ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2011年12月

二級ボイラー技士公表試験問題 (H23年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH23年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成23年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。

(燃料及び燃焼に関する知識)

問24 重油燃焼の火炎に火花が生じる原因として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)通風の不足
(2)バーナの調節不良
(3)燃料油の温度の不適正
(4)燃料油の圧力の不適正
(5)噴霧媒体の圧力の不適正

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H23年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH23年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成23年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。

(燃料及び燃焼に関する知識)
問23 重油中に含まれる水分及びスラッジによる障害として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)水分が多いと、熱損失を起こす。
(2)水分が多いと、いきづき燃焼を起こす。
(3)水分が多いと、油管内に低温腐食を起こす。
(4)スラッジにより、弁、ろ過器、バーナチップなどを閉そくさせる。
(5)スラッジにより、ポンプ、流量計、バーナチップなどを摩耗させる。


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H23年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH23年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成23年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。

(燃料及び燃焼に関する知識)
問22 重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
(2)重油の粘度は、温度が高くなると低くなる。
(3)重油の密度は、温度が上昇すると減少する。
(4)密度の大きい重油は、密度の小さい重油より単位質量当たりの発熱量が大きい。
(5)流動点の高い重油は、重油の予熱や配管などの加熱・保温を行い、流動点以上の温度にして取り扱う。


続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H23年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH23年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成23年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。

(燃料及び燃焼に関する知識)
問21 次の文中の内に入れるA及びBの語句の組合せとして、正しいものは(1)〜(5)のうちどれか。
「液体燃料を加熱すると( A ) が発生し、これに小火炎を近づけると瞬間的に光を放って燃え始める。この光を放って燃える最低の温度を( B ) という。」
   A
(1)酸素 引火点
(2)水素 着火温度
(3)蒸気 引火点
(4)蒸気 着火温度
(5)酸素 着火温度

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H23年10月)

財)安全衛生技術試験協会はH23年年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成23年1月から6月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。

(ボイラーの取扱いに関する知識)
問20 ボイラーのばね安全弁から蒸気漏れがある場合の措置として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)弁体と弁座のすり合わせをする。
(2)試験用レバーがある場合は、レバーを動かして弁の当たりを変えてみる。
(3)ばねの調整ボルトを締めつけてみる。
(4)弁体と弁座の間にごみなどが付着していないか調べる。
(5)弁体と弁座との中心が合っているか調べる。

続きを読む

↑このページのトップヘ