どーも、たかおっちです。

最近届いたもの・・・
・ビデオカメラ(キャノンHF R700)
・GHL(GPシリーズ)
・メモリーカード(ビデオカメラ用)
・RE/100 リバウ

リバウ届いちゃいましたね~・・・
プレバン商品は発注してから届くまでが長すぎるので
スケジュールに組み込みにくいんです。
 
・・・リバウは速攻で積まれました。
当分無理っす(汗

とはいえ、スタインは通常の3倍くらいの製作期間を見込んでいるので
出来れば間に何か違うキットを挟みたいんですよね~。
リバウも候補に入れておきますか。せっかく買ったんだし。

mg-sinanjyu-stein-build (18)
 
で、そのスタインの方は武器も揃ってようやく仮組みを終了。
このでっかいライフル、HWSのと同じかと思ったら
構造が全然違いました。
スタインのヤツの方がシンプルでいいかもしれません。
バズーカはシナンジュのと同じなのかな??
 
仮組みが終わったのでここからは工作の時間です。
スタインをベースにした別の機体をでっち上げる予定なので
大幅に形状を変えていこうと思います。

デザインコンセプトは「ハマーン用次世代MS」。
ぶっちゃけキュベレイMk-IIIみたいな感じです。
できればそこにティターンズ系の意匠なんかを足したいと思っています。

これ、最後まで黙っていようと思ったんですけど
どうせ作ってる画像載せたらわかっちゃうんで(笑

キュベレイのパーツや他キットのパーツも使いますが
単純に貼り付けただけのミキシングにならないように注意して
自分で作れる部分は可能な限り自作します。

スタインの面影も残しつつ、
アクシズ系MSのイメージを反映できればいいな~、と・・・

mg-sinanjyu-stein-build (22)
 
で、早速自作パーツを作っていきます。
爪先ですね。
ひたすらに伸ばして尖らせます。
まずは底面になるパーツを設計してプロッターで切り出し。

mg-sinanjyu-stein-build (23)
 
積層して段差ディテールの完成。
薄いプラ板は反るので反り防止のプラ材も貼り付けます。

mg-sinanjyu-stein-build (24)
 
爪先への固定はくっ付けてもいいんですけが今回はバラせる方向で。
メンタムを塗ったキットパーツにエポパテを押し付けて型取りし、
真鍮線で位置決めできるようにしました。

mg-sinanjyu-stein-build (25)

パテであらかた形状を作るつもりでしたが
在庫が切れてしまった上に同じものが近くで売ってなかった為
プラ板の箱組みに変更します。
側面になるパーツを4つ切り出し、瞬着の点付けで貼り付けてから
削り込んで4つのサイズを揃えました。

mg-sinanjyu-stein-build (26)

後は現物合わせで貼り付けながら他の面を埋めていくだけです。
結果的に直線を出すならパテよりカンタンなので
こっちで良かったかもしれません。

mg-sinanjyu-stein-build (27)
 
箱組み終了。
ざっくり1日仕事です。
きっちり寸法を取れればそれほど苦労しませんが
モノが大きいので結構ズレます。
その修正に時間がかかりますね。

mg-sinanjyu-stein-build (28)
 
うほーい、でっかくて刺さったら痛そう(笑
ディテールなんかは全身の形状が出るまでお預けです。


こんな感じで、キュベレイっぽくなるまで工作を続けます。
あの特徴的すぎるバインダーを流用するかどうかが最大の問題・・・
あれを付けるとそれだけでキュベレイに見えるんですが、
安直すぎる気もして悩んでおります。

ではでは「シナンジュスタイン製作記」、今回はこの辺で・・・ノシ