映画 - livedoor Blog 共通テーマ
アース - goo 映画



アース

1月23日映画館にて。


この映画は、子供ワンコインキャンペーンをやっていて五百円で見ることが出来る。
一緒に行った友人が、
「いっそ学校でやって、全校生徒に見せたらいいのに。」と言っていたが、そんな言葉に頷ける映画だった。


 ツンドラタイガ・・・
言葉で暗記の嫌いな地理も、よく分かる。
(だけど「永久凍土」なんて言葉を聞くと、私は「聖星矢」を連想しちゃうんだよね〜)

先程、タイガの針葉樹林の写真なんかを見ていたら、通りすがりの息子が、興味を持って覗きに来たので、この映画で得た知識を披露したりしてしまった。

雪がとけて、針葉樹林に濃い緑が戻る頃、地球全体の酸素濃度が濃くなる・・・
地球って凄い。
地球規模という言葉があるが、地球単位でものを考える発想が必要なのかも知れない。
地球上のあらゆる動物や鳥たちが、生きる術を求めて移動していく。
画面いっぱいの鳥の群れ、砂漠を行く象、山越えをする鳥、ザトウクジラの親子、
その画面に釘付けになる。

ゴクラクチョウの求愛など愛らしいシーンもあるが、やはり最後に心に残ったのは、陸地にたどり着く事のない海を、泳ぎ続けるホッキョクグマの姿だったと思う。