ボイラー試験合格-最新過去問.com


ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
「一級ボイラー」及び「二級ボイラー」の最新過去問を提供します。 勉強方法、問題集、合格体験記もご紹介します。
(by nanayo)

2013年06月

「とっておきの勉強方法」

二級ボイラー「合格セット」は、ほとんど使わなかったようですね。
やすしさんは、今後の勉強方法を次の3通りのいずれかと思案中とのこと。
 
1.「スペックの合格できるまで面倒を見ますの講習会」で、面倒を見てもらう。
2.向学院の二級ボイラー技士のテキストとカセットテープ」で学習する。
3.二級ボイラー「合格セット」を中心に学習する。

この度の反省点は次の通りと思います。
(拔時間不足
的を絞らず、中途半端に手を広げすぎた

やすしさん用の「とっておきの勉強方法」をお教えします。
 
1.「新・重要問題200」のみに集中して取り組んで下さい。
2.他の教材、問題集など一切使用しないこと。(折角購入し、もったいないですが)
 
3.「新・重要問題200」の勉強の仕方ですが、
  々崕で使った教本を見ながら、少しずつ取り組み、最後に解答・解説を読む。
  ∈埜紊泙任笋蟒えたら、今度は何も見ずもう一度やり、採点する。
  これを90%正解になるまで繰り返す。
  ・3〜4回以上は、やって下さい。
  ・問題を見ただけで、すぐ解答できるまでやって下さい。
 
4.ここまできましたら、「実戦問題200」をやって下さい。
  多分、この段階で60点の合格ラインに到達していることでしょう。
  間違った問題のみを教本で調べ、繰り返して取り組んで下さい。
  「実戦問題200」も最終的には90%正解になるように、繰り返して下さい。

5.ここまでくれば、公表問題やお手持ちの参考書、問題集などをやってもいいでしょう。(折角、ご購入したのですから)

ご検討をお祈りします。


▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

何の教材で勉強するか思案中です

2013年5月17日、千葉県の五井で試験を受けましたが残念ながら不合格でした。
勉強時間が少ないかもしれません。(やすし)
私には、二級ボイラー技士の学科テストはとても難しく感じます。

2013年5月17日の二級ボイラー技士の学科試験の結果です。
構 造・・・40点
取 扱・・・10点
燃料・燃焼・・・20点
法 令・・・40点
合計点数:110点
お恥ずかしい限りの成績です。
なかなか過去問とテキストを眺めても頭に入りません。40歳を超えると勉強は大変です。

管理人さんの問題集は下記過去問の年月の該当のみいたしました。
勉強期間は、約7日前後しましたが、集中できなかったかもしれません。

浮気して、「スペックの合格できるまで面倒を見ますの講習会」に5/6(1日間)参加しました。講師に言われた通り過去問を10回程度づつ行いました。

平成23年10月公表過去問題
平成21年4月公表過去問題
平成21年10月公表過去問題
平成20年4月公表過去問題
得点は、約7割近く点数を確保しましたが、全然スペックさんの講師の予想があたりません。

他のものも併用して勉強しようとも思案中です。
「向学院の二級ボイラー技士のテキストとカセットテープ」で学習した方がよいでしょうか。? 
すいません他書物のことで。
頭に入らいないのは読んで聞いて方がいいと聞いので。


▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

二級ボイラー技士公表試験問題 (H25年04月)

安全衛生技術試験協会がH25年年4月1日に公表した最新の試験問題を解答付で掲載しています。
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問25 ボイラーにおける液体燃料の供給装置について、誤っているものは次のうちどれか。

(1)燃料油タンクは、地下に設置する場合と地上に設置する場合とがある。
(2)燃料油タンクは、用途により貯蔵タンクとサービスタンクに分類される。
(3)サービスタンクの貯油量は、一般に最大燃焼量の24時間分以上とする。
(4)油ストレーナは、油中の土砂、鉄さび、ごみなどの固形物を除去するものである。
(5)油加熱器は、燃料油を加熱し、燃料油の噴霧に最適な粘度を得る装置である。

▼皆様へのお願い▼  1日1回のクリックを!
人気ブログランキングへ
▼こちらもお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

二級ボイラー技士公表試験問題 (H25年04月)

安全衛生技術試験協会がH25年年4月1日に公表した最新の試験問題を解答付で掲載しています。
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問24 ボイラーにおける石炭燃焼と比較した重油燃焼の特徴として、誤っているものは次のうちどれか。

(1)少ない過剰空気で、完全燃焼させることができる。
(2)ボイラーの負荷変動に対して、応答性が優れている。
(3)燃焼温度が低いため、ボイラーの局部過熱及び炉壁の損傷を起こしにくい。
(4)急着火、急停止の操作が容易である。
(5)すす、ダストの発生が少ない。

続きを読む

6月5日に「合格セット」を購入させて頂いた、こなんと申します。
教材のおかげで、6月12日に行われた2級ボイラー試験に合格することが出来ました。ありがとうございました。

勉強方法としては、
1)ボイラー協会の教本をザッと読み
2)過去問(公表問題)を最新のものから過去10回分、教本を見ずに各2回ずつやる(各回平均80点台)
 ※間違ったところは教本で確認

ここで「合格セット」を購入
3)「重要問題200」と「実戦問題200」を何も見ずにやる。
  3回やった結果、全科目とも90点以上はとれました。
4)試験前日は、過去問と「重要問題200」、「実戦問題200」の間違ったところをやり直し
5)試験当日は、最新のその前の2回分の過去問をやって試験に臨みました。

 試験会場では、「二級ボイラー最新情報」と、「法令科目のまとめ」を待ち時間に読むくらいで、頭を落ち着かせることに集中しました。

問題は、過去問と同じものが結構出ており、30分弱で解き終わりました。

初見だと思われる問題は、

「一次空気及び二次空気の穴埋め問題(油・ガスだき燃焼における)」
【問】
(   )は、噴射された燃料の周辺に供給され初期燃焼を安定させる。
(   )は、旋回または交差流によって燃料と空気の混合を良好に保ち、(   )で燃料を完結させる。
【選択枝】
1)一次空気 二次空気 低空気比
2)一次空気 二次空気 高空気比
3)二次空気 一次空気 低空気比
4)忘れました
5)忘れました

「溶接検査の穴埋め問題」
【問】
溶接によるボイラーは、(       )検査に合格した後でなければ(      )検査を受けることができない。
【選択枝】
1)溶接 構造
2)溶接 使用
3)性能 使用
4)構造 溶接(あまり記憶していません)
5)落成 溶接(あまり記憶していません)

溶接し終えてから検査するものと思い、2と答えたのですが、正解は1でしたね。その辺はノーマークでした。

初見の問題以外は迷うこともなく答えられ、落ち着いて試験を終えることが出来ました。
過去問だけのやっても合格できる方が居るのかもしれませんが、私は、科目ごとに50問ずつまとめられた管理人さんの教材が合っていました。
それは、不得意な内容についても、繰り返し解答する中で覚えられたからではないかと思っています。
繰り返しにはなりますが、良い教材を提供してくださり、ありがとうございました。
(2013/06/19 こなん)
 

↑このページのトップヘ