ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

問2 2 燃料の分析及び性質について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には成分分析が、気体燃料には元素分析が用いられる。
( 2 )燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃エ始める最低の温度を、着火温度という。
( 3 )発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。
( 4 )低発熱量は、高発熱量から水蒸気の潜熱を差し引いた発熱量で、真発熱量ともいう。
( 5 )高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 2 液体燃料に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )重油の密度は、その温度条件を付して、t ℃における密度を「密度( t ℃ )」と表す。
( 2 )重油は、密度が大きいものほど燃焼性は悪いが、単位質量当たりの発熱量は大きい。
( 3 )重油の密度は、温度が上がるほど小さくなる。
( 4 )燃料中の炭素・水素の質量比( c /H比)は、燃焼性を示す指標の一つで、 これが大きい重油ほど すす を生じやすい。
( 5 )重油の引火点は、実際は平均100 ℃前後で、着火点 は250 〜400 ℃程度である。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

〔燃料及び燃焼に関する知識〕

問2 1 次の文中の(  )内に入れるAからcまでの語句の組合せとして、正しいものは( 1 ) 〜( 5 )のうちどれか。
「燃料の工業分析では、( A )を気乾試料にして、水分、灰分及び( B )の質量を測定し、残りを( C )とみなす。」


   A          B      C

( 1 )固体燃料   固定炭素   揮発分
( 2 )固体燃料     揮発分    固定炭素
( 3 )液体燃料   揮発分    炭素分
( 4 )液体燃料   炭素分    揮発分
( 5 )気体燃料     揮発分               炭素分

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

一級ボイラー技士試験B
〔燃料及び燃焼に関する知識〕

問1 燃料の分析及び性質に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )液体燃料に小火炎を近づけたとき、瞬間的に光を放って燃え始める最低の温度を引火点という。
( 2 ) 組成を示すときに、通常、液体燃料及び固体燃料には元素分析が、気体燃料には成分分析が用いられる。
( 3 )高発熱量は、水の蒸発潜熱を含めた発熱量で、通常、熱量計による測定値は高発熱量である。
( 4 )断熱熱量計による燃料の発熱量の測定は、水槽中に沈めた耐圧容器内で燃料を完全燃焼させたときの発生熱量を、水槽内の水の温度上昇から算出するも のである。
( 5 )高発熱量と低発熱量の差は、燃料中の炭素及び酸素の割合で決まる。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

問2 0 ボイラーのガラス水面計の機能試験を行う時期として、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )点火前に残圧がない場合は点火直前。
( 2 )二組の水面計の水位に差異を認めたとき。
( 3 )ガラス管の取替えなどの補修を行ったとき。
( 4 )取扱い担当者が交替し次の者が引き継いだとき。
( 5 )プライミングやホーミングが生じたとき。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問2 0ボイラーの腐食、劣化及び損傷に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )苛性ぜい化は、管と管穴の間などの狭い隙間にボイラー水が浸入し、濃縮されてアルカリ濃度が高くなったときに、金属面の結晶粒界に割れが生じる現象である。
( 2 )圧壊は、円筒又は球体の部分が外側からの圧力に耐えきれずに急激に押しつぶされて裂ける現象で、過熱された炉筒上面などに生じる。
( 3 )グルービングは、不連続な溝状の腐食で、主として水に溶存する二酸化炭素の作用により生じる。
( 4 )膨出は、火炎に触れる水管などが過熱されて強度が低下し、内部の圧力に耐えきれずに外側へ膨れ出る現象である。
( 5 )鋳鉄製ボイラーのセクションに割れが生じる原因は、無理な締付け、不均一な加熱、急熱急冷による不同膨張などである。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ