ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

ボイラー試験ーあなたの 合否を判定 します
短期に楽々合格! 信頼の受験用図書。サポートも充実しています!

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)


問 4 暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーにハートフォード式連結法により返り管を取り付ける目的は、次のうちどれか。
 

( 1 )蒸気圧力の異常な昇圧を防止する。
( 2 )熱伝達率を向上させる。
( 3 )不純物のボイラーへの混入を防止する。
( 4 )低水位事故を防止する。
( 5 )燃焼効率を向上させる。


★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 3 炉筒煙管ボイラーに関し、誤っているものは次のうちどれか。
 

( 1 )燃焼ガスが閉じられた炉筒後端で反転して前方に戻る「戻り燃焼方式」を採用し、燃焼効率を高めたものがある。
( 2 )戻り燃焼方式では、燃焼火炎が、炉筒前部から炉筒後部へ流れ、そして炉筒後部で反転して前方に戻る一連の流れを1パスと数える。
( 3 )ウェットバック式は、後部煙室が胴の内部に設けられ、その周囲が水で囲まれている構造である。
( 4 )エコノマイザや空気予熱器を設け、ボイラー効率が90 % に及ぶものがある。
( 5 )全ての組立てを製造工場で行い、完成状態で運搬できるパッケージ形式にしたものが多い。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 3 丸ボイラーと比較した水管ボイラーの特徴として、誤っているものは次のうちどれか。
 

( 1 )構造上、低圧小容量用から高圧大容量用まで適している。
( 2 )伝熱面積を大きくとれるので、一般に熱効率を高くできる。
( 3 )伝熱面積当たりの保有水量が大きいので、起動から所要蒸気発生までの時間が長い。
( 4 )使用蒸気量の変動による圧力変動及び水位変動が大きい。
( 5 )給水及びボイラー水の処理に注意を要し、高圧ボイラーでは厳密な水管理を行う必要がある。

★「初挑戦者」にお勧め! 短期に楽々合格!⇒ 二級ボイラー「合格セット」

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ


続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

問 2 重油を燃料とするボイラーにおいて、蒸発量が毎時1 t、ボイラー効率が90 %であるとき、低発熱量が41 MJ/kgの重油の消費量の値に最も近いものは、次のうちどれか。
ただし、発生蒸気の比エンタルピは2 , 780kJ/kg、給水の温度は24℃とする。

(1) 73 kg/h
(2) 78 kg/h
(3) 726 kg/h
(4) 1,221 kg/h
(5) 1,312 kg/h

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ



 続きを読む

一級ボイラー技士公表試験問題 (H29年4月)

財)安全衛生技術試験協会はH29年4月3日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成28年7月から12月までに実施されたものです)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで、順次、ご紹介していきます。
なお、誤植等にお気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

一級ボイラー技士試験 A
〔ポイラーの構造に関する知識〕


問1 水管ボイラーの水循環に関し、誤っているものは次のうちどれか。

( 1 )水管と蒸気の間の熱伝達率は、水管と沸騰水の間の熱伝達率よりはるかに小さいので、運転中、水管内に発生蒸気が停滞すると、管壁温度が著しく高くなる。
( 2 )自然循環式ボイラーの場合、循環力を大きくするには下降管を加熱せず、また、蒸気ドラムと水ドラムの高さの差を大きくする。
( 3 )自然循環式ボイラーでは、熱負荷を増すと上昇管内の気水混合物の平均密度が増加し、循環力が低下するため、上昇管出口の管壁温度が上昇する。
( 4 )自然循環式ボイラーでは、上昇管を上昇した蒸気は、蒸気ドラムで水分が分離された後に外部に供給され、その分の給水が蒸気ドラムに供給される。
( 5 )自然循環式ボイラーでは、ボイラーの運転圧力が低いほど蒸気の比体積が大きくなるため、循環比を大きくとる必要がある。

良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
続きを読む

一級ボイラー技士試験の一発合格を目指すには、「最新過去問の完全攻略」が不可欠です。

この「合否判定テスト」では、「合格基準」「制限時間」をハイレベルに設定しています♪
この厳しい合格基準をクリアーするまで、毎日でもトライして頂きたいです。
目標達成に一段と近づくことでしょう。 

※この「合否判定テスト」は、 Internet Explorer であれば、きちんと作動するようです。
(お気づきの点は、「コメント 」にてお知らせ下さい。又、利用のご感想なども)

1級ボイラー試験「合否判定テスト」 
                                               CLICK HERE!



良かったら、クリックをお願いします ⇒ にほんブログ村 資格ブログ 工業・技術系資格へ

↑このページのトップヘ