詩人/朗読家GOKU ことばのさきに、こえでこぎだす。

詩人/朗読家 GOKUの活動の告知。 レポート。人。所。日々。 そして詩。

あれよ星屑の第6巻を仕事帰りに。 いつも楽しみにしているマンガなのだけれど、 なんと7巻で完結らしい。 うわ、さみしい。 登場人物が、みーんな人間らしくて大好き。 物語の終わりに向けペンタッチも変化してきた。 徳太郎と門松の見てきた戦争って。 ...

時代という器に 注がれた暮らしという水 底が丸ければ丸くなり 底が四角なら四角になる 巨人が器を揺らし 暮らしは揺れる クロールと素潜りの方法を 魚だった頃の記憶を 反芻する 春の夕暮れ コウモリが器の外を 笑いながら飛ぶ ...

何も決めずに牧場に集合し、何も言わずに読み、ギターとハーモニカでセッション。それをそのまんま真空パックしたような音源。CDの方が、音圧というか空気感がよく閉じ込められているからぜひCDで聴いて欲しいです。 ...

中牧氏との自主稽古。 何かを掴んだかのような手応えを確かに感じたが、 まだ言葉には遠い。 ・お互いの呼吸を感じること。 ・のるかそるか、をその瞬間に判断しそれに従う。 ・なんちゃって古典演芸に挑むなんちゃって高校生。 ・公演は6月11日(日)、諏訪市にて。 ...

 3月31日。皆さんは予定がありますか? この日は僕にとって、名もなきオープンマイク0(ぜろ) VOL.112の日である以上に特別な日です。  名なしの0をはじめてからの10年、ずっとずっとお世話になってきたネオンホールの、 そのネオンホールの店長、小川 ...

このページのトップヘ