ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 9 ボイラーの圧力制御機器について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )比例式蒸気圧力調節器は、一般にコントロールモータとの組合せにより、比例動作によって蒸気圧力の調節を行う。
( 2 )比例式蒸気圧力調節器では、比例帯の設定を行う。
( 3 )オンオフ式蒸気圧力調節器(電気式)は、蒸気圧力によって伸縮するべローズがスイッチを開閉し燃焼を制御する装置で、ボイラー本体に直接取り付ける。
( 4 )蒸気圧力制限器は、ボイラーの蒸気圧力が異常に上昇した場合に、直ちに燃料の供給を遮断するものである。
( 5 )蒸気圧力制限器には、一般にオンオフ式圧力調節器が用いられている。


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問9 温度検出器に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )バイメタル式温度検出器は、熱膨張率の異なる2 種類の薄い金属板を張り合わせたバイメタルにより、接点をオンオフするもので、振動により誤差が出ることがあるが、直動式のため応答速度が速い。
( 2 )溶液密封式温度検出器は、感温体内の揮発性液体の温度変化による膨張・収縮を利用して、べローズなどにより接点をオンオフするものである。
( 3 )保護管を用いて溶液密封式温度検出器の感温体をボイラー本体に取り付ける場合は、保護管内にシリコングリスなどを挿入して感度を良くする。
( 4 )測温抵抗体は、金属の電気抵抗が温度変化によって一定の割合で変化する性質を利用して、温度を測定するもので、使用する金属には、温度に対する抵抗変化が一定であること、温度係数が大きいことなどの要件が必要である。
( 5 )熱電対は、2種類の材質の異なる金属線の両端を接合し閉回路を作ったもので、両端で温度差が生じると回路中に、その金属固有の熱起電力が発生する原理を利用して、温度を測定するものである。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 8 ボイラーの給水系統装置について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )ボイラーに給水する遠心ボンプは、多数の羽根を有する羽根車をケーシング内で回転させ、遠心作用により水に水圧及び速度エネルギーを与える。
( 2 )渦巻ボンプは、羽根車の周辺に案内羽根のない遠心ボンプで、一般に低圧のボイラーに用いられる。
( 3 )ディフューザボンプは、羽根車の周辺に案内羽根のある遠心ボンプで、高圧のボイラーには多段ディフューザボンプが用いられる。
( 4 )渦流ボンプは、羽根車の周辺に案内羽根のある遠心ボンプで、低圧のボイラーに用いられる。
( 5 )ボイラー又はエコノマイザの入口近くには、給水弁と給水逆止め弁を設ける。


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ






続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問 8 ボイラーの附属品及び附属装置に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )沸水防止管は、大径のパイプの上面の多数の穴から蒸気を取り入れ、蒸気流の方向を変えることによって水滴を分離する装置である。
( 2 )バケット式蒸気トラップは、ドレンの存在が直接トラップ弁を駆動するので、作動が迅速・確実で信頼性が高い。
( 3 )主蒸気管の配置に当たっては、曲がり部に十分な半径をもたせ、ドレンのたまる部分がないように傾斜をつけるとともに、要所に蒸気トラップを設ける。
( 4 )給水内管は、一般に長い鋼管に多数の穴を設けたもので、胴又は蒸気ドラム内の安全低水面よりやや 下方に取り付ける。
( 5 )ボイラー水の濃度を管理値の範囲内で一定に保つための連続プロー装置のプロー管は、胴又は水ドラムの底部に設けられる。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 7 ボイラーに空気予熱器を設置した場合の利点に、該当しないものは次のうちどれか。

( 1 )ボイラー効率が上昇する。
( 2 )燃焼状態が良好になる。
( 3 )炉内伝熱管の熱吸収量が多くなる。
( 4 )水分の多い低品位燃料の燃焼効率が上昇する。
( 5 )通風抵抗が増加する。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 7 過熱蒸気温度の調節法として、誤っているものは次のうちどれか。
 

( 1 )給水の一部を過熱低減器に注入し、過熱蒸気を減温して、温度を調節する。
( 2 )過熱器に入る蒸気の乾き度を変えて、蒸気温度を調節する。
( 3 )過熱蒸気の一部を、ボイラー水中に配置された熱交換器に通して減温し、温度を調節する。
( 4 )過熱器を通過する燃焼ガス量を変えて、蒸気温度を調節する。
( 5 )バーナの噴射角度を上下し、過熱器入口の燃焼ガス温度を変えて、蒸気温度を調節する。
 

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ