A7R00904

どーも、七式です。
お待ちかね?のリバウ製作記2回目です。

前回、キットの要修正ポイントをピックアップして
スマートな立ち姿に改修したリバウですが
今回は各部の形状変更やディテール工作で更にオトコマエにしていきます。

A7308478-2

まずはフェイスパーツ。
全体にパネルラインを追加して、シールだったモノアイはメタルパーツに。
頬外側の外装を少し削り込んで小さく変更しました。
ま、モノアイ以外は誤差の範囲です。

こんな感じでブラッシュアップしていきましょう。

A7308479

首の延長加工で見えやすくなった襟元や
平面が遊んでいる両肩には3Dプリンターで出力したメカパーツを設置。
プラ板でも出来ますが、時短になるのでガンガン使います。

A7308482

こちらは逆にプラ板の方が速いのでサクっと。

A7308483

襟の外側に設置。
この部分、素だと一段低い上に平面でイマイチだったんです。
隙間を埋めつつフレームが飛び出したSガンダムみたいなイメージに。

A7308486

お次はスラスターボックスをスクラッチ。
シンプルな箱組なので簡単です。

A7308489

これは肩の隙間にスポっとはまります。
変形時少し邪魔ですが、ギリギリ変形できるのでOK。

A7308491

キットのスラスターが小さい上になんか手抜き勘が著しいので
自作したスラスターに置き換えます。
しかしそのままでは大きすぎて入りませんね。

A7308492

邪魔な部分をカットしてとりあえず位置決め。

A7308497

後はプラ板でちょいちょいと囲いを作ってやればOK。
ついでにちょっと大型化して高機動をアピールしておきます。

A7308498

んー。イイ感じ。
左右が大きくなった分タンクが小さく見えますね・・・

A7308500

んじゃ、タンクも大型化しましょうか・・・(*´ω`*)

A7308504

ついでに肩用のスラスターも出力。
二重構造なので塗装がラクです。素晴らしいです。

A7308512

タンクもぶっとくなって推進剤が沢山入りそうですね。
オバヒして動けないとすぐやられますし(何の話)。

A7308514

胸の中央部分はプラ板で厚みを増しました。
出っ張ったエンブレムは好みじゃないので撤去。

A7308518

全高は前回と同じですが、襟周りに高さが出たのと
肩の上面ラインが変わった事でイメージは大きく変わります。
キットのままでは下半身が大きく重心が下方に集中して見えるのですが
この加工で重心を少し拡散させることが出来ました。

A7308520

リアビューは貧弱なバックパックとリアスカートが大型化され
専用機らしい佇まいに。
かなり後ろが重くなってますが、足首以下の加工のお陰で普通に立てます。
普通に立てる、これ大事。

A7308535

この辺でいったんサフって様子見。
当然出てくる修正箇所をつぶしていきます。

A7308532

メカサフ2色での塗り分けだったかな?
色の違いはわずかですが、やるとやらないとでは大違い。

A7308536

・・・もう少し色の差を付けるべきだったかも?
まぁほぼ見えませんけど。

A7308537

自作した部分はやはり修正多数。
セメントで溶けたり歪んだりするんでペーパー当てるとガッカリします(;´・ω・)

A7308540

それでもサフればスジボリも綺麗に見えてカッコイイ(*´Д`)

A7308548

スジボリなんかも少し足していますが、今回は少な目。

A7308552

無理に作ったパネルラインよりもパーツごとの実際の段差で見せたいです。

A7308555

そもそもREシリーズはナイチン以外ディテール多めじゃないですか?
あんまり足す必要無いと思います。

rebawoo3

今回の記事は動画の3回目の内容をなぞっています。
まだ観てない方は是非ご覧ください。

リバウvol.3>>>https://youtu.be/1hMiDjjpDE8

次回は下半身の改修作業ですね。
地味ですけど作業量が多いパートだったので頑張って記事にしましょう。

それではまた~ノシ