mg-rezel-build2 (43)

光るって楽しい・・・かも?

・・・どーも、七式です。
今回の製作記で更に光る箇所が増えました。
配線不要のX-BASEはやはり便利ですね~。
デメリットも多いですけど。

ではでは前回からの続きです。

mg-rezel-build (170)

まずはバックパックです。
仮組み状態だったのですが、このままでは保持力が足りないせいで
左右のボックスが傾いてしまいます。

mg-rezel-build2 (33)

そこでこんなパーツを製作。
大きな穴にはネオジムを埋め込みます。

mg-rezel-build2 (34)

設置個所はフレーム。
ボックスをプラ板の平面で支えつつ、ネオジムで保持します。
フレームの先端はボックス内に差し込む形状になっているので
ある程度の保持力が期待できます。

mg-rezel-build2 (35)

ボックス側にもネオジムを埋め込んでOK!

mg-rezel-build2 (36)

思った以上にカッチリ保持できました。
完成時には接着予定で製作していましたが、接着不要になったのでラッキーです。
完全に固めてしまうと破損時の補修で困るので
極力接着箇所は減らしたいのです。

mg-rezel-build2 (37)

このZIIという機体は武装が豊富で、メガライフル以外にもビームライフルと
クレイバズーカが標準装備です。
しかしながら個人的には手持ちの武装をあまり増やしたくないんですよね。

mg-rezel-build2 (38)

という事で、バズの代わりにリゼルからビームキャノンを移植しました。
今回のZII製作は「ZIIの再現」ではなく
「リゼルからZIIへの回帰」のつもりで作っているので、
これはこれでアリじゃないかな?と思っています。
一応取り外しもできるので、別途ウェポンラッチを作ってもいいですね。

mg-rezel-build2 (39)

もう一つ。このキャノンはメガビームサーベルの柄でもあります。
Ex-SやZZと同じ仕組みですね。
やたらとでっかいサーベルで迫力も出そうです。

mg-rezel-build2 (42)

このキャノンにもLEDを埋め込みました。
サイズ的に結構ギリギリです。
もちろんサーベルを差し込めばそちらも光ります。

mg-rezel-build2 (43)

で、最初の画像ですね。
プラが透けるので光が漏れていますが、サフればマシになるはずです。
ここまで光ったら、ついでに目も光らせたいと思うのは当然の流れ・・・

mg-rezel-build2 (55)

頭に4.8mmのLEDを埋めるのは結構大変ですね~。
まぁ内部を削り込むだけなんですけど。
これでグポーン(違)もできますね。

mg-rezel-build2 (56)

オマケですが、取り付け位置の加減でZ顔だと首が長すぎますので
0.5mmほど短縮。
変形時(できるとは言ってない)に頭が出っ張る問題解決にもなるかも?

mg-rezel-build2 (52)

そして、気になって仕方が無かったのでフトモモの分割を変更。
リゼルは何故か正面に分割ラインが来るんですよね・・・

mg-rezel-build2 (53)

元々の分割ラインは瞬着で埋めておきました。

mg-rezel-build2 (51)

サフチェックをやらないといけないので
この辺りから解体作業も並行しています。
自作パーツが多いのでここからの作業はひたすらに地味な修正です・・・
やりたくないけどやらないとここまでの努力ががが(汗

と、いったトコロで今回はここまで!
また次回の製作記でお会いしましょう~ノシ