ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2013年03月

二級ボイラー「取扱い問題」の研究

取扱い問題の研究です。
解答、解説を見る前に、教本などで調べて解答して下さい。

問20 燃料油用遮断弁(電磁弁)の故障の原因として直接関係のないものは、次のうちどれか。

(1)電磁コイルの絶縁低下
(2)弁の作動が円滑に行われないことによるコイルの焼損
(3)燃料や配管中の異物のかみ込み
(4)ばねの折損や張力低下
(5)バイメタルの損傷

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

二級ボイラー「取扱い問題」の研究

取扱い問題の研究です。
解答、解説を見る前に、教本などで調べて解答して下さい。

問19 ディフューザポンプの取扱いについて、誤っているものは次のうちどれか。

(1)運転に先立って、ポンプ内及びポンプ前後の配管内の空気を十分に抜くこと。
(2)グランドパッキンシール式の軸については、運転中少量の水が連続して滴下する程度にパッキンを締めておき、かつ、締め代が残っていることを確認すること。
(3)起動時は、吸込み弁を全開してから電動機を起動し、ポンプの回転と水圧が正常になったら
吐出し弁を徐々に開き全開にすること。
(4)稼働中は、ポンプの吐出し圧力及び流量が適正であり、そのポンプの状態に対応する負荷電流値が適正であることを確認すること。
(5)運転停止時には、電動機の運転を止めた後、吐出し弁を徐々に閉め全閉にすること。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

二級ボイラー「取扱い問題」の研究

取扱い問題の研究です。
解答、解説を見る前に、教本などで調べて解答して下さい。

問18 ボイラー水の間欠吹出しに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)1日に1回は吹出しを行い、吹出し装置の機能を維持する。
(2)吹出し弁を操作する担当者が水面計の水位を直接見ることができない場合には、水面計の監視者と共同して吹出しを行う。
(3)吹出しは、ボイラーを運転する前、運転を停止したとき又は燃焼が軽く負荷が低いときに行う。
(4)直列に2個の締切り装置があるときの吹出しは、漸開弁を先に開き、急開弁を後から開いて行う。
(5)吹出し量は、一般に給水又はボイラー水中の塩化物イオンの濃度、電気伝導率を測定し、その許容濃度と給水の性質から決定する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

二級ボイラー「取扱い問題」の研究

取扱い問題の研究です。
解答、解説を見る前に、教本などで調べて解答して下さい。

問17 安全弁の調整及び試験に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)安全弁は、最高使用圧力以下で作動するよう調整し試験を行う。
(2)吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げて調整ボルトを締めて吹出し圧力を上昇させる。
(3)過熱器用の安全弁は、ボイラー本体の安全弁より後に吹き出すよう調整する。
(4)エコノマイザの逃がし弁(安全弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力に調整する。
(5)安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75%以上の圧力で行う。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

二級ボイラー「取扱い問題」の研究

取扱い問題の研究です。
解答、解説を見る前に、教本などで調べて解答して下さい。

問16 水面測定装置の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)ボイラーをたき始めると、水面計の水位がボイラー水の膨張により上昇することを確認する。
(2)水面計の機能試験は、たき始めに圧力がない場合は圧力が上がり始めたときに行う。
(3)水面計が水柱管に取り付けられている場合は、水柱管の連絡管の途中にある止め弁を全開して、止め弁のハンドルを取り外しておく。
(4)水柱管の水側連絡管は、水柱管に向かって下がりこう配とする。
(5)水柱管下部のブロー管により毎日1回ブローを行い、水側連絡管のスラッジを排出する。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

↑このページのトップヘ