ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2010年12月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H22年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH22年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問30 燃料の燃焼により発生する窒素酸化物(NOx)の抑制方法として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)炉内燃焼ガス中の酸素濃度を高くする。
(2)燃焼温度を低くし、特に局所的高温域が生じないようにする。
(3)高温燃焼域における燃焼ガスの滞留時間を短くする。
(4)排ガスの一部を再循環して、燃焼用空気に使用する。
(5)二段燃焼方法によって燃焼させる。

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H22年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH22年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問29 ボイラーの人工通風について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)押込通風は、燃焼用空気をファンを用いて大気圧より高い圧力で炉内に押し込むものである。
(2)押込通風は、空気流と燃料噴霧流との混合が有効に利用できるため、燃焼効率が高まる。
(3)誘引通風は、燃焼ガスを煙道又は煙突入口に設けたファンによって誘引し、煙突に放出するものである。
(4)平衡通風は、押込ファンと誘引ファンとを併用し、炉内圧を大気圧よりわずかに低く調節する。
(5)平衡通風は、燃焼ガスの外部への漏れがなく、押込通風より小さな動力で足りる。


続きを読む

効果的の問題集です!!

12月14日千葉県市原市の関東安全技術センターにて試験を行っていきました。
おかげさまで本日、合格通知が届きました。
インターネットでは発表になっていましたが、通知を見るまで安心できなく、 いま合格をつまみに祝杯をあげています。

私は40代で本試験に挑みました。
実際のところもの覚えはけして良いほうではなく、まして、若かりしころと違い覚える時間もかなりかかるようになったと思います。

1.勉強方法
この「合格セット」にて「実践問題240」を実施、間違えたところを「解答と解説」で理解し、間違えたところだけ問題を解く。
これを3回繰り返し「重要問題240」にチャレンジしました。
こちらも同じ要領で勉強しました。
実際にこの「合格セット」で90%以上解けるようになって、試験に挑みました。

私が勉強に費やした時間は、1日2時間程度、10日間位で試験に挑みました。
管理人様、40代でも合格出来るこのセットに感謝です!!

2.二級ボイラー技士を受験される皆さんへ
書店の参考書、問題集より効果的の問題集です!!


レーニア山( Mount Rainier)

アメリカ西海岸の北部ワシントン州にあり、カスケード山脈の最高峰である成層火山。
高さは4,392 m。

今年の9月にタコマ市から訪問。「タコマ富士」と呼ばれているらしい。

Mount_Rainier_from_west

二級ボイラー技士公表試験問題 (H22年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH22年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問28
ボイラーの燃料の燃焼における一次空気及び二次空気について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)油・ガスだき燃焼における一次空気は、噴射された燃料近傍に供給され、初期燃焼を安定させる。
(2)油・ガスだき燃焼における二次空気は、旋回又は軸流によって燃料と空気の混合を良好に保ち、低空気比で燃焼を完結させる。
(3)火格子燃焼における一次空気は、上向き通風では火格子から燃料層を通して送入される。
(4)火格子燃焼における二次空気は、上向き通風では燃料層上の可燃ガスの火炎中に送入される。
(5)火格子燃焼における一次空気と二次空気の割合は、二次空気が大部分を占める。


続きを読む

↑このページのトップヘ