どーも、たかおっちです。

先日購入したビデオカメラを使って動画を一本撮影してみました。
内容は大した事ないんですけど
安いモデルとはいえやはり動画専用機というのは強いですね~。
画質は1眼に劣りますが、
ピントを追いかけてくれるお陰で随分見やすい動画が撮影できました。
画像が暗かったり、ホワイトバランスが合っていなかったりしますが
それは追々解決していくとしましょう。

動画はリンクのyoutubeマイページからご覧くださいませ。

mg-sinanjyu-stein-build (49)
 
今回のスタインさんは、肩装甲の続きからです。
まずはプラ板とビルダーズパーツを組み合わせて
スカスカだった下半分を埋めました。
 
mg-sinanjyu-stein-build (50)

肩がどんどん大きくなっていく・・・
いや、あの巨大なバインダーが付く時点で
これくらいは誤差の範囲になりますけども。

mg-sinanjyu-stein-build (51)

続いて、肩の後ろ側を埋めるパーツ。
プラ材とキットパーツの組み合わせです。

mg-sinanjyu-stein-build (52)
 
こんな感じに。
じわじわと隙間が埋まっていきますね。

mg-sinanjyu-stein-build (53)
 
肩を後ろから見る分だとほぼ隙間は埋まりましたね。

mg-sinanjyu-stein-build (54)

しかし、バインダーと接続用のブロックを外すと
サイドにまだ隙間があります。
接続用ブロックを着脱可能にする予定なので
外した時に丸見えにならないように埋めないといけません。

mg-sinanjyu-stein-build (56)
 
まずは0.3mmプラ板をプロッターでサクサク切って・・・

mg-sinanjyu-stein-build (58)
 
積層。
合わせ目を接着して消します。

mg-sinanjyu-stein-build (59)
 
それを使ってサイドの隙間を埋めつつ、
軸穴付きのネオジムを埋め込んでブロックを着脱可能にしました。

mg-sinanjyu-stein-build (60)
 
バインダーブロック無し。

mg-sinanjyu-stein-build (61)
 
バインダーブロック取り付け。

mg-sinanjyu-stein-build (62)
 
で、キュベレイ感が漂い過ぎてバランスを崩してくれる
巨大バインダーを装着。
この重量にもしっかり耐えてくれるようでほっと一息です。


肩はまだ完成しませんが
ちょっと材料不足な部分があるので
他の部分を少し進めます。

既にバインダーと脚部フレアでキュベレイ感は出ていますが
どんどんキュベレイをイメージできる部分を増やします。

mg-sinanjyu-stein-build (63)
 
ふくらはぎ後部にキュベレイ感。

mg-sinanjyu-stein-build (64)

上腕パーツを彫り込んで、スリットプラ材を埋めてキュベレイ感。


ここまでやって、今はリアスカートをどうしようか考え中です。
バインダーを使った時点でスタイン寄りではなく
キュベレイ寄りになる事が決定したので
リアスカートも流用で行こうかな~??


そういえば、書くの忘れてましたが
今回の製作では基本的にバンダイの部品しか使っていません。
プラ板とかネオジムは違いますが・・・
なのでビルダーズパーツの出番がかなり増えそうです。
とりあえず必要そうな分は大量に確保してみたので
色々検討しながら使っていこうと思います。

それでは、今回はこの辺で~ノシ