ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問4 0 貫流ボイラー(小型ボイラーを除く。) の附属品について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )過熱器には、ドレン抜きを備えなければならない。
( 2 )ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量の安全弁を、ボイラー本体ではなく過熱器の入口付近に取り付けることができる。
( 3 )給水装置の給水管には、給水弁を取り付けなければならないが、逆止め弁は取り付けなくてもよい。
( 4 )起動時にボイラー水が不足している場合及び運転時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。
( 5 )吹出し装置は、設けなくてもよい。


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問2 0 鋳鉄製ボイラー(小型ボイラーを除く。) に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )蒸気ボイラーには、スケールその他の沈殿物を排出することができる吹出し管であって、吹出し弁又は吹出しコックを取り付けたものを備えなければならない。
( 2 )温水ボイラーで圧力が0.3 MPaを超えるものには、温水温度が120 ℃ を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。
( 3 )温水ボイラーには、逃がし管を備えたものを除き、ボイラー本体又は温水の出口付近に水高計又は圧力計を取り付けなければならない。
( 4 )給水が、水道その他圧力を有する水源から供給される場合には、給水管を返り管に取り付けなければならない。
( 5 )暖房用温水ボイラーには、原則として逃がし弁を備えなければならないが、内部の圧力を最高使用圧カ以下に保持することができる開放型膨張タンクに通ずる逃がし管を備えたものでは、備えなくてもよい。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問3 9 鋼製ボイラー(貫流ボイラー及び小型ボイラーを除く。) の安全弁について、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )ボイラー本体の安全弁は、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付け、かつ、弁軸を鉛直にしなければならない。
( 2 )伝熱面積が50屬鯆兇┐訃気ボイラーには、安全弁を2個以上備えなければならない。
( 3 )水の温度が120 ℃を超える温水ボイラーには、安全弁を備えなければならない。
( 4 )過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の温度を設計温度以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。
( 5 )過熱器用安全弁は、胴の安全弁より後に作動するように調整しなければならない。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 9 鋼製蒸気ボイラー(貫流ボイラー及び小型ボイラーを除く。) の水面測定装置に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )ボイラーには、ガラス水面計を2個以上取り付けなければならないが、遠隔指示水面測定装置を1個取り付けたものでは、そのうち1個をガラス水面計でない水面測定装置とすることができる。
( 2 )水柱管とボイラーを結ぶ蒸気側連絡管を、水柱管及びボイラーに取り付けるロは、水面計で見ることができる最高水位より下であってはならない。
( 3 )最高使用圧力 1.6 MPaを超えるボイラーの水柱管は、鋳鉄製としてはならない。
( 4 )ガラス水面計でない水面測定装置として験水コッ クを設ける場合には、3個以上取り付けなければならないが、胴の内径が750 mm以下で、かつ、伝熱面積が10 未満のボイラーにあっては、その数を2個とすることができる。
( 5 )ガラス水面計は、そのガラス管の最下部が安全低水面を指示する位置に取り付けなければならない。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問3 8 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の次の部分又は設備を変更しようとするとき、法令上、ボイラー変更届 を所轄労働基準監督署長に提出する必要のないものはどれか。
ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。


( 1 )煙管 
( 2 )節炭器(エコノマイザ)  
( 3 )鏡板
( 4 )管板
( 5 )管寄せ

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 8 鋼製蒸気ボイラー(小型ボイラーを除く。) の自動給水調整装置等に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )自動給水調整装置は、ボイラーごとに設けなければならないが、最高使用圧力I MPa以下のボイラー では、2以上のボイラーに共通のものを1個設けることができる。
( 2 )低水位燃料遮断装置とは、ボイラーの起動時に水位が安全低水面以下である場合及び運転時に水位が
( 3 )ボイラーの使用条件により運転を緊急停止することが適さないボイラーでは、低水位燃料遮断装置に代えて、低水位警報装置を設けることができる。
( 4 )燃料の性質又は燃焼装置の構造により、緊急遮断が不可能なボイラーでは、低水位燃料遮断装置に代えて、低水位警報装置を設けることができる。
( 5 )貫流ボイラーには、ボイラーごとに、起動時にボイラー水が不足している場合及び運転時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ