ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 3 ボイラーの運転を停止し、ボイラー水を全部排出する場合の措置として、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )運転停止のときは、ボイラーの水位を常用水位に保つように給水を続け、蒸気の送り出しを徐々に減少する。
( 2 )運転停止のときは、燃料の供給を停止し、十分換気してからファンを止める。
( 3 )運転停止後は、ボイラーの蒸気圧力がないことを確かめた後、給水弁及び蒸気弁を閉じる。
( 4 )給水弁及び蒸気弁を閉じた後は、ボイラー内部が真空にならないように、空気抜き弁を開いて空気を送り込む。
( 5 )ボイラー水の排出は、ボイラー水がフラッシュしないように、ボイラー水の温度が100 ℃以下になってから吹出し弁を開いて行う。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 3 ボイラーの燃焼の異常に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )不完全燃焼による未燃のすす が、燃焼室以外の燃焼ガス通路で燃焼することがあり、これを「スートファイヤ」という。
( 2 )燃焼中に、燃焼室又は煙道内で連続的な低周波のうなりを発する現象を「かまなり」という。
( 3 )「かまなり」の原因としては、燃焼によるもの、ガスの偏流によるもの、渦によるものなどが考えられる。
( 4 )火炎が息づく原因としては、燃料油圧や油温の変動、燃料調整弁や風量調節用ダンパのハンチングなどが考えられる。
( 5 )火炎が長すぎる場合は、空気の過剰、燃料と空気の撹拌(かくはん)不良、バーナノズル部の不良などが考えられる。


★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 2 ボイラーのたき始めに燃焼量を急激に増加させてはならない理由として、適切なものは次のうちどれか。

( 1 )高温腐食を起こさないため。
( 2 )ホーミングを起こさないため。
( 3 )スートファイヤを起こさないため。
( 4 )ウォータハンマを起こさないため。
( 5 )ボイラー本体の不同膨張を起こさないため。


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問1 2 ボイラーにおけるキャリオーバに関し、誤っている ものは次のうちどれか。

( 1 )キャリオーバは、蒸気室負荷が大きいと生じやすい。
( 2 )シリカは、蒸気圧力が高いほど、また、ボイラー水中のシリカ濃度が高いほど飽和蒸気に溶解しやすい。
( 3 )プライミングやホーミングが急激に生じると、水位が上がったものと水位制御装置が認識し、低水位事故を起こすおそれがある。
( 4 )キャリオーバが生じ、過熱器にボイラー水が入ると、蒸気温度が低下したり、過熱器管が焼損することがある。
( 5 )ホーミングが生じたときは、主蒸気弁を全開にしてボイラー内の泡立ちを早くなくすようにする。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ



続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 1 ボイラーのばね安全弁及び逃がし弁の調整及び試験について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )安全弁の調整ボルトを定められた位置に設定した 後、ボイラーの圧力をゆっくり上昇させて安全弁を 作動させ、吹出し圧力及び吹止まり圧力を確認する。
( 2 )ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他の1個を最高使用圧力の3 % 増以下で作動するように調整することができる。
( 3 )エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。
( 4 )最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合、各ボイラーの安全弁は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。
( 5 )安全弁の手動試験は、常用圧力の75 % 以下の圧力で行う。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

〔ボイラーの取扱いに関する知識〕

問1 1 ボイラーの運転中の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。


( 1 )二組の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。
( 2 )水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉 まっているか又は水側連絡管に詰まりが生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。
( 3 )燃焼量を増すときは、空気量を先に増してから燃料供給量を増す。
( 4 )炉筒煙管ボイラーの安全低水面は、煙管最高部より炉筒が高い場合は、煙管最高部の上75mmの位置とする。
( 5 )給水ボンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視 し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときは、給水管路が詰まっていないか調べる。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ