どーも、たかおっちです。

・・・ようやく念願のアルティメットカッターを買いました。
というのも、ゴッドハンドさんがセールをやっていまして



今だけ8000円で買えるんです!
メールが来ていたので飛びつきました(笑

プラ材加工を行うモデラーさんには是非オススメしたい一品ですので
この機会に是非!
驚くほど軽くキレイに切れますので。

mj-overflag-build (24)
 
それでは、今日の製作記です。
このままだと見せる機会が最後までなさそうなので
変形させてみました。
なんと完全変形です!特にドラムフレームを介して頭が引っ込むギミックは
無印1/100とは思えない出来栄えです。
 
で、前回仮組みしたオーバーフラッグですが
圧倒的な量の合わせ目が存在します。
というか、胴以外の各パート全てに合わせ目が出やがります。
しかも面倒な事に
何らかの加工をしないと接着できない場所が多いです・・・

まぁ、今回はそれをクリアして動画にするのが目的なので
ある程度わかってはいたんですけどね。

mj-overflag-build (26)

では順番に。
シールドは先に接着してあるので、ライフルから・・・
内部パーツとクリアーパーツは加工しなくても後ハメできます。

mj-overflag-build (28)
 
3つあるグリップの内左右の2つは画像のように加工して後ハメです。
後方のメイングリップは組み込んだまま接着してOKです。

mj-overflag-build (30)

ウイングの基部は完全に独立させる事は不可能なので
本体に組んだままウイング部分を後ハメします。
画像は腰の方です。

mj-overflag-build (32)
 
問題はバックパックのウイング。
可動軸がウイング側にあるので「C」字カットでの後ハメはできません。

mj-overflag-build (34)
 
そこで軸をカットしてから軸と同じ径の穴を開け、

mj-overflag-build (36)
 
軸を外から差し込む事にしました。
本体と基部の接続は後ハメできないので組んだまま接着します。

mj-overflag-build (40)

頭はヘルメットの中心と両側面に合わせ目が出ますが
フェイス部分だけ後ハメすれば他は接着できます。

mj-overflag-build (42)

そのフェイス部も接続用の角ダボを真ん中でカットすれば
下から差し込めるようになります。
ここはカンタンですね。

mj-overflag-build (38)
 
問題は脚。
ふとももは諦めて関節を挟んだまま接着します。
幸いここの関節はボディと同じ色なので塗り分けも不要です。
ヒザから下は大型のモナカな上、関節以外にも挟み込むパーツがあります。
消したい合わせ目はフクラハギ上部だけで
アキレス部分は段落ち加工でOKですが、
それを差し引いても頭を悩ませるトコロです。

mj-overflag-build (43)
 
悩んだ末にヒザ関節部/フクラハギ/スネと3つに分割し、
フクラハギだけを接着する事でクリアしました。

mj-overflag-build (45)
 
後ろ側のスラスターがはまらなくなるので
周囲をカットして小型化しました。
組んでしまえば違和感はありません。

mj-overflag-build (46)
 
後は接着剤が乾いてから削って合わせ目消し完了!
結構頭を使ったので疲れました・・・

そんな訳で今回はここまでですね。
大きな改修はしないので、今回の内容が山場かもしれません(笑
ここまでの製作について動画を撮影していますので
よければ見てやってください。

vol.1>>https://youtu.be/iAhOb_ftvh8 
vol.2>>https://youtu.be/dO_eZDOL36A

 
それでは、また次の製作記でお会いしましょう~ノシ