はいどーも、七式です。

いつになったらブログが追い付くのか・・・
いや、私のやる気次第なんですけどね。
もっと頑張りましょう(;´Д`)

s-A7R00617-02

そんなこんなで製作記03です。動画ではvol.4になる内容ですね。
上の画像のような感じになるまで、下半身をブラッシュアップしていきます。

結構写真が多い回だったので気合入れていきますよ!

s-A7308568

まずは素の状態。
バウの脚はなんだかんだで非常にスタイリッシュです。
設置問題さえクリアできればデザインは完璧。

s-A7308579

とはいえ今回はカスタム機にするので差別化を。
まずは膝をプラ板で大型化。
やりすぎるとスカートに干渉しますのでほどほどで(;^ω^)

s-A7308580

s-A7308581

続いて定番の裏面工作。
今回は手抜きで3Dプリンター使いました。
ま、ほぼ見えないので何でもいいんです。

s-A7308582-2

気分的にはやっておいた方が安心感あるんですよねー。
下から見たがるモデラーさんも多いですし。

s-A7308606

s-A7308607-2

続いてスジボリなど。
元のモールドを残して追加するようにしました。
太さを細かく変更して変化を付けたりしてます。

s-A7308608

スラスターユニットは真ん中をくり抜きます。

s-A7308609

s-A7308611

くり抜いた部分にヒートシンクを設置。
いやー、いちいちシイタケ作らなくていいのでめっちゃラクです。

s-A7308612

ここのスラスター、何故か分割構造じゃなかったので自作しました。
接続は2mm棒で。

s-A7308613

塗装する事を考えるとスラスターは2パーツ構成にして欲しいですね。
私は自作するのでいいですけど。

s-A7308621

弄った分スリッパが寂しいのでちょこっと追加ディテール。
プラ板貼るだけですけど塗るとしっくりくるんですよ。

s-A7308623

s-A7308631

上半身に負けなくなったかな??
全身のディテール量をある程度揃えたいので結構頭を悩ませます。

s-A7308641

ビームキャノンもデコってあげましょう。
簡単なプラ板工作です。

s-A7308642

バウナッターだけでも迫力が出るような雰囲気。
キャノンそのものは砲身付けただけなので火力は据え置き。

s-A7308643

この機体はバックショットの方が見どころが多い気がするんですよね。
展示会だと見えないのでクルクル回そうかな?
そうすると写真撮りにくいのが難点ですね。

s-A7308645

そろそろサフって揃えないとイメージ掴み切れないので洗浄。

s-A7308647

サフると見えてくるスジボリ。
同時に見えてくる失敗部分(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

s-A7308648

s-A7308649

裏面はトラスで塗り分けます。
めっちゃ面倒ですけどやらないと絶対に後悔するので。

s-A7308650

s-A7308651

グレーのツートンでシンプルですけど、上半身と揃えました。

s-A7308653

フレームはもう弄らないので艶消ししておきます。白い部分は筆塗りしました。

s-A7308656

当然のように要修正。
ま、許容範囲ですが...面倒なのは間違いない。

s-A7308657

きっちり修正できるまで何度でもやり直します。
大抵一回でいけますけど。

s-A7308658

そんな訳で下半身暫定。
もう出来た作品だから先に言っておきますが、
後でもう少し弄った部分もあります。

s-A7308659

いやー、しかし面倒なことをやったな・・・

A7R00619-2

これでようやくボディ全部に手が入りましたね。
でもこの動画シリーズ、全8回もあるのでまだ半分です(;´Д`)
長い長いよ・・・・
動画リアルタイムで見続けてくれた方にはもう感謝しかないです。
毎回毎回長いシリーズばかりで本当にすいません。

・・・でも拘ると長くなるのは必然なので(;^ω^)

では、今回はここまで!
ちょっと急ぎで次の製作記も書きたいなぁ・・・時間あるかな??