ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月) 

問1 6 ボイラー水位が安全低水面以下に異常低下する原因となる事項として、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )気水分離器が閉塞している。
( 2 )不純物により水面計が閉塞している。
( 3 )吹出し装置の閉止が不完全である。
( 4 )蒸気を大量に消費した。
( 5 )給水弁の操作を誤って閉止にした。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ



続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 6 ボイラーのスートブローに関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )スートブローは、主としてボイラーの水管外面などに付着する すすの除去を目的として行う。
( 2 )スートブローの蒸気は、ドレンを含んだものを用いる。
( 3 )スートブローは、最大負荷よりやや低い負荷のところで行う。
( 4 )スートブローは、一箇所に長く吹き付けないようにして行う。
( 5 )スートブロワが複数の場合は、原則として燃焼ガスの流れに沿って上流側からスートブローを行う。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問1 5 ボイラー水の間欠吹出しについて、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )炉筒煙管ボイラーの吹出しは、ボイラーを運転する前、運転を停止したとき又は燃焼が軽く負荷が低いときに行う。
( 2 )鋳鉄製蒸気ボイラーのボイラー水の一部を入れ替える場合は、燃焼をしばらく停止しているときに吹出しを行う。
( 3 )水冷壁の吹出しは、運転中に行ってはならない。
( 4 )吹出し弁を操作する者が水面計の水位を直接見ることができない場合は、水面計の監視者と共同で合図しながら吹出しを行う。
( 5 )吹出し弁が直列に2個設けられている場合は、漸開弁を先に開き、次に急開弁を開いて吹出しを行う。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問1 5 ボイラーのばね安全弁の調整及び試験に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80 % 程度まで下げ、調整ボルトを締めて、再度、試験をする。
( 2 )ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他の1個を最高使用圧力の3 % 増以下で作動するように調整することができる。
( 3 )過熱器用安全弁は、過熱器の焼損を防ぐため、ボイラー本体の安全弁より先に作動するように調整する。
( 4 )最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合で、各ボイラーの安全弁をそれぞれの最高使用圧力に調整したいときは、圧力の高いボイラー側に蒸気逆止め弁を設ける。
( 5 )安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75 % 以上の圧力で行う。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 4 次のうち、ボイラー水の脱酸素剤として使用される薬剤のみの組合せはどれか。


( 1 )塩化ナトリウム     りん酸ナトリウム
( 2 )りん酸ナトリウム    タンニン
( 3 )亜硫酸ナトリウム    炭酸ナトリウム
( 4 )炭酸ナトリウム    りん酸ナトリウム
( 5 )亜硫酸ナトリウム   タンニン


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 4 ボイラーの水面計及び圧力計の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )運転開始時の水面計の機能試験は、残圧がある場合は圧力が上がり始めたときに行い、残圧がない場合は点火直前に行う。
( 2 )水面計を取り付ける水柱管の水側連絡管は、ボイラー本体から水柱管に向かって下がり勾配となる配管を避ける。
( 3 )水面計が水柱管に取り付けられている場合、連絡管の途中にある止め弁は全開にし、弁のハンドルを 取り外しておく。
( 4 )圧力計のサイホン管の垂直部にはコックを取り付 け、ハンドルが管軸と同じ方向のときにコックが開くようにする。
( 5 )圧力計は、原則として毎年1回、圧力計試験機による試験を行うか、試験専用の圧力計を用いて比較 試験を行う。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ