どーも!七式です。

いやー、ついに出ますね・・・

HGハイゼンスレイII (ΦωΦ)

1/144はウーンドウォートが出た時点でTR-6系列のMSが出る事を予想してましたが
まさかハイゼンスレイがこの時点で出るとは・・・
待っていた人には最高のニュースですね!

私としてはMGで無かったのでほっと一安心しております(;^ω^)
流石に完成させる前にキットが出たら凹む・・・

それはそうと、今週末の4/20(土)は
CAFE UNLOCK FUNCTION LIVE MODELINGです。



前回の無塗装研磨から随分間が空きましたが
今回はプラ板工作をやる予定なので、お暇な方は是非お越しください。

A7301502

ではでは、MGが出る前に完成させたい我が家のハイゼンスレイIIです。
またしても動画のおさらいになりますが、背中と頭を作ってみましょう。

>>>ハイゼンスレイII vol.3

A7301503

プラ材、パテを使って曲面を作って行きます。

A7301505

色んな部分を並行して作ってるのでややこしいんですけど、
これも背中のパーツです。

A7301506

A7301509

A7301515

これらのパーツを組み合わせて背中にします。

A7301510

フレームへの取り付けは真鍮線で。
最終的には接着することになりそうです。

A7301516

まぁこんな感じ。
組んだら見えなくなる部分なのが残念・・・

A7301518

続いて肩フレームです。
さっきの胸と背中の間に納まるサイズで作らないといけません。

A7301519

箱組していきます。
内部に関節を組み込まないといけないのでスペースに注意。

A7301524

A7301526

パテでC面を出して完成です。

A7301527

ばっちり納まりましたが、可動域が狭い・・・
まぁ肩に関しては外側にもう一軸設置するので大丈夫かな?

A7301531

さて、いよいよ頭の製作です。
78系の頭にTR-5系のカバーを被せたヘルメットになるので
ベースはTR-1ヘイズル改にしました。
この頭だけの為に1キット無駄にする事になりますが、気にしない方向で。

A7301533

とりあえずプラ板で作れそうな部分から作ってみましたが・・・
トサカが大きすぎますね。

A7301537

少し小さく、高さを抑えて作り直します。

A7301540

うん。こんな感じでしょう。
ここから先はパテとの戦い・・・

A7301557

盛って削る・・・

A7301558

A7301565

削りまくってこうなりました♪
パテの部分はいくら削っても大丈夫ですけど、
頬のダクトを削ってしまうと寸法が変わるので緊張しました(;^ω^)

A7301573

どうですか?ハイゼンスレイっぽくないです?

A7301578

細っこい首を作ります。

A7301579

まぁ、見えなくなるんですけどねぇ・・・

A7301580

襟足に目隠しとトサカの脇にアンテナを設置。

A7301582

チンガード(クチバシ)を付けるか迷いますね・・・
ヒュベリオンの時は付けたんですけどね~。

A7301583

メインアンテナを製作。

A7301584

貼り合わせて厚みを確保。

A7301589

耳?っぽい部分も作っておいて、真鍮線で軸打ち。

A7301590

アンテナが付くと一気にガンダムになりますよね!

A7301594

ウーンドウォートと同じ位置に設置したフンドシですが
どうやらハイゼンスレイIIにする際には上に持ち上げるみたいです。
このままだと下過ぎるので加工します。

A7301596

フレーム部分をカット。

A7301597

持ち上げた位置へ変更しました。
設定画だともっと上・・・というかボディがもっと低いんですけど
胴が短いと寸詰まりに見えるのでここは敢えて長くしてます。

A7301599

で、こういうバランスになりました。
個人的には悪くないと思っています♪

そんな訳で3回目はここまで~。
もうここまで来たら「完成出来ないとは言えない」ですよね?
あ、逃げ道として「胸像で終わらせる」というのはありますが・・・(;´・ω・)
それじゃ私自身が納得できませんのでちゃんと作ります。

それではまた~ノシ