ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2009年06月

4月21日の試験結果が出て、幸いにも合格することが出来ました。
重要問題と実戦問題を2回、過去問題を1回やりました。
この「重要問題240」、「実戦問題240
」、後は過去問題を繰り返しやれば必ず合格できると思います。
気になる問題も解説が付いているので理解するのに便利です。
4月21日の出題類似問題をご参考までにご紹介します。(ryuji)

問12 ボイラーのスートブローに関し、次のうち誤っているものはどれか。H204月公表)

 

(1)スートブローの回数は、燃料の種類、負荷の程度、スートブロワの位置、蒸気温度などの条件によって異なる。

(2)スートブローは、最大負荷よりやや低いところで行う。

(3)スートブローは、燃焼量の低い状態で行う。

(4)スートブローは、スートブロワからドレンを十分に抜いて行う。

(5)スートブローを行ったときは、煙道ガスの温度、通風損失を測定して効果を調べる。


続きを読む

4月21日の試験結果が出て、幸いにも合格することが出来ました。
重要問題と実戦問題を2回、過去問題を1回やりました。
この「重要問題240」、「実戦問題240
」、後は過去問題を繰り返しやれば必ず合格できると思います。
気になる問題も解説が付いているので理解するのに便利です。
4月21日の出題類似問題をご参考までにご紹介します。(ryuji)

問12 ボイラーのたき始めに急激な燃焼を行ってはならない理由として、次のうち正しいものはどれか。H194月公表)

 

(1)ボイラー水の循環が悪くなる。

(2)ボイラー効率を低下させる。

(3)水面計又は圧力計が破損する。

(4)ボイラー本体の不同膨張を起こし、れんが積みの目地割れなどが生ずる。

(5)ボイラー水が異常に減少する。


続きを読む

4月21日の試験結果が出て、幸いにも合格することが出来ました。
重要問題と実戦問題を2回、過去問題を1回やりました。
この「重要問題240」、「実戦問題240
」、後は過去問題を繰り返しやれば必ず合格できると思います。
気になる問題も解説が付いているので理解するのに便利です。
4月21日の出題類似問題をご参考までにご紹介します。(ryuji)

問8 ボイラーの給水系統装置に関し、次のうち誤っているものはどれか。H204月公表)

(1)ディフューザポンプは、羽根車の外周に案内羽根がないので高圧が得にくく、低圧のボイラーに使用される。
(2)ボイラー又はエコノマイザの入口には、給水弁と給水逆止め弁を備える。
(3)給水弁にはアングル弁又は玉形弁が用いられ、給水逆止め弁にはスイング式又はリフト式が用いられる。
(4)給水弁と給水逆止め弁をボイラーに取り付ける場合には、給水弁をボイラーに近い側に取り付ける。
(5)給水内管は、一般に長い鋼管に設けられた小さな多数の穴から、給水をボイラーの胴又はドラム内の広い範囲に分布させるもので、安全低水面よりやや下方に取り付ける。

☆三つのブログランキングに参加しています☆
応援クリックをお願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格

続きを読む

4月21日の試験結果が出て、幸いにも合格することが出来ました。
重要問題と実戦問題を2回、過去問題を1回やりました。
この「重要問題240」、「実戦問題240
」、後は過去問題を繰り返しやれば必ず合格できると思います。
気になる問題も解説が付いているので理解するのに便利です。
4月21日の出題類似問題をご参考までにご紹介します。(ryuji)

問7 炉筒煙管ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。H204月公表)

 

(1)コンパクトな形状で、据付けにれんが積みを必要としないので、パッケージ形式としたものが多い。

(2)伝熱面積当たりの保有水量が少ないので負荷変動によって圧力及び水位が変動しやすい。

(3)他の丸ボイラーと比べて、一般に内部の清掃が困難なので、良質の給水を必要とする。

(4)戻り燃焼方式を採用して燃焼効率を高めたものがある。

(5)煙管ボイラーに比べて効率がよく、85〜90%に及ぶものがある。

☆三つのブログランキングに参加しています☆
応援クリックをお願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格

続きを読む

4月21日の試験結果が出て、幸いにも合格することが出来ました。
重要問題と実戦問題を2回、過去問題を1回やりました。
この「重要問題240」、「実戦問題240
」、後は過去問題を繰り返しやれば必ず合格できると思います。
気になる問題も解説が付いているので理解するのに便利です。
4月21日の出題類似問題をご参考までにご紹介します。(ryuji)

問6 鏡板及び管板に関し、次のうち誤っているものはどれか。H204月公表)

 

(1)同一材料、同一寸法の場合、半だ円体形鏡板は、皿形鏡板より強度が大きい。

(2)皿形鏡板は、球面殻部、環状殻部及び円筒殻部からなっている。

(3)皿形鏡板の球面殻部は、すみの丸みをなす部分である。

(4)平鏡板には、内部の蒸気圧力によって曲げ応力が生ずる。

(5)管板には、管のころ広げに要する厚さを確保するため、一般に平管板が用いられる。


☆三つのブログランキングに参加しています☆
応援クリックをお願いします!▼
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ    人気ブログランキングへ   資格
 


続きを読む

↑このページのトップヘ