないと
中身にこだわって
やる前から
負けていい試合なんてないし

そして
その過程で出た結果を
しっかりと受け止めて
次に繋げていく

こんな繰り返しが
成長していけるんじゃないかなぁ

実際
4種リーグでも
終了間際にフリーキック一本
決められて
2対1でギリギリ勝った試合があったけど
何をもってギリギリか
正直僕はギリギリだなんて思ってない
点差以上の差がむちゃくちゃあったし
誰が見てもそんなのわかるはず
サッカーはもちろん点取りゲームだけど
点差以上の何かを見つけられる指導者にならないと

子供には感じない
差を
大人がしっかりと受け止めることができるか
ですかね

勝ったほうが
偉いなんて
そんなのもないし
強いかもわからない

スポーツだから
勝者と敗者がいる

僕は勝者になりたいと思ってるけど
どんな勝者になられるか
どんな敗者になれるのか
そこにもこだわっていきます

それと
昨日の4種でこんな光景がありました
ある試合で
相手チームの子が倒れて
うずくまってました
主審も止めずにそのままで
キーパーがボールをキャッチ
ベンチからボールを出してやれ
と指示があり
そのキーパーが
外にボールを出しました
まぁよくある話ですけど
本題はここから
倒れた子はピッチの外に出て
試合再開
誰もがキーパーに返すものかた思いきや
そのまま
攻め始めました
ベンチからは何も言わない
ビックリです

この差って?
子供じゃなくて
大人の差

また
おとといあるチームとの
練習試合の時
相手のスローインのボールを取りにいって
渡してあげました
その時
相手チームの子が
10番戻るまで
投げるなよ
って言ってくれました

この差って?

全て大人の責任

僕も他人の事を言えるような人じゃない
ダメダメ人間だから
偉そうな事言えないけど
色々と考えさせられました

人のふり見て〜
なんて言葉があるけど

自分自身を見つめ直す
機会だと思って
これからも頑張りたいと思います

偉そうな事言い過ぎたかなぁ
自問です
















nanasei63 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

自問しながら

今日から
4種リーグが始まりました
この季節になると
いろんなことを感じ
そして
自分を見つめ直せる時期なんです

批判とかではなく
いろんなチームを見ていると
いろんなことを感じさせられます

子供が主役ではなく大人が主役

パスを回すことが目的になっている

大人が全て関わりすぎ

などなど
何度も言いますが
批判とかではありません。

自問です
自分はどうだろうか

主役は子供になれてるのか?
パスが目的になっていないか
大人の関わり方はどうなのか?

自分自身しっかりと
見つめ直していきたいと思います

ありがたいのは
うちの保護者は
ほどよい距離で
いつも協力してくれて
本当に助かってます

残り一年となった
六年生に
これから何ができるのか?
どんな成長があるのか?

自問しながら
共に成長できたらと思います

ある方に言われたこと
自分のことを語るときに

名刺なんかいらない
自分の関わっている子供たちを
見れば全てわかる


そんな目線でいろんなチームを見て感じたこと
そして
自分のチームを見つめ直す

そんな1日でした

目標と目的の違いを
伝えながら
こだわりと
アドリブを大切やっていきたいと思います

また
なにより
一人一人が自立できる
環境作り
サッカーでも
サッカー以外でも
これもまた大切

子供は大人の想像を越えていく
教え込んでいたら
想像は越えない
信じて任せることによって
生まれてくるもの

今日はたくさん見ることができました
僕が今日みんなに伝えたのは

選ぶ
ただそれだけ

アホかもしれないけど
きょうの彼らのプレー
落ち着き
素晴らしかった
いや
見ていて楽しかった

そこ見えてたの?
とか
目線でやっつける
体の向きでやっつける

いやぁ
面白かった

強いチームなんて興味がない

カッコいいチーム目指して頑張ります


nanasei63 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月29日

本当に大切なこと

僕が常々思ってることが記事になって載っておりました

勝った方が偉いみたいな
ジュニア年代の風潮

大切なことはいったい
なんなのか?
しっかりと考えて前に進みたいと思います

是非読んでみてください
https://fcl-education.com/training/performance/fcl-junior-football-skill/

nanasei63 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月25日

六年生卒業

今日は六年生お別れ試合

親子サッカーで盛り上がり
学年対抗での試合で熱くなり
楽しい1日でした

六年生対五年生の真剣勝負では
予想外の結果
六年生が4対0での勝利
貫禄勝ちでした
その結果に本気で悔しがる五年生
中には泣いてるやつも

うん
こいつら上手くなるよ

またギリギリの連絡で
しかもとおいとこまで
OBの子達もたくさん来てくれて
嬉しかったです

卒業生が来てくれることって
僕にとって
むちゃくちゃ
うれしいことで
みんなに会えるのがとても楽しみです
なかなか忙しいかもしれないけど
また来てほしいなぁ
みんなありがとね
もっとゆっくりみんなと話したいですね

そんなわけで
六年生も無事卒業して
新たなステージに旅立ちました
これからは陰ながら
みんなの頑張りを信じて見守ります

そして
保護者の皆様本当にありがとうございました
皆さんとお会いできたのも
なにかの縁です
これからも宜しくお願いいたします
六年生のことについては
後日書かせていただきます
少しお待ちください
必ず書きます
書くと思います
たぶん(笑)
いや絶対に


三年生対保護者
20170325_125353


四年生対保護者
20170325_125412


五年生対保護者
保護者は浦和レッズのユニフォーム着てます
20170325_133141


六年生対保護者
お母さんたち
子供のユニフォーム借りて
みんな出てます
20170325_132305


六年生対五年生
4対0で六年生勝利
20170325_142917


こちらはOB戦
20170325_155658


最後はみんなで
20170325_165228



みんな本当にありがとう



nanasei63 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

最近思うこと

ブログの存在すら
忘れかけていた今日この頃
何ヵ月かぶりに開いてみたら
訪問されてる方がいらっしゃいました

本当にすみません

書くことを忘れていたと言うよりは
言葉の重みと言うか
責任と言うか
いろんなことを考えると
なかなか書けないでいました

でも
僕の想いはやはり
ここで書くしかない
むしろ伝えていかなきゃいけないのかと

保護者にも
子供たちにも
知らない方々にも

だから
少しずつですが
これからは書いていこうかなぁと

最近思うこと
たくさんあります

あけぼのFCとしては
久しぶりに
県大会に出ましたね

あのピッチで
あの雰囲気で
サッカーができたこと
素晴らしい経験でした

試合開始に
みんなで
観客席から

「あけぼのFC」
って
聞こえた瞬間に
サングラス越しに泣いてしまいました

当たり前のように
子供たちがいて
当たり前のように
サッカーをして

そんな当たり前が
嬉しくもあり
時には
むずかしくもあり

いろんな思いが込み上げてきました

子供たちの練習の中で
本気でぶつかり
本気で笑い
本気で楽しみたい

本気になるからこそ
出てくる問題やつらいこともたくさんあるけど

僕はやっぱり
子供たちが
大好きだから

これからも本気でやって来ます

指導者って
教えることが全てじゃないと思ってます

導く
仕向ける
仕掛ける
気づかせる
などなど

そんなフレーズが絶対大事だと

他人と違っていい
自分の個性を大切に
臨機応変
アドリブのきく選手に

だからこそ
大人の関わり方って
ものすごく大切だろうと

大人が子供よりも
熱くならない
子供の温度に合わせて熱くなる

大切なことなんですけどね

親が本気で
当の本人はさほどでもない
みたいな感じ
少年サッカーのあるあるですね(笑)

また
指導者でも
自信たっぷりな方いますけど
羨ましいですね
おれが教えてるんだから
とか
言ってみたい

信じた道を貫くことは大切だから
僕もそこはぶれずにやってはいますが
いつも
子供たちに教わり
学ばせてもらってます
いつになったら
そんな自信が持てるのだろうか
一生無理かなぁ

指導者として
やっていることは
言葉より
いま関わってる子供たちをみれば
一番わかるはず
肩書きよりも
いいところもわるいところも
子供たちの姿に出てるはず

いいこと言う人はたくさんいるけど
それが
本当に子供たちのプレーや姿勢に出てる人は
そんなにいない
むしろ
言葉だけが先行し
本質が見えないことが多い

僕も
そうならないようにしないとね

まぁ
こんな情報社会だから
言葉や文章で
みんな影響は受けますからね

僕もいいこといった方がいいのかなぁ(笑)


さて
これから
彼らのために
微力ながら
何ができるのか
頑張りますか





nanasei63 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月26日

六年生お別れ試合

今日は
六年生お別れ試合

選手
保護者
OBたち
OBの保護者たち

たくさん集まってくれました

ホント皆さんありがとうございました

六年生は今日は最後
心のなかはむちゃくちゃ寂しかったけど
最後は笑顔で楽しく終わりたい
そう思って過ごしてました

僕も少し試合に出て
どフリーを外したり(笑)
アシストしたり
楽しかったなぁ

親子サッカー
六年生対三年生、四年生、五年生
OB戦

実はぼく
みんなが楽しくサッカーやってる姿をみて
嬉しくて思わず泣きそうになりました
いや
少し泣いたかなぁ(笑)

みんながいつでも帰ってこれる場所
この
あけぼのFCという
ふるさとというか
家というか
いつまでも
守っていかないと

改めて感じました

そして
六年生へ

いままで本当にありがとう
そして
ごめんな
いい結果を出してあげることができなくて

サッカーの結果は出なくても
みんな
本当に
人として
立派に成長しました

いままで
楽しいことや
嬉しいことだけでなく
苦しいこと
辛いことも
たくさんあったと思うけど

山登りと一緒で
苦しんで
登りきった人にしか
見えない景色がある

みんなは最後まで
やりきって
だから
今の自分があるということ

そして
今の自分があるのは
それをささえてくれた
家族のお陰

同じ志で
最後まで
同じ山を登りきった
仲間たち

忘れずに頑張ってね

今日最後に伝えた

出る杭になれ

自分の意志を持ち
自分は自分らしく
つき進んでほしい

人と違っていい

自分の色を持ってこれからも
頑張ってね

いつまでも
応援してます

そして
保護者のみなさま
いままで長い間
本当にありがとうございました

いろんなことが
あったと思います

どれだけ皆さんに信じていただけていたか
わかりませんが
最後まで
ついてきてくださったこと

また
僕の見えないところで
子供たちを支え
見守ってもらったことで
僕は
本当に子供たちと
真剣に楽しく過ごせました

あけぼのFCでの
活動が子供たちにとって
どれだけ役に立てたのか
わかりませんが

子供たちは
人として本当に成長しました
そして
すばらしく
ぼくにとっても
自慢の教え子となりました

サッカーももちろん大切ですが
それと同じくらい大切なことがある
そう思って
子供たちと一緒に頑張ってきました

僕が怒れば
すぐに仲間にフォローを入れる子
ミスをすれば
励ましてくれる子
荷物や片付けを
積極的にやってる子

本当に成長しました

これから先まだまだ
いろんなことがあると思います

微力ながら僕も
みんなの力になりますので
これからも
親子で楽しみ
そして
支え
見守ってあげてください

最高の六年生と
最高の保護者の皆さんでした

本当にありがとうございました

こんな話を皆さんに直接お話
したかったので
年と共に
年々涙腺が弱くなっているので
ここで失礼します

また
改めて
あけぼのFCに
関わってくれている
関わってきてくれた
方々
本当にありがとうございました

いまいる子達
そして保護者の皆さん
これからもみんなで
最高のチームにしていきましょう

宜しくお願いいたします

そしてOBのみんな
いつでも帰ってこいよ

OBの保護者の皆さんも
今日はありがとうございました

親父たちも
ひさしぶりに楽しかったですね
今度飲みにでも
誘ってください
たぶん断るけど(笑)

早速
明日から
また
新しい舞台が始まります

五年生
いまの君たちなら
大丈夫
冬の悔しさ
春にぶつけるぞ

三年生四年生も
それに続いて頑張るぞ

二年生4月からは
あけぼのFCの仲間だよ
頑張ろうね

六年生
これからはお金のかからない
永久会員だから
いつでも遊びにこいよ

これから
子供たちのために
どれだけ
何ができるか
わからないけど
こどもたちと共に
成長していきたいた思います
いままで
あけぼのFCを築きあげてくれた
OBみんなが
たくさんいろんなことを教えてくれました

わたちゃん
りゅうすけ
お父さんスタッフ
保護者のみなさん

そして
主役の子供たち

これからも宜しくお願いいたします
20160326_171555








nanasei63 at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月10日

魅力あるチームに

こんばんは

いよいよ
今年度も終わりですね

別れはつらいですね

六年生
これからいろんな別の環境に
羽ばたいていくけど
しっかり
頑張ってほしいし
残りわずかだけど
いろんなことを伝えていきたいと思ってます

うちのチームは

ボールを持てる選手
(女の子にも持てる選手)(笑)
になろうと
やってます

ボールを持ってる方が
強いし
チャンスだし
何でもできるじゃん

って感じですかね

だから
必然と
クリアなんかしなくなるんですよね

まぁ
その分
変な負けかたしますが

決してカッコつけで
しないのではなく
その方が
いいと思ってやってます

ボールは持つもの
自分で
そして
チームで

かと
いって
ポゼッションがどうたらこうたらとか
そんな難しいこと言わなくても

そんな意識が
あれば
気がつけば
ボールをたくさん持ってる時間が増えてくる

とられたら取り返す
当たり前のことだけど
それが大切ですね

仕掛けるっていうけど

相手をドリブルで抜きにいく
だけでは

まるでマクドナルドのセットを頼んで
大好きなポテトがないのと
同じくらいダメなことなんですよ

この気持ちわかりますかね?

相手を抜きにいったしても
とられたら
自分ですぐに
奪い返しにいく

ポテトと同じくらい大切なことなんですよ

わかりますよね?

自分が
自分で

それがやりきれる子が
自立して
サッカーだけじゃなく
いろんなとこで活躍できるはず

サッカーはサッカーだけで
うまくならない

そして
みんな違っていい

誰が見ても
きれいな盆栽にならなくてもいい

人それぞれの見方があるし
それぞれの価値観もあるだろうし

その子のよさを
引き出せるように
これからも頑張っていきたいと思います

盆栽の枝を切るのであれば
その責任も
指導者はとらないとね

2016年
他にない
魅力のあるサッカーチームになれるよう
いろんなことをこだわっていきたいと思います

最近
やっと
質問に答えてくれるようになった
五年生
君らなら
新トップチームとして
素晴らしいサッカーをやってくれるはず

そして
いろんなことに挑戦することができる
四年生

やっと
戦えるようになってきた
三年生

4月から
二年生も加わり
また
楽しくなりそうです

いままでの
先輩たちが僕にたくさんのことを
教えてくれました
そのお陰で
僕も成長させてもらい
チームも
すばらしい歴史ができました
まだ6年間だけど

そして
六年生
君たちが作ってくれたもの
チームとして
僕しても
これからの財産にして
頑張っていきます

3月末の
六年生お別れ試合も楽しみですね

親子サッカー
OB戦も予定してます
OBの親たちも来てほしいなぁ
みんな忙しいだろうけど
そんななか
去年もたくさん顔をみせに来てくれたね

あけぼのFC
永久会員様
皆さんのお越しお待ちしております






nanasei63 at 22:39|PermalinkComments(0)