こんにちは、J.Dです。

いよいよFate/EXTRAの放送が始まりましたね
私はネットフリックスで視聴する予定なので31日からですが

間に合わなかった...

DSC_0498

↓ランキング参加中!ポチっとしていただけると嬉しいです!



去年の夏前に連載を開始したのに
アニメに追いつかれるという体たらくですが
しっかりクリアまで連載を続けたいと思います。

止めねえからよ...

前回の戦いでベスト8入りを果たした主人公ですが
次の対戦者にいきなりサーヴァントを行動不能にされます。

DSC_0458
DSC_0459

闇討ち上等の敵に対して警戒をするもののあっけなくやられます....

DSC_0463
DSC_0465
DSC_0467
DSC_0470

サーヴァントの状態異常を解除するために
アリーナに潜る展開になるのですがサーヴァントの
ステータスがかなり低下しているので敵との戦闘が非常に厳しかったです。

DSC_0473


DSC_0482

レオ君から茶々を入れらますが、これって見事に生存フラグですよね。

敵に塩を送る、ハーウェイジョーク

凛による治療(?)によりセイバーが復帰します。

DSC_0481

DSC_0483

終わった?なにが?
完全に事後ですよね...
気になる方はこちらのリンクをクリック!

DSC_0484











世の中そんなにうまい話は無い...

DSC_0487
DSC_0479

アリーナ内で再び敵の襲撃を受けますが凛の機転により脱出に成功します。
その際に、主人公の肉体がこの世に存在していないことを凛に告げられる主人公

DSC_0489
DSC_0490

人間の意識が肉体と切り離され存在し続ける...
攻殻機動隊の第三世界のようなものでしょうか

DSC_0491

ネットで生まれ、ネットの海に自我を持って存在し続ける
攻殻機動隊の「人形使い」に似ていますね。

セイバーは復活したものの主人公たちは敵サーヴァントのステルスに悩まされます、

DSC_0492

DSC_0496

凛のトラップによってついに姿を見せた敵サーヴァントのクラスはアサシン
殺人拳の使い手のアサシン、マスターとの親和性が高すぎますね...

真名解放

今までにない強敵を前に
ついについに、セイバーが宝具の使用を決意します。

DSC_0501
DSC_0502
DSC_0503

(大丈夫です、もう知ってるんで...)

DSC_0508

決戦前日、アサシンの真名が明かされ
正体が「李書文」と判明します。

他のFate作品で知ってる人ならともかく
このサーヴァントの真名を当てるのは相当難しいのではと思いました。

そんなに有名じゃないですよね...?

DSC_0510
DSC_0511
DSC_0512
DSC_0515
DSC_0516

アサシンは攻撃頻度は少ないものの
攻撃バフを盛りに盛って攻撃してくるので一撃が重い!

ガードを貫通してくるのかHPの9割を持ってかれます。

DSC_0514

まじでアサシンの火力とは思えない(笑)

そして、とどめに宝具でかっこよく決めようと思っていましたが
あまり余裕をぶっこいていられなくなったので

真名解放...宝具発動...

DSC_0517
DSC_0518
DSC_0519
DSC_0520
DSC_0521

強い!と言いたいところですが
敵のHPを基準にすると格別に強い攻撃ではないみたいですね

しかも、FGOとは違い戦闘中に一度しか使用できません。

DSC_0523

アサシンの攻撃が苛烈をきわめるので
こちらも回復アイテムを惜しみなく使っていきます。

アイテムは使ってなんぼですよね?

DSC_0528
DSC_0529

倒したああああああああ!

DSC_0530
DSC_0531
DSC_0532
DSC_0533

アサシン戦は今までの中でもかなりのきつさでしたが
新しくショップに売られていた魔術礼装のHP回復のコードキャストが
かなりの回復量で大変助かりました。

サーヴァントの性能と言うより
アイテムと礼装で買った感じでした。

DSC_0535

おまえの兄貴はおまえがフラグを立てたせいで死んだんだ

DSC_0536

そして最後に陛下から待ちに待ったネタバレが

DSC_0537

な、なんだって~!!!

正直、この時ほどFGOとEXTERAを
やっていなければよかったと思うことはありませんでした。

やっていなければ、ものすごい
熱い展開だったのかなと思うと複雑な気分です(笑)

さいごに

戦いも進みついにベスト4となりました。

そろそろ終盤と言っても差し支えない状況でしょうか
改めてこのゲームを評価してみると

けっこうストーリーは自分好みの展開になってきて
戦闘での敵の強さも丁度良く無理なレベル上げをしなくても
敵が弱すぎず強すぎない熱い戦闘を楽しめます。

ただ、地道な情報収集を求められる
フィールドの雑魚との戦闘には正直、食傷気味です(笑)

百歩譲ってじゃんけんシステムを認めたとしても
敵の行動パターンが多すぎて運の要素が強くなりすぎてる感があります。

それ以外は文句はないですね
ボイスの吹込みが多いのも非常に嬉しいです。

DSC_0539

終わりもみえてきたのでこれからはペースを上げていきたいところです。

ただ、塔を上るのが忙しくて...時間取れるかな...

ではでは( ´_ゝ`)ノ

↓ランキング参加中!ポチっとしていただけると嬉しいです!