どーも、たかおっちです。

プレバンからMGジムIIとバイアランカスタム2号機が届きました!
新しいキットが届くと、わくわくした気持ちが湧いてきますね。
・・・同時に「いつになった組めるのだろうか」という不安も湧いてきますね・・・ 

時間が・・・時間が欲しいです。

barbatos-build (70)

今回の製作記は盛り沢山です。
伊達に更新遅れてませんよ(笑
フレームが完成したので、武器と外装を進めます。
この辺は改修もほとんどしないので
ひたすら表面処理ですね。
深いヒケは溶きパテで埋めてから削って対処しました。
浅い分は削り込みで。
 
barbatos-build (71)

白以外は比較的サクっと終わりましたが・・・

barbatos-build (72)
 
白は数もそこそこあるので手こずりました。
それでも無事に終了。

処理したパーツはいつも通り洗浄、乾燥を経て下地塗装へ移行します。

barbatos-build (73)
 
今回下地は全て黒サフです。
バルバトスといえばトリコロールカラーの主役ガンダムですが
明らかに異形なので、爽やかなトリコロールではなく
悪魔っぽい(厨二っぽい?)カラーに変更して仕上げていきます。

barbatos-build (75)

続いてアルティメットブラックで更に真っ黒に。
鉄血系1/100は、塗装を頑張るコンセプトなので
グレイズと同じようにグラデーションにします。
という事でこの黒は立ち上げの下地になりますね。

barbatos-build (77)

仕上げはキャンディグラデーションのグロス仕上げを予定していますが
今回はシルバーではなくゴールドを使用します。
まずは1回目。
1回目はゴールドを塗る面の中心に軽く塗料を乗せるだけ。

barbatos-build (78)

2回目。少しずつゴールドの面積を増やしていきます。
0.03Mpaくらいの低圧で細吹きしてゆっくりと広げていきます。

barbatos-build (79)
 
3回目。
かなり黒が減ってきました。

barbatos-build (80)
 
4回目。
これくらいでゴールドはストップです。
シュヴァルベの時よりも黒を多く残すように心がけました。
黒い方が悪魔っぽいかな?と思ったので。

barbatos-build (81)
 
続いてクリアーレッドを塗っていきます。
ここからはベタ塗りですが
出来るだけツヤを出したいので気持ち厚塗りです。
やりすぎると垂れて1からやり直しになるので注意ですね。

barbatos-build (82)
 
重ねれば重ねるほど色は濃くなります。
先にテストピースを作って、色を決めているので
その色に近付くまで重ねます。
今回は3回塗りでOKでした。

塗装に入ってから間に軽く乾燥を挟みつつ、1日でここまで塗りました。
本来なら3日くらいかけて塗った方が確実なのですが
ちょっと手が空いていたのでつい・・・(汗

さすがにこのまま進めるのは乾燥不足で厳しいので
ある程度自然乾燥してから
乾燥機で一晩乾かします。

先に言っておきますが
一晩では完全乾燥しないので、ここから先は更に丁寧な作業が必要です。
自分でハードル上げてます(笑

barbatos-build (83)
 
そういえば、画像がありませんでしたが
武器と一部外装パーツはアルティメットブラックを塗って終了しています。
真っ黒です。
あまり色数を増やしたくなかったので
全身が黒と赤のツートンで納まるように考えたつもりです。
とはいえ、グラデにした方の黒にはクリアーレッドが乗っているので
少し違う色になって外装は3色になりますかね~。
・・・で、今回コーションデカールは黒のパーツだけに貼りました。
主に時間短縮の為です。
デカールを貼る時間はいいとして
研ぎ出し時にデカールの段差を消す工程を減らしたかったんです・・・
細かいコーショだらけだと非常に面倒なので。

barbatos-build (84)

じゃあグラデの方は貼らないのか、と言われそうですが
少しだけ、自作のロゴと文字を貼っておきます。
用紙がもったいないので色々作ってみましたが
実際貼るのは3つだけです(汗

barbatos-build (85)
 
鉄華団のロゴと三日月を組み合わせて
ミカのエンブレムをでっち上げました。
奥の文字列には珍しく漢字を使っています。
「阿頼耶識」と「一騎当千」で、他はアルファベットにしました。 
好みは分かれそうですが、劇中でも漢字の表現が有ったので
悪くないと思います。

・・・という事で、駆け足ではありますが
デカールまで済ませる事ができました~。
あ、今回はスミイレ不要の塗装パターンなのでスミイレは行いません。
凹モールドにはもれなく黒が入ってますし
真っ黒のパーツはそもそも黒なので。

ここからはグロス塗装の仕上げに移りますが
すっ飛ばした乾燥時間を確保しないと失敗するので
数日乾燥させます。
その間は当然作業が進まないので更新も遅れますが
今更なのでご容赦くださいませ。

それでは、今日はこの辺で~ノシ