ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

〔関係法令〕

問3 1 ボイラー(小型ボイラーを除く。) の定期自主検査における項目と点検事項との組合せとして、法令上、誤っているものは次のうちどれか。


             項目               点検事項

( 1 )燃料送給装置・・・・損傷の有無
( 2 )火炎検出装置・・・・機能の異常の有無
( 3 )燃料しや断装置・・・機能の異常の有無
( 4 )圧力調節装置・・・・つまり又は損傷の有無
( 5 )水処理装置・・・・・機能の異常の有無

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

〔関係法令〕

問1 1 伝熱面積の算定方法に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )水管ボイラーの伝熱面積には、過熱器の面積は算入しない。
( 2 )水管ボイラーの水管 (ひれ、スタッド等がなく、耐火れんが等でおおわれた部分がないものに限る。) の伝熱面積は、水管の外径側の面積で算定する。
( 3 )水管ボイラーの耐火れんがでおおわれた水管の伝熱面積は、管の外側の壁面に対する投影面積で算定する。
( 4 )水管ボイラーの伝熱面積には、ドラムの面積は算入しない。
( 5 )水管ボイラーの エコノマイザの伝熱面積は、外径側の面積で算定する。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問3 0 ボイラーの通風について、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )炉及び煙道を通して起こる空気及び燃焼ガスの流れを、通風という。
( 2 )煙突によって生じる自然通風力は、煙突の高さが高いほど大きくなる。
( 3 )押込通風は、一般に常温の空気を取り扱い、所要動力が小さいので広く用いられている。
( 4 )誘引通風は、比較的高温で体積の大きな燃焼ガスを取り扱うので、炉内の気密が不十分であると燃焼ガスが外部へ漏れる。
( 5 )平衡通風は、燃焼調節が容易で、通風抵抗の大きなボイラーでも強い通風力が得られる。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問1 0 ボイラーの熱損失に関し、誤っているものは次のうちどれか。


( 1 )不完全燃焼ガスによる損失は、燃焼ガス中にCO2などの未燃ガスが残ったときの損失である。
( 2 )ボイラー周壁からの放散熱損失は、ボイラーの容量が大きいほどその割合は小さい。
( 3 )燃えがら中の未燃分による損失は、油だき及びガスだきでは、ほぼゼロであるが、石炭の火格子燃焼では10 %に及ぶものがある。
( 4 )ボイラーの熱損失には、蒸気や温水の放出による損失も含まれる。
( 5 )空気比を小さくして完全燃焼させることは、排ガス熱による熱損失を小さくするために有効である。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問2 9 ボイラーの熱損失のうち、一般に最も大きなものは次のうちどれか。

( 1 )不完全燃焼ガスによる損失
( 2 )燃えがら中の未燃分による損失
( 3 )吹出しによる損失
( 4 )排ガス熱による損失
( 5 )ドレンによる損失


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 9 ボイラーの燃料の燃焼により発生するばいじんに関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )燃料を燃焼させる際に発生する固体微粒子には、すす とダストがある。
( 2 )ダストは、燃焼反応が冷却などにより中断されたり、酸素が十分に供給されなかったりして、分解した炭素がそのまま遊離炭素として残存したものである。
( 3 )ばいじんは、燃焼条件によって発生量が大きく変化するが、この燃焼条件は、燃料の性状、初期撹拌条件及び火炉条件に大別される。
( 4 )ばいじん発生の抑制には、空気比を適切に保ち燃料と燃焼空気との混合を良好にすること、燃焼温度を高く保つこと及び焼滞留時間を長く保つことが必要である。
( 5 )ばいじんは、慢性気管支炎の発症率に大きな影響を与える。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ