どーも、たかおっちです。

今日の記事は前回に引き続き
製作環境、特に模型用の机です。

今まで使っていた机を塗装専用にしたので
新しく工作専用の机を買いました。
通販の安い机なのでシンプルに棚も引き出しもありません。
そのままでは工具類や材料を置くだけで溢れてしまうので
ちょっと工作してみます。

mokeibeya2017020 (1)

まずは柱を2本立てます。
2x4(ツーバイフォー)材というホワイトウッドの建築資材です。
ホームセンターなんかで非常に安く買えますね。
これを2x4材専用の「ディアウォール」というアイテムを使って
天井と床で突っ張るように固定します。
画像の上、木材の端っこの茶色いのがディアウォールです。
注意点は天井~床までの長さマイナス40mmの2x4材を用意する事。
それだけで十分な保持力の柱が立ちます。
 
mokeibeya2017020 (2)

そして机を設置。
シンプルですが天板が丈夫そうなものを選びました。

mokeibeya2017020 (3)
 
そして以前の机でも使っていた有孔ボード(600x900)を柱に取り付けます。
壁に直接穴を開けたくないので、その為に柱を立てた次第です。

mokeibeya2017020 (4)
 
最後に有孔ボード用のフック等で工具類を吊って完成。
シンプルながら必要十分なスペースでの工作が出来そうです。

mokeibeya2017020 (5)
 
塗装専用机の方も工具が移動したので空いたスペースを全部塗料棚にしました。
まぁ、乗り切らないので残りはクレオスの塗料ラックを引き続き使いますが。

レイアウトとしては塗装ブースを頂点にしたL型です。
右を向けば工作机、左を向けば塗装机。
塗装ブースの隣をフリーにしたので乾燥スペースとして使えます。
乾燥機は常時使う訳ではないので塗装机の更に左手に。

全体像は写真には収まらないのでその内動画か何かで紹介します。



これでようやく次のキットの製作に入れますね。
実は我慢できなくて少しだけ手を付けてしまいましたが・・・

もう少し進んだら製作記を始めますのでお待ちください。

それではまた~ノシ