どーも、たかおっちです。

バルバトスルプスが思っていた以上の反響で嬉しい悲鳴を上げております。
いや、しかしyoutubeで「Gみたいだ」と言われる確率の高さ・・・
嫁様も「虫みたい」と言っていたのである意味納得ではありますが(笑

まぁ、色を変えちゃった時点で賛否両論あるのは当たり前ですし
私としては塗装技術と仕上げの美しさを評価して頂ければ満足です。

・・・で、今回は製作記ではなく
久々の製作環境です。

私がこれまで使っていた製作部屋は元々子供部屋にする予定だったものでして、
いずれ子供に明け渡す事になっていました。
娘2人も大きくなってきて、1部屋に2段ベッドと学習机を置くとかなり手狭・・・
ここらで重い腰を上げておかないとズルズルと行ってしまいそうなので
作業が一段落したのをきっかけに
作業部屋の引っ越しをする事にしました。

で、引っ越しを始めてみたのはいいのですが
元々引っ越し先にも家具がある訳で、
倉庫番のように交互に上手く家具を運ばないといけない為
非常に大変でした。

金土日と3日かけてようやく大がかりな引っ越しが終わったのが現状です。

mokeibeya20170205 (2)

で、引っ越した先の現状はこんな感じ。
一旦バラバラにしないと部屋から出せない私の作業机でしたので
分解したついでに各所をアップデートしてみました。
 
desk-diy (16)

ちなみに以前の状態がこちら。
変わったのは左側のカラーボックスの向きと天板、
そして有孔ボードに設置している棚板です。

もう一度更新後を。

mokeibeya20170205 (2)
 
左側のカラーボックスを前に向けて、安っぽいベニヤの天板をカラー化粧板に。
100均板を使っていた棚板も1x4材に変更しました。

mokeibeya20170205 (3)
 
こんな感じです。
長さもきっちり測ってすっきりと納まるように変更しました。

下半分に工具類がかかっていますが
残りの金具類が届き次第、このボード上は全て塗料に変更します。

んじゃ、工具はどうするんだ?ってなるんですが
それは別に机をもう一つ発注しています。

要するに、これまでオールインワンで塗装と工作を行っていた机を塗装専用にして
工作用の机は新調する訳です。

以前までのオールインワン状態でも、
通常は工作と塗装に関しては不便を感じていませんでした。

ただし乾燥スペースが机の右隣に設置されていた為、
工作スペースが埋まっている場合は塗装>>乾燥の移行の際に
「左手に持っているパーツを右手に持ち替えてから乾燥スペースに置く」
という無駄な動きが生まれてしまい、ちょっとイライラしていたんです。

「左手で持っているパーツを左側の乾燥スペースにそのまま置く」のが
シンプルな動きなので、これまで工作スペースにしていた部分を
乾燥スペースとして使うのが一番効率がいいと判断した次第です。

塗装ブースを左に移設するのは
ホースの取り回しと部屋のレイアウト上どうしても無理なので
工作スペースを別に用意するしかなかった訳です。



とりあえず、現状は塗装スペースが8割完成(金具待ち)。
工作スペースは新しい机が届くまで進められませんね。
という訳で模型製作も一旦ストップしたままです。

・・・こういう考えを文字で説明すると非常に長くなりますね。
また机が届いたら続きをUPしますので
気が向いたら読んでやってください(汗

それでは~ノシ