どーも、たかおっちです。

仕事はいつも通りなのに
仕事以外が忙しくて忙殺されてます。
4月にはマシになる予定なんで、そこまで踏ん張らねば・・・!

mj-overflag-build (47)
 
動画を先に挙げましたが、今回の製作記は肉抜き埋めからスタートです。
やはり無印1/100なので肉抜き箇所も多いですね。
鉄血1/100シリーズも同じような感じなので
その辺はやはりMGが高グレードだという事なんでしょうね~。
 
mj-overflag-build (49)

まぁ、作業的には慣れてきたので
エポパテで埋めて削って、はい完成、です。
始めてエポパテを削った時には随分苦労しましたが
工具が揃ってくるとラクになりますね。

これで合わせ目と肉抜きの処理が終わったので
サフチェックを挟んで修正作業に入ります。

mj-overflag-build (51)

ご覧の様にぱっくりと合わせ目が残る箇所もありました。

mj-overflag-build (53)

パテの方もエポパテはプラへの吸着力が弱いので
境目に隙間が結構できちゃってます。

mj-overflag-build (54)

そんな訳でいつものように黒い瞬間接着剤で修正です。
盛って削るだけですね。

単純作業が続いていますが
模型作りの大半は単純作業ですのでご容赦下さい。
改造してるときは工作が多いので
見た目に賑やかでいいんですけどねぇ・・・

mj-overflag-build (57)
 
さて、ここから先は動画ではまだ挙げていない内容です。
パネルラインの彫り直しですね。
メインカラーが黒なので神経質になってやる必要はありませんが
やはり埋まりそうなくらい浅い部分は彫ってやる方がいいと思います。

mj-overflag-build (59)
 
ちょっと判りにくいと思いますが、襟の先に安全対策のフラッグが付いていますので
切り取っておきました。
同じように頭にもあるのでそちらも切り取りました。

そのまま1000番で足付けを行って、超音波洗浄機で洗浄。
丸一日乾燥させてから下地のサフ塗装です。
今回はグレーサフ、黒サフ、メカサフの3種類で下地を作ります。

mj-overflag-build (61)
 
グレーで塗るパーツは通常のグレーサフ。
ホワイトのパーツも同様です。

mj-overflag-build (62)
 
一番多いブラックのパーツには黒サフです。

mj-overflag-build (63)

関節などはABSが使われているので
塗り重ねなくてもいいメカサフを使用しました。
設定色とは変わってしまいますが、メインカラーの黒さえ変えなければ
オリジナリティーとして受け入れられると思います。

mj-overflag-build (65)

オマケです。
パーツの分割ラインを彫り直す、というのが伝わりにくいと思ったので
ジャンクパーツを使って見本にしました。
彫ってスミを入れる事で
1体成形のパーツが3つのパーツの集合体であるように見せかけています。
MGとかだとそもそも別パーツになっている事が多いので
あまり必要のない手法ですが、今回のような場合は必須作業です。


そんな訳で、今日はここまで!
次回はいよいよメインカラーの塗装に入ります。
それではまた~ノシ