ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問3 7 ボイラーの取扱いの作業について、法令上、ボイラー取扱作業主任者として二級ボイラー技士を選任できるボイラーは、次のうちどれか。
ただし、他にボイラーはないものとする。


( 1 )伝熱面積が25屬領てボイラー
( 2 )伝熱面積が25屬涼鯏汗従気ボイラー
( 3 )伝熱面積が40屬涼鯏汗讐洪絅椒ぅ蕁
( 4 )伝熱面積が200屬隆嗄ボイラー
( 5 )最大電力設備容量が500kWの電気ボイラー

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 7 鋼製ボイラー(小型ボイラーを除く。) の安全弁に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )貫流ボイラー以外の蒸気ボイラーのボイラー本体の安全弁は、弁軸を鉛直にして、ボイラー本体の容易に検査できる位置に直接取り付けなければならない。
( 2 )貫流ボイラーに備える安全弁については、当該ボイラーの最大蒸発量以上の吹出し量のものを過熱器の出口付近に取り付けることができる。
( 3 )過熱器には、過熱器の出口付近に過熱器の圧力を設計圧力以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。
( 4 )引火性蒸気を発生する蒸気ボイラーにあっては、安全弁を密閉式の構造とするか、又は安全弁からの 排気をボイラー室外の安全な場所へ導くようにしなければならない。
( 5 )水の温度が120 ℃ を超える温水ボイラーには、内部の圧力を最高使用圧力以下に保持することができる安全弁を備えなければならない。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問3 6 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の附属品の管理のため行わなければならない事項として、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )圧力計の目もりには、ボイラーの最高使用圧力を示す位置に、見やすい表示をすること。
( 2 )蒸気ボイラーの最高水位は、ガラス水面計又はこれに接近した位置に、現在水位と比較することができるように表示すること。
( 3 )水高計は、使用中その機能を害するような振動を受けることがないようにし、かっ、その内部が凍結し、又は80 ℃以上の温度にならない措置を講ずること。
( 4 )燃焼ガスに触れる給水管、吹出管及び水面測定装置の連絡管は、耐熱材料で防護すること。
( 5 )逃がし管は、凍結しないように保温その他の措置を講ずること。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 6 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の変更届及び変更検査に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。 ただし、計画届の免除認定を受けていない場合とする。

( 1 )ボイラーの水管を変更しようとする事業者は、ボイラー変更届にボイラー検査証及び変更の内容を示す書面を添えて、所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。
( 2 )ボイラーの空気予熱器を変更しようとする事業者 は、ボイラー変更届を所轄労働基準監督署長に提出する必要はない。
( 3 )ボイラーの管寄せに変更を加えた者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたボイラーを除き、変更検査を受けなければならない。
( 4 )所轄労働基準監督署長は、変更検査に合格したボイラーについて、そのボイラー検査証に検査期日、変更部分及び検査結果について裏書を行う。
( 5 )変更検査に合格しても、ボイラー検査証の有効期間は更新されない。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問3 5 ボイラー(移動式ボイラー及び小型ボイラーを除く。) に関する次の文中の(   )内に入れるAからCまでの語句の組合せとして、法令上、正しいものは ( 1 ) 〜 ( 5 )のうちどれか。

「ボイラーを設置した者は、所轄労働基準監督署長が検査の必要がないと認めたものを除き、.椒ぅ蕁次↓▲椒ぅ蕁室次↓ボイラー及びその( A )の配置状況、ぅ椒ぅ蕁爾痢福   吠造咾貿馨銅宍擇啀貽擦旅渋い砲弔い董◆福。叩 妨〆困鮗けなければならない。」

      A      B    C

( 1 )自動制御装置   通風装置  落成
( 2 )自動制御装置   据付基礎  使用
( 3 )配管       据付基礎  落成
( 4 )配管       附属設備  落成
( 5 )配管       据付基礎  使用

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 1 5 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の定期自主検査に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )定期自主検査は、1か月をこえる期間使用しない場合を除き、1か月以内ごとに1回、定期に、行わなければならない。
( 2 )定期自主検査は、大きく分けて、「ボイラー本体」、「燃焼装置」、「自動制御装置」及び「附属装置及び附属品」の4項目について行わなければならない。
( 3 )「自動制御装置」の電気配線については、損傷の有 無及び作動の状況について点検しなければならない。
( 4 )「附属装置及び附属品」の空気予熱器については、損傷の有無について点検しなければならない。
( 5 )定期自主検査を行ったときは、その結果を記録し、これを3年間保存しなければならない。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ