『宮〜Love in Palace』第7話エリック・クラプトン ジャパンツアー2006

2006年12月08日

『宮〜Love in Palace』第8話

宮8-1ああ、せっかくシンチェの間に温かい空気が流れ始めていたのにぃ・・・。シン君もチェギョンに歩み寄ってくれ始めてたのにぃ・・・
どんどんシン君の中で膨れていくチェギョン&ユル君への不審感。チェギョンはまだ恋愛初心者だから身の振り方が上手じゃないのだっ
恋愛経験者のシン君はあんなにヒョリンにまとわりついてるF3には妬いたりしたかったのかなぁ?ってか、ヒョリンがシン君一直線って感じだったから安心してたのかな

第8話『2人の王子の間で・・・』
里帰りから帰ってきたシンチェ。その間1部屋に一緒にいたからか2人とも各自の部屋でなんだか落ち着かないよぉ(*^m^)。チェギョンはシン君を恋しがって、シン君はチェギョンちでの出来事を恋しがってるみたい!
で、あの鳥の真似みたいなのは何のつもりなの、シン君(;^_^A?

結局部屋から出てきて一緒にベンチに並んで座るシンチェ。
オンマ達を恋しがるチェギョンとそんな経験なしなしのシン君。チェギョンの恋しがり方もかなり問題アリだし、全然恋しがらないシン君も問題アリな気がするけど・・・。
と、ここで背中を襲われた件について追求するシン君(笑)。でも、自分もあの日は変な気分で眠れなかったと健康男子ぶりをアピール!チェギョンにはイマイチ通じてなかったみたいだけど
宮8-2そこでナゼかチェギョンに再び背中に触るよう命令。そんなことしたら今夜も眠れなくなるよっ、シン君( ̄▽ ̄)!
と思ったら、絶妙なタイミングで現れるコン内官。1度ならず2度までも・・・。さすがにチェギョンの表情見てやっとピンと来たみたいだけど、時既に遅し、シン君の背中懐きチャンスタイムは終了してしまったようです。
しかし、背中に近づくとき何であんな顔になっちゃうの、チェギョン(。・・。)?

と、ここで大きなカットシーンが。チェギョン宅から帰ってきた報告を皇太后&皇帝&皇后に楽しそうに話すシン君。この時、チェギョンちの歯ブラシの話をするんです。歯ブラシの頭がみんな集まってて『まるで友達のようだった』と。
その報告の後皇后と話すシーンになります。このシーン丸っとカットだったから、前回の歯ブラシ見るシーンもカットだったんですねぇ〜。
www.youtube.com/watch?v=-ohg6X7hPmg (5"45位からです)

宮8-3親のことは恋しくないというシン君。皇后としての母親は恋しくないけど、5歳の時に失った『オンマ』に対しては恋しさを持ってるのかもしれないっ
いつもは封印してる恋しさだけど、チェギョン一家の様子を見て思わず言ってみたくなったのかなぁ?
このシン君がためらいながらも『オ、オンマ』って呼んでしまうシーン、ホント切ないシーンでした
外から見ると華やかで何不自由なく自信たっぷりに生きてるシン君だけど、その為に失ったモノや自制してるモノの大きさって計り知れない気がするのだっ。
すっかり意気消沈のシン君をなぐさめたのは、宮では全く頼りにならないハズのチェギョン。シン君を笑わす特命を見事にやり遂げたのでしたっ!!
5才で皇太孫になった時から誰も同じ目線で話してくれなかったシン君にとって、唯一普通に接してくれるチェギョンは少しずつシン君の中で大きな存在になっていくんだろーなー(o^-^o)。

宮8-4この頃からシン君のチェギョンへの態度が少しづつ変わってきてて、宮中のみんながチェギョンが自転車に乗ることに反対してもフォローしてあげたり(2人の服のコーディネートっぷりがカワイイのだ!)、その年の予算には組まれてなかった皇太子妃専用車だって用意してあげたり。
カットされていますが、実は美術科のチェギョンはシン君と同じ時間に登校しなくてよくなり、別々に学校に行くことを提案したのを受けての配慮だったんです。
http://www.youtube.com/watch?v=iojdvPvowrU (これまた5"45位からです)

せっかく良い感じになってきたシンチェなのに彼等を取り巻く周囲は2人の中を邪魔したくてしょーがないみたいっ
ヒョリンにいたってはユル君オンマの入れ知恵もあって『カミラ方式』ってことでチェギョンも含めた家族ぐるみで親しくしながらシン君を奪う計画立ててるみたいだし・・・。シン君が早くそのことに気付いてくれるといいんだけど

そのシン君、珍しく勉強をサボって屋根裏部屋で外国の風景写真を見ています。『大きな空はいつもあなたの背中にある』こう書かれたこの写真、留学してるシン君ヌナが送ってくれたモノなのかな?
外国に行く機会は多くても、気軽な旅行では行くことが難しい立場のシン君。1人になって『羽ばたきたい』って思いを馳せたり、気を抜いたりする時間がたまには必要よねっ。
でも、シン君の秘密の場所があっという間にチェギョンにバレてるよぉ。これで共有の秘密の場所になっちゃった^^!2人の間に秘密が増えるってなんだかステキ!1人の秘密はあんまりない方がいいもんね。
ってことで、シン君の持ってる沢山の秘密の中から、チェギョンが今回1つだけ聞き出せたこと。それはシン君が宮でいつも一緒にいるテディベアのこと。でもまたしてもコン内官邪魔(?)が入って『アルフレッド』っていう名前しか聞き出せなかったけど

宮8-52回連続でお邪魔虫状態のコン内官。でも、今回は2人のスキンシップに貢献したから全然OKなのだ!!シン君の居場所を知らせようとしたチェギョンを止めようとするシン君。勢い余って押し倒し状態なんですけどっオオーw(*゚o゚*)w。
チェギョンなんかすっかり『早く次の段階へっ!!』なーんて脳内でつぶやいてるし(笑)。とっととどかない所を見るとシン君も頭の中でぐるぐる次の展開を想像しちゃったんだと思う(笑)。
なのに、ヒョリンからのでまたまたちょっとギクシャクするシンチェ。さすが恋敵、何かシンチェが進展しそうな予感でもしたのかしらん

というわけで乗馬クラブに顔を出すシンチェ。でも、ここには2人の間を裂きたくてしょうがないヒョリン&ユル君も待ちかまえてるのよねぇ〜。ヒョリン、乗馬とヨガばっかりやってるように見えるけどバレエの練習しなくていいの(私って小姑!?)?。
なんだか思い込みの激しいこの2人。ヒョリンはシン君が皇太子なんてやりたくなくて、皇太子を辞めたらチェギョンとの結婚も無効になるって思いこんでるし、ユル君はユル君でシン君はチェギョンよりヒョリンのことを愛してて、チェギョンに振り向くことはないって思いこんでるし┐( -"-)┌ヤレヤレ...。夫婦なんだし、一緒に生活して同じモノ眺めたり同じ事体験したりすると少しづつ関係も変わってくるのになぁ・・・。

シン君はなんだかかなりヒョリンのこと割り切れてるみたい。ヒョリンが近寄ってきても毅然と振る舞ってます。
一方チェギョンは・・・ユル君にシン君の心は別の所=ヒョリンにあるって言われて落ち込んでます。ユル君、一体どんな確証があってここまで言い切るんだろ
でもこの2人でいる様子を下から見上げたシン君の表情がちょっと曇っちゃった。シン君はチェギョンとユル君が一緒にいることを快く思ってないモンね。このことにチェギョンが早く気が付くといいんだけど・・・。

宮8-6そしてシン君の怒りがMAXに達する出来事が!
再び騎馬打毬をするシン君とユル君。この時接触して2人とも落馬してしまうんだけど、それを目撃したチェギョンはシン君に駆け寄らずユル君に駆け寄ってしまったのだ〜
ま、一応『シン君の元に職員みんなが駆け寄ってユル君のところには誰も来なかった』状態を見てしまい、やさしさからでた行動だったんだけど・・・。
宮8-7その後もシン君のことはお付きの人に任せてユル君とお喋りしてるチェギョンの姿を見てしまったシン君。『ダメだ。そいつはダメだ』と呟くシン君が可哀想なのだ。
部屋で1人深いため息のシン君。アルフレッドもシン君と同じように手に包帯巻いてるよぉ〜。チェギョン、今シン君にはチェギョンが必要なんだよぉ。卵投げつけられ事件の時学んだんじゃなかったっけ?

落ち込んでたシン君、なんだかそれが怒りに変わってしまったみたいです。そしてまずいことにヒョリンを恋しがってる兆候も・・・
乗馬クラブでの2ショット目撃や、自分も知らない『反射』攻撃をユル君は知ってたりとか、今までのことが一気に吹き出してしまったのかも・・・。

体調の良くない皇帝に変わってタイを訪問することになったシン君
チェギョンの同行を断ったのはチェギョンに対して怒ってたのもあるけど、シン君がタイに訪問中に来韓予定のウィリアム王子の対応を『ユル君に任せるという話が出てる』という皇后の言葉を聞いちゃったからなのね。チェギョンの皇太子妃としての存在を皇后をはじめ内外にちゃんと示す為のような気がしたのだ。

頑ななシン君はチェギョンと口をきかないままタイに出かけてしまったけど・・・帰ってくるまでに機嫌直ってるといいなぁ〜

To be continued宮〜Love in Palace』第9話

nanatv at 01:23│Comments(2)TrackBack(1)宮 -クン- 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『宮(クン)〜ラブインパレス〜』8話みましたぁ!  [ 韓ドラのたまり場 ]   2006年12月27日 01:35
『宮〜ラブインパレス〜』8話 ...........『2人の王子の間で・・・』 チェギョンの実家から宮廷に戻った2人、お出迎えはユン内官&チェ尚宮&女官2人の計4人でした。ユン内官『お二人の留守中宮殿中の明かりが消えたようでした』...続いてチェ尚宮『私達も同感です......

この記事へのコメント

1. Posted by 埼玉ばな奈   2006年12月10日 10:59
おはようございます

金曜日(本当は土曜日か)の真夜中に録画ビデオを観て、acquaさんの楽しいレビューを読んで、カットシーンを観て、そして翌日再び二度目を観て…。

‘あの年の暮れ’の二の舞状況に。あの年、〈室長に〉恋してしまった私は年末の家事がはかどらなくてはかどらなくて。あーあ、今年もまた…
2. Posted by acqua   2006年12月11日 01:37
あんにょん
おお、すっかり宮中毒ですねっ^^!私も『サムスン』と『宮』は嵌りまくりました
最近だいぶ落ち着いてきたけど

これからますます出演者達が魅力的になってくるんだけど、埼玉ばな奈ニムの嵌りっぷりが楽しみでしょーがありませんっo(^▽^)o!
来月公開の『夏物語』のビョンビョンにどーんと堕ちる前の一時に(笑)もってこいですよんっ(* ̄0 ̄) !!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『宮〜Love in Palace』第7話エリック・クラプトン ジャパンツアー2006