ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2009年05月

安全衛生技術試験協会が2009年4月1日付けで更新した、最新の公表試験問題です。(平成20.7〜12月に実施分)
本ブログでは、この問題を解答付きで順次紹介しています。

(燃料及び燃焼に関する知識)


問27 重油中に含まれる水分及びスラッジによる障害として、次のうち誤っているものはどれか。

 

(1)水分が多いと、熱損失を招く。

(2)水分が多いと、いきづき燃焼を起こす。

(3)水分が多いと、油管内に低温腐食を起こす。

(4)スラッジにより、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉そくさせる。

(5)スラッジにより、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。

▼応援お願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格

続きを読む

安全衛生技術試験協会が2009年4月1日付けで更新した、最新の公表試験問題です。(平成20.7〜12月に実施分)
本ブログでは、この問題を解答付きで順次紹介しています。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問26 大気汚染物質の性状に関し、次のうち誤っているものはどれか。

 (1)ボイラーの煙突から排出される硫黄酸化物(SOX)は、SO2が主で、SO3は数%である。

(2)燃料を燃焼室で燃焼した場合の窒素酸化物(NOX)は、主としてNOが発生し、煙突から排出されて大気中に拡散する間に、NO2になるものがある。

(3)サーマルNOXは、燃焼に使用された空気中の窒素が高温条件下で酸素と反応して生成する。

(4)フューエルNOXは、燃料中の窒素化合物から酸化して生ずる。

(5)ダストは、燃料の燃焼により分解した炭素が遊離炭素として残存したものである。

 

 ▼応援お願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格

続きを読む

4月に「2級ボイラー試験 合格セット」を購入させていただきました。
本日、5月19日に実施いたしましたボイラー技士試験の結果が公表されました。結果ですが・・・合格致しました!
この合格には、多くの方のご協力、応援があったのですが、やはり決め手は「合格セット」でした。
試験勉強の取り組み方に迷っていた私にとって、こちらの教材は正に渡りに船でした。

他の方のご意見にもありましたように、
1問1問を教本で調べながら勉強して、
試験日までに、重要問題集を6回くらい、実戦問題集と過去問題を2回くらいやりました。
おかげさまで、試験日の前にWEBで公開問題を解いてみましたところ、およそ9割以上は正解でしたので意気揚揚と試験に臨むことが出来ました。

ただ、やはりそこは実戦。
なかなか解けない問題もいくつかございまして、試験終了時には、解けなかった問題が2問程、怪しい問題が6問くらいありました。
それでも、7〜8割は出来たと言い聞かせ、本日の合格発表を待ちました。
その7〜8割が、この問題集で網羅されていた問題でしたので、この教材の凄さが実感できました。
およそ一ヶ月間の受験準備でしたが、効率よく、またボイラーの知識もかなり吸収でき、大感謝の一言でございます! ありがとうございました!

5月19日に受験した二級ボイラーの試験の発表が、あり無事、合格しました。
二級ボイラー技士試験、今回初めての受験でしたが、「合格セット」だけを使って勉強しました。
教本を参考にした以外、他の教材は全く使わなかったです。
なので、この教材がなければ、当然合格することなど出来なかったです。
知識ゼロだった私にとって、この教材がすべてだったと思います。
そして、ボイラー技士資格の取得は念願だったので、合格できて本当に感激でした。
価格もリーズナブルですし、他の方にもおすすめ出来る教材だと思います。

HPへの投稿内容
4月28日,二級ボイラー技士合格セット購入。
その後2週間(1日5〜6時間平均)の勉強期間を経て、一発合格できました。(受験地域:中部)
燃焼がわからない問題続出であせりました。
(練習はしたが自分のど忘れ、というのもありましたし、まったくなじみがなくお手上げな問題もありました)
とはいえ、法令は、ほぼ全問「合格セット」の範囲内で出題されていたと思いますし、もしかして自分にとってはラッキーな(?)試験内容だったかもしれません。(MA)

▼応援お願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格

 

近畿安全衛生技術センターにて1月16日に受験を致しました結果、無事合格することが出来ました。
実質、働きながらの4日間しか勉強できませんでしたが、分けて頂いた問題集のみを集中して解いたせいか、試験も1時間で退出でき、とても助かりました。

1.問題集の利用について
・1/11〜1/15 までの正味4日間の勉強期間でした。
・1/16 試験当日(電車の中で公表問題に目を通す)
○総括しますと、重要問題は約2回半、実戦問題は2回通して学習したことになります。
学習の最後の方は、解答を導き出すのもスムースになり、試験問題が記憶に定着するのが、実感できました。ちょっとギリギリでしたが・・・
○重要問題および実戦問題を初回に実践したときには、正解率は1割にも満たず、どうなってしまうのかと思いました。
そこで焦らず、解らなかった問題は、教本を丁寧に読みながら理解することを心がけました。(実際この時が、一番しんどかったです。)
反復学習をすることによって、問題と解答を記憶に定着させるのと、苦手問題を発見し、それを集中して繰り返すことによって、最終的には9割の正解率をもって試験に挑みました。

2.今後のアドバイス
1.解らない問題は、必ず教本を読み理解する。
(できれば集中力の発揮できる状態時に)
2.問題集の前後に、同類および類似問題が並んでいても手を抜かない。
3.繰返し問題を実践することにより、本番でストレートに解答を導き出せなくても消去法で、解答が浮かび上がる。
4.本番では「6割出来れば合格」と思う。
(完璧を目指さない???)
5.「実戦問題240」・「重要問題240」は9割出来きるように! 
 

3.皆さんもおっしゃる通り、
「実戦問題240」・「重要問題240」の9割をこなせるようになれば、必ず合格する と思います。
市販の問題集等も立ち読みしましたが、問題数の絶対量が違いますので・・・(HP「合格体験記」2008/01/31)

▼応援お願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格


↑このページのトップヘ