どーも、たかおっちです。

皆さんお花見とか行かれましたか??
私は重度の花粉症なのでこの時期に
外で食事は絶対に無理です・・・OTZ

今年は近所の桜が満開になった途端に雨だったもので
ゆっくりと桜を眺める事もできませんでしたが
車のボディに張り付いた花びらを見てちょっとだけ春の気分になれました。
(花びらくっ付いたままだと色素が沈着するんで放置しないように!)

mg-sinanjyu-stein-build (131)
 
今回は脚部のスラスターユニットです。
今まではキュベレイの装甲を加工して使っていたので
それをさらに加工して進めていました。
 
mg-sinanjyu-stein-build (134)

二重装甲にしたらどうだろう?と思ってバキュームフォームしてみたり・・・

色々やってみたんですけど、この複雑な曲面を活かすことがどうにもできません。
そもそも当初のコンセプトが崩れ切った今では
キュベレイの外装パーツを使うメリットもイマイチ・・・

mg-sinanjyu-stein-build (135)
 
という事で、新しく作り直します♪
人間思い切りが肝心!

mg-sinanjyu-stein-build (136)

ベースになる分は箱組みして、接続はポリキャップを埋め込みました。
表側はスリットプラ板を下地に使って
切り欠き部分から見えるような二重プラ板にします。

mg-sinanjyu-stein-build (137)
 
こんな感じに。

mg-sinanjyu-stein-build (138)

取り付けは問題ないですね。
アウトラインを少し変更して立体感とやらを模索しています。

mg-sinanjyu-stein-build (141)

内部に設置するスラスターはプラ棒と100均の編み棒、
ビルダーズパーツを組み合わせます。

mg-sinanjyu-stein-build (143)
 
治具で3つの位置を決めてプラ棒で固定。
・・・しかし、これはサイズの加減でボツになったので作り直しました。
作り直した分の画像が無いですけど・・・

mg-sinanjyu-stein-build (144)
 
で、こんな感じに。
隙間が多くて中が丸見えなので、後程隙間は埋めます。

mg-sinanjyu-stein-build (145)

うん。スラスターの中身は見えないですね!
バーニアだけで良かったかもしれません(汗

一応ギャプランっぽいのをイメージしたので
全体像はますますギャプラン化しています。
ハマーン様が泣いている気がします・・・

作っている途中でここまで方向転換したのは初ですが
後悔はありません!タブン・・・ 

私優柔不断なO型ですしねっ。

mg-sinanjyu-stein-build (139)
 
それはそうと、スクラッチビルドマニュアルを読んで「測定工具の必要性」を
非常に強く感じたので、デジタルノギスとプロトラクターを購入。
今までのホビーノギスとは精度が全然違って最高です。
角度測定も分度器使ってたので、プロトラクター最高です。
ついでなのでアルティメットカッター用の替刃と
その替刃を使えるカッターナイフも買っておきました。
消耗品が同じ規格の方が何かと便利なので。

これで残ったキュベレイのパーツはリアスカートのみ!
(キュベレイ感は上腕と胸と脚後ろスラスターに残ってますが) 

スカートをこのまま使うとすれば
機体全体のシルエットはほぼ確定した事になりますね。
スカートも作り直すなら別ですが・・・んー・・・
個人的にはザクIIIみたいなイセエビスカートが気になるんですけどね。
んー・・・

しかしアレですね。進んでいくうちに「ミキシング」じゃなくて
「セミスクラッチ」になってきましたね。
素体以外ほぼプラ板ですし。

スタークジェガンと同じ方向性に進んでいるので
実はちょっとほっとしてたりもします。

そんな訳で今回はここまで!
また次回お会いしましょう~ノシ