ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

問2 4 油だきボイラーにおける重油の加熱について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )粘度の低い重油は、噴霧に適した粘度にするため加熱する。
( 2 )C重油の加熱温度は、一般に80 〜105 ℃である。
( 3 )加熱温度が高すぎると、いきづき燃焼となる。
( 4 )加熱温度が高すぎると、バーナ管内で油が気化し、べーパロックを起こす。
( 5 )加熱温度が低すぎると、霧化不良となり、燃焼が不安定となる。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ
続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 4 石炭に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )石炭が炉内で加熱されると、まず揮発分が放出され、長炎となって燃焼する。
( 2 )石炭を火格子上で燃焼させるとき、揮発分が放出 された後に残るのが「おき」で、これは固定炭素が燃焼しているものである。
( 3 )固定炭素は、石炭の主成分をなすもので、石炭化度の進んだものほど多い。
( 4 )石炭化度が低い石炭は、揮発分が少なく、ガスの放出量が少ないため発熱量は小さい。
( 5 )無煙炭は、最も石炭化度の進んだ石炭で、燃焼速度が遅いため燃焼滞留時間を長くする必要がある。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

問2 3 重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )重油の密度は、温度が上昇すると減少する。
( 2 )密度の小さい重油は、密度の大きい重油より一般に引火点が低い。
( 3 )重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
( 4 )重油の粘度は、温度が上昇すると低くなる。
( 5 )C重油は、A重油より単位質量当たりの発熱量が大きい。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 3 ボイラー用気体燃料に関し、誤っているものは次の うちどれか。

( 1 )気体燃料は、燃料中の硫黄分及び灰分が少なく、伝熱面や火炉壁を汚染することがほとんどない。
( 2 )ガス火炎は、油火炎に比べて輝度が高く、燃焼室での輝炎による放射伝熱量が多く、管群部での対流伝熱量が少ない。
( 3 )天然ガスのうち乾性ガスは、可燃成分のほとんどがメタンで、その発熱量は湿性ガスより小さい。
( 4 ) LNGは、液化前に脱硫・脱炭酸ブロセスで精製するため、CO2、N2、H2Sなどの不純物を含まない。
( 5 ) LPGは、硫黄分がほとんどなく、空気より重く、その発熱量は天然ガスより大きい。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

問2 2 燃料の分析及び性質について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )組成を示す場合、通常、液体燃料及び固体燃料には成分分析が、気体燃料には元素分析が用いられる。
( 2 )燃料を空気中で加熱し、他から点火しないで自然に燃エ始める最低の温度を、着火温度という。
( 3 )発熱量とは、燃料を完全燃焼させたときに発生する熱量をいう。
( 4 )低発熱量は、高発熱量から水蒸気の潜熱を差し引いた発熱量で、真発熱量ともいう。
( 5 )高発熱量と低発熱量の差は、燃料に含まれる水素及び水分の割合によって決まる。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 2 液体燃料に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )重油の密度は、その温度条件を付して、t ℃における密度を「密度( t ℃ )」と表す。
( 2 )重油は、密度が大きいものほど燃焼性は悪いが、単位質量当たりの発熱量は大きい。
( 3 )重油の密度は、温度が上がるほど小さくなる。
( 4 )燃料中の炭素・水素の質量比( c /H比)は、燃焼性を示す指標の一つで、 これが大きい重油ほど すす を生じやすい。
( 5 )重油の引火点は、実際は平均100 ℃前後で、着火点 は250 〜400 ℃程度である。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ