ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2010年08月

公表試験問題(H20.04)

二級ボイラー試験の一発合格を目指す上で、過去問の研究は必須です。
問題の研究は、単に正解、不正解で終わるのでなく、
教本(又は参考書)で、各選択肢ごとに正解、不正解を調べることが大切です。

( 関係法令)


問35 休止報告をしているボイラーを再び使用しようとするとき、所轄労働基準監督署長に対して行わなければならない手続きとして、法令上、正しいものは次のうちどれか。

(1)使用を始める旨の報告
(2)変更検査の申請
(3)使用再開検査の申請
(4)使用検査の申請
(5)性能検査の申請


▼応援クリック、有難うございます!▼
 資格   人気ブログランキングへ




続きを読む

公表試験問題(H20.04)

二級ボイラー試験の一発合格を目指す上で、過去問の研究は必須です。
問題の研究は、単に正解、不正解で終わるのでなく、
教本(又は参考書)で、各選択肢ごとに正解、不正解を調べることが大切です。

( 関係法令)


問34 ボイラー技士免許を受けた者でなければ取り扱うことができないボイラーは、法令上、次のうちどれか。


(1)伝熱面積が16m2
の温水ボイラー

(2)胴の内径が720mm、その長さが1200mmの蒸気ボイラー

(3)伝熱面積が25m2 の気水分離器を有しない貫流ボイラー

(4)伝熱面積が2.5m2 の蒸気ボイラー

(5)最大電力設備容量60kWの電気ボイラー


▼応援クリック、有難うございます!▼
 資格   人気ブログランキングへ



続きを読む

合格しました!

8月29日に行われた山梨の出張試験で合格することが出来ました。

準備期間が1ヶ月半ほどしかなく、テキストを流し読みした後、合格パックの「実戦問題240」、「重要問題240」を各3回、過去問を2回解いたところで、試験日となってしまいました。
ほとんどが問題集で目にした問題だったので、たぶん8割〜9割は正解だったと思います。

資格試験で合格するための最大のポイントは、質の高いよい教材を入手することだと思います。

その点、この「実戦問題240」、「重要問題240」はお世辞抜きで本当にすばらしい教材でした。
(09/10/01  tougen)


▼応援クリック、有難うございます!▼
 資格   人気ブログランキングへ


公表試験問題(H20.04)

二級ボイラー試験の一発合格を目指す上で、過去問の研究は必須です。
問題の研究は、単に正解、不正解で終わるのでなく、
教本(又は参考書)で、各選択肢ごとに正解、不正解を調べることが大切です。

( 関係法令)

問33
ボイラーの定期自主検査における項目と点検事項との組合せとして、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

      
項目]                           [点検事項]
(1)ストレーナ
              つまり又は損傷の有無
(2)水処理装置             
機能の異常の有無
(3)燃料しゃ断装置       
機能の異常の有無
(4)煙道                       
損傷の有無及び保温の状態
(5)給水装置                 損傷の有無及び作動の状態


▼応援クリック、有難うございます!▼
 資格   人気ブログランキングへ



 

続きを読む

公表試験問題(H20.04)

二級ボイラー試験の一発合格を目指す上で、過去問の研究は必須です。
問題の研究は、単に正解、不正解で終わるのでなく、
教本(又は参考書)で、各選択肢ごとに正解、不正解を調べることが大切です。

( 関係法令)

問32 次の文中の内に入れるA及びBの用語の組合せとして、法令上、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「事業者は、A 並びにボイラー取扱作業主任者の B 及び氏名をボイラー室その他のボイラー設置場所の見やすい箇所に掲示しなければならない。」

          A                      B
(1)最高使用圧力         資  格
(2)最高使用圧力         所  属
(3)ボイラー検査証       資  格
(4)ボイラー検査証       所  属
(5)最大蒸発量            所  属


▼応援クリック、有難うございます!▼
 資格   人気ブログランキングへ

続きを読む

↑このページのトップヘ